ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

1964年2月3日生まれの日本を代表するガチホモ漫画家

AA布団を敷こう、な!」の元ネタの原作者と言った方が分かり易いかもしれない。


1982年から画業を始め、2年後から現名義で活動する。

メイン画像の様にやら胸毛筋肉やらが濃密な度の高い、過激に強烈な性描写に多摩美大卒の優れた画力が惜しみなく振るわれるが、本質的には病的なまでのを根底に置いた優れたストーリー能力を売りとし、日本のみならず海外でも評価が高い。

画力、ストーリー能力、どちらも間違いなく高いのだが、その強烈な作家性から「山川純一は笑えても田亀源五郎は笑えない」ともっぱらの評判。

極めてハードなSM的描写が特徴であり、一言でいうとR-18G寄りの作風。

四肢切断人体改造去勢尊厳破壊とサディズム、マゾヒズムの描き方は舌を巻くレベル。


しかし、近年は一般誌である月刊アクションにて「弟の夫」を連載している。

性的描写を排しながらも独自のリリカル性を発揮したこの作品は2015年5月25日に単行本が発売され、同年6月19日には氏初の電子書籍化も成し遂げた。

前述のとおりハードな描写も多いので「弟の夫」「僕らの色彩」の様な作風を期待して過去作品に手を出す際は注意が必要。


自身もホモセクシャルであり日本のゲイ文化の研究などを精力的に行っている。

アメリカのゲイコミュニティからの誘いでゲイコミックアンソロジー『MASSIVE』の制作に深く関わり、なんと2015年アメリカのコミックのアカデミー賞とされるアイズナー賞ベスト・アンソロジー部門にノミネートされる。

受賞こそ逃すが受賞作はウィンザー・マッケイ(アメリカの伝説的アニメーター・漫画家)と、負けて悔いなしとのコメントを残す


時を経て2018年。上記「弟の夫」の翻訳作品がアイズナー賞最優秀アジア作品部門に選ばれた。さらに同年には「弟の夫」がNHKにてドラマ化されており……今後の躍進が期待されるところである。


順調な一般誌での仕事の一方、ゲイ向けR-18はゲイ向け雑誌そのものの市場縮小により発表の場が減っており、2019年初頭を持ってゲイ雑誌「バディ」が休刊することにより商業誌でのR-18ゲイ向け作品は一旦距離を置くとのことである。

今後ゲイ向け作品は同人誌で規模を縮小しつつ執筆する意向を表明している。


主な作品

一般向け

ゲイ向けR-18

関連タグ

タガメ ゲンゴロウ

本人?


オフィシャルサイト

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 700383

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました