2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

真の仲間(ざっぽん)

しんのなかま

ライトノベル小説『真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました』の略称。「小説家になろう」連載、著者はざっぽん。
目次[非表示]

ざっぽんによるライトノベル真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました』の公式略称。

作品の正式名称が全角30文字オーバーでpixivではタグとして使用できない制約が存在するため、作品登録用のpixivタグとしては略称を用いる必要性があるが、この略称には本作とは異なる別の意味で使われるケースがあるため曖昧さ回避を行う必要上、作者名を用いてこのような形になっている。

作品概要

2017年10月、オンライン小説投稿サイト『小説家になろう』にて連載開始。公式が呈した略称は『真の仲間』。作者はざっぽん氏。
後に角川スニーカー文庫から書籍化。2021年2月現在既刊8巻(本編7巻+外伝1巻)。イラストはやすも氏が担当。

月刊少年エース』で漫画版が連載中。ComicWalker及びニコニコ漫画にて、本連載からおおよそ1~2回程度の遅れ連載が行われている。2021年2月現在既刊5巻。池野雅博氏が作画を担当。

仲間に戦力外を理由に勇者パーティーを追放された勇者の兄が、辺境の地に移り住みそこでかつての仲間と一緒に第二の人生を謳歌するスローライフファンタジー。

なろうで多くなったと言われる追放系作品の1つ。

あらすじ

「君は真の仲間じゃない――」

勇者の加護を持つ少女と魔王が戦うその世界で、初期レベルだけが高い『導き手』の加護を持つ英雄・ギデオン・ラグナソンは、妹である勇者・ルーティ・ラグナソンの初期パーティーメンバーとして戦ってきた。しかし、魔王軍との戦いの中盤以降最前線での戦いについていけなくなってしまったギデオンは、以前から自身を疎ましく思っていた仲間の賢者・アレス・スロアに戦力外を言い渡され勇者のパーティーから追い出されてしまう。ギデオンはレッドと名を変え、辺境の地に移り住み薬草店を開業しようとしていたら、突如かつての仲間であるお姫様で冒険者の英雄・リットが訪れる。
追い出された英雄は第2の人生で報われる――。お姫様との幸せいっぱいな辺境スローライフ開幕!!

登場人物

真の仲間の登場人物一覧を参照。

用語

加護

この物語で最も重要な要素をもっている設定。唯一神デミスによってモンスターや魔物を含む、あらゆる種族に与えられる能力にして意志。
メリットは加護が与える有用な能力が使える事だが、デメリットは加護が求める行動に振り回される事。
加護に対抗しようとすると「加護の衝動」と言われる精神的かつ肉体的な苦痛を受ける。また加護を授かったからと言って、その加護が自身の種族や社会また自分自身の人生に貢献できるものとは限らない。そして「加護の衝動」の中には、ほかならぬ加護が求める役割に対してデメリットとなるような衝動も多く、その部分で矛盾が散見される場合がある。
また、加護は加護を持つ者との戦いによって「成長」する。すなわち加護とこれに付随するスキルを鍛えようと考えた時には、加護を持つ者と戦い相手を必ず殺す(経験値獲得)必要性があり(そのためデミス教では「モンスターや魔物は人間が加護を成長させるために神か与えて下さった存在」と教える。が、この考えが先鋭化すると「犯罪を誘発しやすい加護を持つ個人も、それを殺すために神が高い加護を持つ者に与えて下さった人間」となるため、この世界では殺人に対する人々の心理ハードルが比較的弱い傾向にある)また自分より強い加護を持つ者を殺せば、加護とそれに不随するスキルは一足飛びで成長しやすい。だが一番の問題は加護とスキルは自らの経験や努力では成長しない事である。つまり、この世界は(物質的かつ直接的な意味で)戦わなければ生き残れない世界なのである。
(もっとも、そういう世界であるため個人武装もかなり発展しており、ある意味で多々買わなければ生き残れない世界でもあったりする。一方、大量殺戮・大規模破壊系の武器は「武器が勝手に殺している」判定になりやすいため加護の成長には全く影響せず、あまり発展していないし使うことも「神の御心に反すること」として忌避されやすい)
また、加護は成長すれば成長するほど、伴う衝動も大きくなる。つまり加護を成長させればさせるほど、自身の意志は加護の衝動によって塗りつぶされる事となっていく。また強力なスキルを与える特別な加護ほど、加護の衝動は強くなる
本作の世界観では、加護をコントロールする事が人生をよりよいものにする方法である、とされる。レッド(ギデオン)は若き従騎士時代に自らの師匠から「加護は生き方を教えてはくれない」と教わり、自らも妹の事例からこれを納得しているが、まさにこの言葉こそは加護の抱える矛盾をよく現している。
(ただし、この世界で唯一も同然のメジャーな宗教であるデミス教は「神が与えて下さった加護を疑ってはいけない」「加護に従う事こそが、よりよい人生を送る唯一の方法である」として加護の求める生き方への盲従を最優先の命題として教えている)
人生と加護が一致する人物は幸運といえるが、人生と加護と一致しない者は人生の足を引っ張る加護(と、それに伴う衝動)を発動させずに人生を過ごす事が重要になる。
また、加護には「殺人鬼」や「盗賊」など犯罪を促しやすいモノもある。(アデミの「喧嘩屋」、ティセの「暗殺者」も、そのひとつ)しかし、そうした犯罪を促しやすい加護の持ち主でも、加護が求める生き方を上手に転用するなどして社会生活を送れている者もいる。
一方、加護によって盗賊になった者を処刑する際には、加護を優先する人生を送った「大英雄」として人々に称えられながら処刑される事例があった。この事例では嘆く被害者が多数いたにも関わらず、その被害者に対して「相手の加護の全うに貢献したのだから、盗まれたことも殺されたことも喜ぶべきだ」とする、その心情を逆撫でする心無い台詞を吐いた者も続出した。
このように本作の世界観・価値観では加護を優先する生き方をする者が称えられる傾向にあり、加護の衝動に逆らう主人公レッド達との生き方とは対象的とも言える。

固有スキル

特定の加護持ちだけが取得できるスキル。
加護優先主義者の多い王族・貴族などに称えられる傾向がある。

コモンスキル

加護のスキルと比べると弱いが、努力次第で誰でも取得できるスキル。
主人公レッドは色々なコモンスキルを取得する努力を行っていた。

マスタリースキル

コモンスキルや固有スキルのレベルをカンストさせると得られる、スキルの究極形態。この形態に至るまでスキルを鍛えると、スキルを本来の在り方とは異なる方向に「応用」させる事が可能となる。
レッドも当然、自らの持つコモンスキルの多くをマスタリースキルに昇華させている。
カンストさせると得られる、という特性上、マスタリーの存在を知らない人も、またその存在を懐疑的に見る人も多い。

ギルド

いわゆるギルドなのだが、加護によって人生や生活が支配されてしまい易い、この世界では単なる職能者の集まり以上に重要な役割を持つ機関となっている。その重要な役割とは個々が「加護と職能」あるいは「加護と社会との関わり(のバランス)」を上手に結びつけるための手助けをする事で、時に加護の衝動によって無軌道な行動を起こしやすい者に対して、そうはならないように規範や道筋を与える役割を持つ。
特に犯罪を誘発させやすい加護を持つ者には必須の互助団体であり、ティセが所属している「暗殺者ギルド」などは特にその向きが強い。
しかしギルドのそうした役割に反発して、加護の衝動に負けて無軌道な行動を起こす者もいたりする。

魔法

この物語では手印によって魔法を発動できる。手印を間違うと賢者であっても魔法を発動できない。その為魔法使いは両腕を失うと二度と魔法を使う事が出来ない。

唯一神デミス

この物語に存在する神。この世界を創り上げた創造神とされる。生まれてきた生物に様々な役割を果たさせる為に加護を与える存在。

アスラデーモン

この世界で唯一、加護を持たない種族。名前の通り阿修羅のごとき姿を持つ。神が休息をとっている間に「自然発生」したために、驚き怒った神によって暗黒大陸に追いやられた、とする。加護を持つ他の生き物と異なり、あらゆる体験経験によって自らを高く成長させる。

神・降魔の聖剣

初代勇者が所持していた、という合計6本存在する『勇者の加護』を強化する聖剣。

悪魔の加護/偽神薬

レッド(ギデオン)が薬屋を始めて間も無く、ゾルタンを席巻(汚染)した麻薬
当初は副作用の少ない新型の麻酔として世に広まったが、のちに、けた外れの依存性がある事が判明して禁止薬物となった。
レッドが(リットの薦めで)新しく開発した安全な麻酔薬を申請しようとした際には、この薬の存在のせいで警戒され申請を門前払いにされた。(のちにリットの冒険者としてのコネで申請を受け付けて貰えた)
しかし、実は「加護に作用して衝動を和らげる」効果がある事が判明。秘密裏に盗賊ギルドを通してゾルタン全体に行き渡るようになってしまう。
加護の衝動を和らげる反面、薬が切れれば衝動を原因とする苦痛が倍加するため、より強く薬を求めるようになる。
加護の衝動が和らぐカラクリは、この薬を服用する事によって「別の加護(偽の加護)」が体内に宿り、この加護が生来の加護のレベルを吸い取って成長し、生来の加護のレベルを下げるため。生来の加護のレベルを下げれば、従来の加護レベルよりも弱い敵と戦っても自身の加護レベルを上げる事が可能となる。
つまり、この薬は本来は効率的なセルフパワーレベリングをするための薬である。
この薬によってレベルが下がった本来の加護を、薬が効いている間に薬を服用する前の状態と同じレベルまで成長させ、同時に薬によって生じた「偽の加護」も同ペースで成長させる。そして薬が切れれば「偽の加護」は消失するが「偽の加護」のレベル数が「本来の加護」に戻り上乗せされる。しかしレベルが倍加する事になるために加護の衝動も段違いに跳ね上がり、それが「禁断症状」や衝動から逃れるための「依存症」として発現する、というカラクリになっている。
しかし薬によって生成される「偽の加護」とは(盗賊ギルドがバラ蒔いた分については)原料のひとつである「アックスデーモン」(両手がになっている低級悪魔)の加護であり、依存症によって服用を続けていくと精神がアックスデーモンに近しくなっていき、生来の加護のレベルが、成長した「偽の加護」のレベルを下回ってしまうと理性が吹き飛んで粗暴化。斧を手にする事で安心感と快楽を感じるようになり、最終的には手にした斧を使った殺戮行動に至る事となる。
ただ、のちに「アックスデーモン」に関しては後付けの材料であり、あえて付け加えた副作用である事が判明している(ルーティが飲んだ時に、アックスデーモン由来の部分だけが毒として無効化され、他の効果は彼女の体に受け入れられた)。実は、この薬は衝動を伴わない(というより生来の加護に逆らい抑えつけ、その為のスキルを与える事を衝動とする)「空白の加護」を生成させる薬でもあった。そして、この空白の加護は、成長すると「シン」と呼ばれる誰も知らない加護となる。

アニメ

2021年10月からTOKYOMXサンテレビKBS京都AT-Xに加えてBS日テレで放送されている。また、dアニメストアによる配信も実施。

元々は2021年7月から放送するつもりであったが、コロナ禍アニメ延期問題などにより延期となった。

スタッフ

原作ざっぽん
原作イラストやすも
監督星野真
シリーズ構成清水恵
キャラクターデザイン渡辺るりこ
アニメーション制作ウルフズベイン×スタジオフラッド


関連動画



関連タグ

小説家になろう
2021年秋アニメ
追放もの スローライフ 

外部リンク

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました - 小説家になろう
真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました - コミカライズ
アニメ公式サイト

関連記事

親記事

小説家になろう しょうせつかになろう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「真の仲間(ざっぽん)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2270211

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました