ピクシブ百科事典

真中姉妹

まなかしまい

『プリパラ』の主人公・真中らぁらとその妹・真中のんの姉妹を描いたイラストに付けられるタグ。
目次[非表示]

このタグを使用する場合は「変身前とプリパラで変身した後のらぁらを描いたイラストと混同しないよう注意。

髪型をお団子頭にしているのが変身前(変身後はツインテール)のらぁらで、小さめのサイドテールにしているのが妹ののんである。

よくある姉妹の性格?

勢いはいいがドジでおっちょこちょいな姉と、クールでしっかり者の妹。
この組み合わせは古今東西、あらゆる作品で見られてきているためプリティーリズムシリーズから続く”高性能妹”との系譜だと思われていた。
しかしのん自体の性格と、らぁらがプリパラのアイドルである関係ゆえ妹は姉に少々特殊な思いを持っている。

1〜8話の真中姉妹

賢くしっかりした性格


プリパラをよく知らないらぁらに、伝説のアイドルセインツのライブを解説するなど賢さを発揮。学校へ遅れそうな姉に注意をししっかりした性格を出していき、親切に戻ってきて時間を教えてあげたりとらぁらへの思いやりなどが感じられた。
そふぃのライブの感想をらぁらに楽しそうに話すことによって、らぁらがそふぃへの憧れを持つ切っ掛けにも。

4話では大神田グロリア校長が部屋を訪れた際、先にプリチケバックを隠すなどしてらぁらがプリパラへ行けなくなる事態を回避。ここからも姉への想いが伝わってくる。
しかも対価としてファンであるピンクアクトレスのサインを要求したりと、あくまで姉妹は対等な関係だと示した。

また夏休み初日に寝坊しそうならぁらの背中に乗って起こしてあげる、校長先生に見つからない様に身代わりになる等、随所でらぁらを気遣っているシーンが散見される。

8話ではダブルブッキングしてしまったプリパラとプールの予定、どっちも行くと決めたらぁらに「欲張り」と言うなど、姉とは違う考えを持ちつつも「プールを断るしかないんじゃないの?」と彼女なりのアドバイスを送った。
しかもプールにスクール水着を着ていくことを止めるように言うなど、姉の世間体の心配もしている。

9話〜26話の真中姉妹

姉のアイドル活動を応援!


12話では初めて大きなライブに出場するらぁらをなおとポンポンを持って応援。

17話のラストでは怖がっているらぁらがのんと同じベットで寝ているシーンがある。

20話では近くに出来たウェスト姉弟のお好み焼き店「にんじゃもんじゃ」と真中姉妹の実家「パパのパスタ」が勝負をすることになり、らぁらと一緒に看板娘として宣伝をすることに。
プリパラ内外で姿が同じウェスト姉弟に加え東堂シオンのカッコよさに連れていかれるお客、プリパラに行っていることが秘密で自分では引き留められない姉に「お姉ちゃん、プリパラにいないとアイドルオーラゼロだもんね」と辛辣な発言をそるも、それが南みれぃ北条そふぃに助けを求める切っ掛けへ。
また同話でらぁらと一緒にダブルかしこまっ!を見せてくれ、大勢の視聴者を歓喜に湧かせた。

さらに22話で学園祭でライブをすることを知ったのんは、ベッドで寝ているらぁらの背に乗りながら「まっ、お姉ちゃんのライブで我慢してあげる、頑張って!」と応援をしてあげ、会場内の誘導も担当。極めつけはライブ後に"お姉ちゃん"と叫んでいる辺り、どうやら本格的に応援をしてあげる気になったらしい。
もしかしたら、20話で商店街を賑わせる立役者になったらぁらを見直したのかもしれない。

運命の27話での真中姉妹

姉への想いを打ち明ける妹、大きな夢はらぁらへの愛!


新年早々風邪をひいてしまったらぁらの看病を健気にこなし、部屋で騒ぐ友人や校長先生に対して苦言を申すなど姉思いな行動を存分に出し、ライブで負けたらぁらをさり気なく励ます。

「ファルル様は、次はシード枠で出場だってことだし…」
「お姉ちゃん、もっともっと頑張らないと…」

26話でファルルのライブを見て以来、ファルル様と呼ぶほどの大ファンになったのん。らぁらは自分のチームを応援してほしいと言うが、実際には姉への想いは消えていなかった。
風邪をもらってしまい体調を崩したのんに、らぁらはファルルからサインを貰いのんに元気になってもらおうとする。その道中でユニコンに妹のことをバカにされ激怒、これでらぁらが持つのんへの想いもハッキリ分かった。

サインを貰い喜ぶのんを目の前に、らぁらは部屋に残り続ける。
のんからプリパラへ行かないのかと聞かれ、側にいると答えた時。
彼女から――本当の気持ちを打ち明けられる。

「ダメっ!ライブに行って!」
「頑張ってランクを上げないと、ファルル様に勝つことなんて出来ないよ!?」

しかし訳が分からないらぁらは”ファルルのファンじゃないのか”と逆に尋ねる。
そこでのんはらぁらへの想いとファンであるファルルについてこう述べた。

「ファンだけど…それとこれは別腹。カツ丼食べてもケーキは入るの!」
「私は…お姉ちゃんがプリパラの頂点で輝く姿を見たいんだ」

好きだからこそどちらも諦めない。ファルルは大好きなアイドルとして、らぁらは大好きな姉として応援する。

彼女の気持ちを受け取ったらぁらはニューイヤーライブへ出場。それを見たのんもまた姉の輝く姿を喜び、また胸の内で夢を語った。

「お姉ちゃんがいつか、プリパラの頂点に立って、そして…私がプリパラデビューしたら」
「そのお姉ちゃんに勝って、私が頂点に立つの!」
「それが夢! だからそれまで頑張ってね、お姉ちゃん」

らぁらがプリパラのトップに立ってほしい気持ち、アイドルとして越えたい存在になった姉。
大きな野望は彼女の二つの我儘の結果であり、当然行きつくところであると言えるだろう。

28〜38話の真中姉妹

大好きなファルル様と同じ、大好きなお姉ちゃん!


全力でファルルに挑むも負けてしまったらぁらにいつも通り接するのん。もちろんファルル様への賞賛も惜しまず、姉の心配も同時にやってのける妹。
27話以降、好きという気持ちを隠さない様になっていると感じる。

それからついに憧れのアイドルであるファルルと、プリパス越しではあるが話が出来る事に。今までに見せたことが無いほどの年相応のはしゃぎ様を見せ、ここで爆弾発言が。
ファルルの尊敬する所を並べていくのん、そして…

「お姉ちゃんと別腹で大好きです!」

つまり本命はらぁらと言う事になり、お姉ちゃんが大好きとも取れる発言である。


その後最後のステージバトルをすることになり、前夜にプリパスでお話をしていたのん。
会話をし終わった後、大きな声で

「あー!なんで優勝って一組だけなのかな!?」
「カツ丼選ぶかケーキを選ぶか! 一つに絞るなんて、そんなの無理だよー!」

やはりファルル様と同等にらぁらの事も大好きなようだ。

そしてライブ後にトモチケをパキッてしまったことで眠りについたファルル。
目覚めさせる為にプリズムボイスの力で起こそうと、らぁらは特訓を重ねる日々。
ある日の夜、らぁらの部屋にのんが訪ねてくる。

「ファルル様、とっても心配…」
「お姉ちゃん…珍しく頼りにしてるから、頑張ってね!」

大好きな姉に希望を託し、じっと待ち続ける妹。このやりとりでもらぁらへの信頼がひしひしと伝わってくるだろう。


ファルルカムバックライブではテレビに映るらぁらを応援する。
パラダイスコーデを光らせた際には「よくやったねお姉ちゃん、あとで褒めてあげるね!」とらぁらへのご褒美も用意し、最終的にはメイキングドラマにも登場。姉との共演を果たした。


39〜66話の真中姉妹

新しいアイドルに目を付けつつ、お姉ちゃんも応援!


39話の冒頭、家の手伝いに一生懸命で待ち合わせを忘れていたらぁらに時間を教えてあげるフォロー。
45話でアロマゲドンが正体を現すと、デビュー時にすでにファンになっていたようでここでも姉からサインを貰おうとお願いしていた(らぁらが二人から書いてもらったかは不明)。

53話のデビュー1周年回では、プリパラ禁止を夢の中の出来事と思ったらぁらに対しプリパスを使ってドッキリが本当と信じ込ませ、また頬を引っ張り現実だと教えてあげた。このサプライズパーティーのドッキリに協力したのも、姉の1周年を祝う気持ちからである。
らぁら母の祝辞の際に、二人の小学校入学以前の写真が披露された。砂場で遊んでいる真中姉妹の姿を確認出来るが、本当に幼い時から仲が良いようだ。

逆にのん自身の祝辞の時には、デビュー時にふわりのファンとなっていたようでらぁらへの言葉は無くふわりの好きになった部分を話していた。
ここでもらぁらにサインを貰ってくるようにお願いしていた(実際に書いてもらったかは不明)。

60話ではらぁらと一緒にプールへ。
栃乙女愛と錦鯉コーチが滝登りを達成し、彼女が努力と才能について考え外国行きを断ったとき、それを見ていたのんはらぁらに言葉をかける。

「お姉ちゃんも天才じゃないんだから、もっと努力して頑張ってね」

直接口に出すのは彼女にしては珍しく、言い回しの形になってはいるが心の中でいつも応援しているようだ。

62話の花火大会では二人とも浴衣を着て、花火をらぁらと仲良く見に来ているシーンが一瞬だけ映し出された(画面左)。
63話ではテレビに出演しているらぁらに、パパのパスタから花環が送られているのが確認出来る。


ファンの期待と妹の想いを背負った67話での真中姉妹

強くてカッコイイお姉ちゃんが好き!


66話で怪盗ジーニアス紫京院ひびき)の予告を受けたコズミックオムライス ダ/ヴィンチは、コーデ強奪を恐れてライブ中止を決める。らぁらも一存で決める事は出来ず、どこか腑に落ちない様子だったがそれに従った。
しかしその日、中止を知らないのんは部屋に飛び込んでくると

「明日のお披露目ライブ、私のクラス全員見るって」「妹に恥かかせない様に頑張るんだよ」

ととても嬉しそうに話す。クラスメイトには自慢の姉として伝わっているのだろう。

ここでようやくらぁらから、コーデが盗まれるのを防ぐためにライブを取り止めにしたと聞いたのん。その後震える声で一度「お姉ちゃん」と呼ぶが、よく見ると瞳が潤んでいるのが分かる。
そして……

「お姉ちゃんの弱虫!」

とベッドに寝ているらぁらにダイブ。
馬乗りになると、眼を白黒させている姉に向かって想っていた気持ちを話す。それは、プリチケが届いていない純粋なファンからの目線であった。

「私も、私の友達もみんな、まだプリチケ来てないから、プリパラ行きたくても行けないんだよ?」「テレビでライブ見て、応援するのが楽しみなのにー!」

アイドルはライブをするもの。ファンはアイドルを応援するもの。
しかしアイドルがライブをしなければ、アイドルを待つファンは応援することすら出来ない。つまりアイドルがファンを蔑ろにしてると言ってもいいだろう。
怪盗ジーニアスに弱腰になったらぁらを「弱虫」と断じたのも、のんの真面目さ・アイドルへの憧れの強さ等の理由があったからだろう。

そこから続き、「アイドル」から「姉のらぁら」への言葉に変わる。

「二回連続グランプリって、お姉ちゃんにしては凄いって思ってたのに」
「ちょっとだけ褒めてあげていいかなって、思ってたのに!」

ここ最近のらぁらの頑張りをのんも評価していた。
49話でらぁらはウサチャに妹にカッコイイ所を見せようと頑張っていると語っていた。その努力は、キチンとのんに伝わっていたのだ。

27話で語った夢の内容。そして怪盗から退いたらぁらへの怒りと失望から、彼女の理想が強くてカッコイイアイドル、まさに「らぁら」であると分かるシーンである。

感情的になり声が震えている、瞳が潤んでいる、段々と力弱くなっていくことから泣く寸前だったのだろうか。

「怪盗に負けちゃうなんか最低!」「弱虫お姉ちゃんなんて、大っ嫌い!」

言い終えるとのんはすぐにらぁらから降りて部屋を飛び出していった。
それから妹の言葉と、友人である栄子などの期待もあり、らぁらはついにライブをすることを決断する。

その後はドリームシアターライブを両親と一緒に見る姿が確認出来る。結局コーデは盗まれてしまい取り返せなかったが、プリパスに通話が来て

「コーデは盗まれちゃったけど、頑張ったね!」「褒めてあげる!」

コーデが盗まれることを恐れずライブをした。
例え結果がどうであれ、意思の強さを示したのだ。
らぁらのそこが、のんの一番尊敬している部分なのかもしれない。


68話~89話の真中姉妹

らぁらの誕生日回である71話では物語冒頭から彼女の早食いを注意。
また回想で幼い時の姿が確認でき、幼い時から姉の誕生日を祝ってきていることが伺える。

スプドリ回である86話では、朝家を出発するらぁらにファルルと同じくらい応援していると激励をした。

ドリームパレード終了後の第89話では、らぁらの事を「なかなか輝いていたし、最高と言ってもいい」褒めた。この時点でののんの(建前上の)アイドルランクは、らぁらは(3番目に応援しているひびきを除く全員も含めて)ファルルの次に応援しているとの事である。

90話~100話の真中姉妹


90話の冒頭、家の手伝いに一生懸命で待ち合わせを忘れていたらぁらに、いつもの如く時間を教えてあげるフォロー。

91話では偶然拾った赤ん坊・ジュルルを拾った事で混乱したらぁらを注意→らぁらがママになったと大喜び。さらにジュルルの子育てもしっかりフォローして姉をサポート、さらにらぁらがジュルルの事がばれてアイドル人生が台無しになる事を危惧して、ジュルルの事は内密にする様らぁらに忠告する等大好きな姉を守ろうとする姿勢は相変わらずである。それ以降も、ジュルルの子育ての手伝いを積極的に行っている様である(第94話)。

92話では姉妹揃って登校している場面があり、93話でも遅刻しそうになったらぁらを起こしている場面がある。

94話では、テストで13点をとってしまったらぁらを(あざといやり方ながらも)庇う。ただしかのんの姿であったため、らぁらは妹が庇ったと認識出来なかった。

95話では、みれぃに預けたジュルルを心配しているらぁらに自分の事も心配する様にアドバイス。さらに「アイドルとお寿司は鮮度が命だよ。新鮮なピッチピチのアイドルが出て来たらあっという間に忘れられちゃうんだから気を付けてね」と新しいアイドルが多く登場している状況であるプリパラで生き抜く為のアドバイスもちゃっかり行う。

姉妹の新たな関係が確立された101話、103話での真中姉妹

大好きなお姉ちゃんは、最大のライバル!

101話でらぁらのチームに敗北したのんは、自らがトライアングルである事を明かし姉への再戦を誓った。この時らぁらからデュエットを組む事を提案されるが、ライバルであるためこれを断っている。のんにとってらぁらは、大好きな姉であると同時に最大のライバルでもあるのだ。

「まあ正直、初めてアイドルやってみて、お姉ちゃんは大変なんだなぁって。ちょっとだけ、ほんの少し凄いと思わないわけでも無いけど」

37話でメイキングドラマに登場したことから「直前でプリチケが届いた」と考える人や(実際は90話の序盤で届いた)、ドリームパレードの"5人"参加、そしてめが兄ぃの「意外な組み合わせかもしれません」との発言から、真中のんのプリパラデビューは前々から期待されていた。結果的にのんはプリパラデビューし、大好きな姉打倒のために新たな努力をするのである。

103話からOPがらぁらとのんのデュエット曲に(トライアングルののんとはいえ姉妹デュエットは事実上達成)。この回の真中家ではのんのデビューを祝うパーティが行われ、のんが「私よりお姉ちゃんが喜んでる」と嬉しそうな表情を見せた。また、らぁらの成績不振によりらぁらが母親と大神田校長にジュルルの没収とプリパラ活動の休止を言い渡された際、のんは「ライバルが自滅するなんてやだよ!」と言っている。いかにのんにとってらぁらが最愛のライバルであるかが伺える台詞である。

104話~121話の真中姉妹

104話では、らぁらが想像した222年前の世界に対し苦笑いで訂正していた。

113話では、らぁらに突如ライバル宣言したちりに対して不快感を露わにしている。自分以外に姉のライバルが存在することがどうしても許せないらしい。

みんな待ってた姉妹ライブ!122話の真中姉妹

大好きなお姉ちゃんと、一緒のステージで初のデュエットライブ!

122話では両親とともにみれぃに扮してらぁらにバースデイライブをおくる。さらに幼少期に仲良くライブごっこをしていたというエピソードも語られた。さらに本編中でらぁらは、自分の誕生日プレゼントとして幼少期に約束したデュエットライブを行うことを提案する。しかしノンシュガーを纏めることに手一杯だったのんはこれを拒否した。後にみれぃ達にらぁらの過去について聞き、らぁらの強い気持ちを知った。そして・・・。

「仕方ない、お姉ちゃんは敵だけど、今日だけは一緒にライブしてあげる!」

ついにのんは、らぁらのデュエットライブを決意した。

そしてライブ終了後、のんは・・・。

「私、お姉ちゃんに負けない、かしこまバカな上に、アホが付くくらい、ちりとペッパーに体当たりでぶつかって、神アイドルになってみせる!」

のんはらぁらの思いを認め。そして自身の大好きなお姉ちゃんの様になってみせると決意したのである。

122話~140話の真中姉妹

122話では、ホームシックになり、らぁらはどうしているか思っている描写があった。

127話の第4回神アイドルグランプリでは、ノンシュガーがソラミスマイルたちを抑えて優勝を果たした。初めてのんがらぁらに勝った瞬間である。らぁらもライバルながら姉としてのん達の優勝を祝福していた。

134話のグランプリ本選で、準決勝を掛けて正々堂々と姉妹対決。結果的にらぁらのチームが勝って、負けて涙を流すのんをらぁらが優しく語り掛けるシーンが確認できる。

136話では、神アイドルグランプリ決勝を控え、練習しないらぁらを心配する両親にのんは「お姉ちゃんたちはもうそういう次元じゃないの。今までやるだけのこと、精一杯やってきたもん。これ以上することは何もないってくらい完璧なの!」と、姉たちを信頼している台詞を発している。この言葉を聞いた母親も「らぁらの事一番分かってる」と、のんを評価している。

アイドルタイムプリパラでの真中姉妹

アイドルタイムプリパラでは、13話で初登場。プリパラチェンジ出来ていないらぁらを見たのんが、小さくてかわいいと後ろかららぁらに抱きついていた。なお、40話で元に戻ったらぁらを見た際は「やっぱりお姉ちゃんはこれだよね」と納得していた。

48話では、力尽きてパックに封印されたらぁらを心配し、ライブで復活させようとした。第50話でらぁらが復活した際は、唯一泣いて喜んでいた

劇場版での真中姉妹

『み〜んなでかがやけ!キラリン☆スターライブ!』では、終盤で水星のリゾートで、仲良く遊ぶ描写がある。

デュエット曲

曲名作詞作曲編曲補足
Brand New Dreamerfu_moufu_moufu_mouプリパラ3期第2、3クールOP。らぁらとトライアングルorじゅのんorぴのんorかのんによるデュエット
ま〜ぶるMake up a-ha-ha!三重野瞳山原一浩山原一浩本編中で初めてデュエットを行った曲


関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「真中姉妹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 301376

コメント