ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

山口県宇部市大字船木に本社を構え、宇部市西部と山陽小野田市美祢市の各全域をエリアとするバス事業者で、隣のサンデン交通が筆頭株主になっている。通称は船鉄(せんてつ)。
営業所は本社併設の船木営業所と、美祢営業所の2か所。

バス事業

山陽本線宇部駅小野田駅厚狭駅宇部・小野田線宇部新川駅美祢線美祢駅および、船木営業所を主なターミナルに持ち、宇部新川駅〜宇部駅、小野田駅〜船木営業所、小野田駅〜小野田港の各区間は路線数・本数が多い。
特に小野田線の支線の終点である長門本山駅は、鉄道が1日たった3往復のみの発着であるのに対し、船鉄バスは本山岬発着便が多数乗り入れて来る。
これら一般路線バスに加え、山陽小野田市や美祢市、宇部市楠地域のコミュニティバスの運行を受託している。
乗降方式は、一般路線バスがサンデン交通などと同じ中乗り・前降り、整理券方式であるのに対し、コミュニティバスは中国地方では数少ない前乗り・中降り方式であるという特徴がある(ドアが1か所のみの車両は当然前乗り・前降り)。
路線バス車両は、いすゞ自動車三菱ふそうトヨタ自動車がごく少数あるほかは日野自動車に統一され、現在は中型ノンステップバスを主体に、小型車(日野ポンチョ、リエッセ)やトヨタハイエースも配備されている。

このほかに貸切バス事業も運営しており、そちらでは日産ディーゼル車も見られる。過去には一般路線バス車両でも日産ディーゼル車の導入実績があった。

鉄道事業(廃止)

社名が示す通り、かつては鉄道事業も兼営しており、1911年に船木軽便鉄道として創業し、1916年に宇部駅と船木町駅との間で開業した軌間762mmの非電化軽便鉄道をルーツに持つ。この鉄道線は1923年に1067mmに改軌の上、万倉駅に延伸し、3年後には吉部駅まで延びた。この間、1919年に現在の船木鉄道へと改称している。
ところが、第二次世界大戦の影響で万倉〜吉部間が1944年に休止となり、さらに1961年、残る宇部〜万倉間も含めてバスに転換され、鉄道は廃止となった。

現在、廃線跡をなぞるバスは一応存在するものの、船木営業所を境に宇部駅方が一般路線バス、吉部方が宇部市楠コミュニティバスに分かれており、最低1回の乗り換えを必要とする。

関連

サンデン交通防長交通宇部市交通局中国JRバス···近隣のバス会社。

関連記事

親記事

バス会社 ばすがいしゃ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「船木鉄道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75

コメント