ピクシブ百科事典

美祢線

みねせん

厚狭駅から長門市駅に至るJR西日本の路線
目次[非表示]

概要

山陽本線山陽新幹線と接続する厚狭駅山口県山陽小野田市)と、山陰本線長門市駅(同長門市)までを結ぶJR西日本が運営する鉄道路線。

山口県を南北に貫く地域輸送路線であり、沿線には秋吉台秋芳洞への玄関口美祢市海上アルプスと呼ばれる青海島がある長門市などを抱えている。
かつては石灰石などの貨物輸送の需要が大きかったため、運賃設定は幹線に指定された。

路線概略

路線営業キロ46.0km
駅数12
複線・電化区間共になし
閉塞方式特殊自動閉塞式


運行概略

旅客列車

各駅停車が1~2時間に1本程度運行されている。
全列車が全区間を運行し、区間運行は特定日の昼に1本だけ運行される美祢発長門市行きだけ。

かつては線内を運行する急行列車として「あきよし」や「さんべ」が運行され、線内は美祢駅と長門湯本駅に停車していた。いずれも山陰本線益田方面から美祢線・山陽本線を経て九州に至る列車だったが、美祢線を経由する列車・編成は1985年(昭和60年)に廃止された。

急行列車の廃止後臨時快速列車が何度か運転されたことがある。

使用車両


貨物列車

2013年(平成25年)度まで運行。
美祢駅から宇部港駅まで石炭・石灰石運搬の専用貨物列車が昼夜を問わず多数運転されていたが、荷主である宇部興産が自前で道路を開通させ石灰石輸送をトラック輸送に移行させたのに伴い、宇部港駅行の石灰石列車は1998年(平成10年)に廃止。

近年まで運行していたのは重安駅と宇部線宇部岬駅との間で1日1往復太平洋セメント重安鉱業所で生産される塊石灰石をセントラル硝子宇部工場へ輸送するもの(2009年平成21年≫まで)、美祢駅と山陰本線岡見駅の間を山陽本線・山口線経由で結んだ岡見貨物と呼ばれた中国電力三隅発電所で発生するフライアッシュ宇部興産伊佐セメント工場で生産される炭酸カルシウムを相互に輸送する列車で、岡見貨物は2013年(平成25年)まで運行された。

重安発着列車は輸送に使用していたホキ9500の老朽化により2009年(平成21年)に廃止。岡見貨物は2013年(平成25年)7月水害による山口線の不通により、列車は運休。トラックによる代行輸送を実施し同年10月に発生した発電所のトラブルが原因で、そのまま廃止されてしまった。

大嶺支線

南大嶺駅から分岐し、大嶺駅までを結んでいた。大嶺炭鉱で生産される石炭輸送などを目的としていたが沿線の過疎化や炭鉱の閉山などによって輸送需要が減少。1997年(平成9年)に廃止された。
大嶺支線内では列車交換が出来なかった。

駅一覧

駅名乗り換え路線備考
厚狭
  1. 山陽本線
  2. 山陽新幹線
鴨ノ庄信号場
湯野峠
厚保
四郎ケ原
南大峰
美祢
重安
於福
渋木
長門湯本
板持
長門市
  1. 山陰本線
  2. 山陰本線仙崎支線


関連タグ

山口線 可部線 芸備線 三江線 木次線 福塩線 伯備線 津山線 因美線 智頭急行 播但線 加古川線 福知山線

pixivに投稿された作品 pixivで「美祢線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35

コメント