ピクシブ百科事典

防長交通

ぼうちょうこうつう

防長交通とは、山口県のバス運行会社。この項目では、後にここの関連会社になったものの、結局ここに吸収合併されてしまった鉄道会社・防石鉄道についても述べる。
目次[非表示]

概要

山口県東部(基本的に岩国市除く)・中部および萩市、阿武町、美祢市の大部分、長門市の一部、山口市阿知須、ついでに島根県津和野町のごく一部で路線バスを運行する。
また、萩(および山口県中部と東部の主要都市)と京都または東京を結ぶ夜行ハイウェイバス、山口(・防府)や徳山や柳井(・岩国)と広島を結ぶハイウェイバス、山口駅と山口宇部空港を結ぶリムジンバスの運行も行っている。
ちなみに防長とは、周門のことであるが、長門の半分に関しては(基本的には)別のバス会社の縄張りである。

歴史

1935年9月に防府自動車として設立された。その名の通り防府市をエリアとするバス会社であった。1937年12月に防長自動車と改名。
その後県東部のバス事業者を吸収合併していき、1951年に徳山市(現在の周南市の一部)に本社を移転、さらに1956年に現在の社名に改めている。
1968年に近鉄の関連会社となった。なお、2014年に、近鉄のバス部門が分社化した近鉄バスの関連会社に移行している。

防石鉄道について

1914年4月に石三軽便鉄道として設立されたが、半年後に「軽便」の文字を取っ払った。ところがその年の12月に工事を始めたのはよかったが資金難などでなかなか工事が進まず、1919年になって防府と奈美(後の上和字)と言う所の間が開業、翌1920年9月に堀(山口市徳地にそう言う名前の集落がある)まで開通した。なお、工事中の1916年5月に防石鉄道と名を改めている。
だが、そこから先の柚野村(現在の山口市徳地柚野地区)、さらには島根県南西部まで伸ばすつもりだったのだが、資金のあてがつかなかったためにあきらめざるをえなくなった。また、防府から中関港への路線を作る予定があったものの、こちらも資金がなかったためにあきらめている。
しかも、工事費用が膨らんだばっかりに借金まみれになってしまい、地元住民からは「堀と防府を結ぶ汽車はシャッキンシャッキン言いながら走りよる」とバカにされるだけならまだしも、競売にかけられる寸前まで逝ってしまったことがあった。
さらに、「国に身売りすっか」という意見も出てしまい、実際に国会で取り上げられてもらったものの、「山口線があるのにアホかお前らは」と、けんもほろろに断られてしまった。

1933年12月に八坂自動車というバス会社から一切の権利を譲ってもらいバス事業を行うことになった。
だが、相も変わらず鉄道の方は苦戦が続いたことから、「いっそのこと鉄道会社辞めて資材とか屑鉄にして売ッ払っちまおう」と考える様になり、当時の鉄道大臣に廃止申請を行ってしまう。だが、「そんなこと認められるかバカタレ!!」と怒られてしまい、引き続き鉄道運営をするハメになった。
 
第2次世界大戦前にもガソリンカーを導入したことがあったものの、燃料事情から、エンジンを外して客車として使用する様になった(ちなみに1956年頃まで使用)。
第2次世界大戦後に本格的に無煙化に取り組んだものの、ディーゼルカーは国鉄から払い下げてもらった買収気動車(私鉄を買収した際に国鉄に編入された気動車)でまかなわざるを得ず、新品で導入出来たディーゼル機関車もたったの1両、しかも貨車入れ替え用小型機関車に毛の生えた様なものでしかなかった。ゆえに開業の際に埼玉県の川越鉄道(現在の西武鉄道国分寺線および川越線の一部)から譲ってもらった蒸気機関車を予備機としてスタンバイさせるハメになってしまった。

結局1964年6月30日をもって鉄道線は全線廃止された。
そしてバス会社に転業した防石鉄道自身も1992年3月31日に防長交通に吸収合併されて姿を消した。

なお、鉄道線廃止の日まで残っていた蒸気機関車と小型客車2両(そのうちの1両は鉄道開業に合わせて作られた)は、2017年年末時点で防府駅そばに、屋根まで付けてもらったうえで保存されてはいる。

ネタ

  • 関連会社としては、貸切バス専業会社の防長観光バス、広島市・周南市・萩市でタクシー会社を運営する防長タクシーホールディングス、旅行代理店の防長トラベル、萩市でホテルを運営する萩観光ホテルが存在する。
    • ただ、防長観光バスがありながら、防長交通本体や防長タクシーホールディングスもまた貸切バスを運営している。防長タクシーホールディングスに関しては25人乗りの、いわゆる中型バスに特化しているのだが、問題はあとの2社。どちらも大型バスのみ取り扱っている。その結果、防長観光バスと防長交通は大口団体客の奪い合いをやらかす始末である。
    • また、防長タクシーホールディングスと名乗ってはいるが、近鉄の傘下になってからは、防長タクシーと名乗らず、近鉄タクシーと名乗っている。なお、同じ近鉄の子分である奈良交通も、傘下のタクシー会社は「近鉄タクシー」と名乗っている。


  • 防石鉄道のほか、1999年には山口市からバス事業(山口市交通局)を譲り受けたものの、塗り替える金とやる気が無かったのか、山口市時代の塗装のまま走らせていた。ちなみに防石鉄道に関しても路線バス車両は塗り替えていなかった(観光バスは防長交通と塗装ほぼ同じ・社名が違うだけでだったので社名を変えるだけで済んだ。お手軽)し、最近では近鉄バスから譲ってもらった路線バス車両に関しても、KとNのイニシャル(文字)を消して「BOCHO」の文字を加えた程度で済ませている。もっとも、同じ近鉄の関連会社でも、和歌山県明光バスはKとNのイニシャル(文字)は残したまま、石川県の北日本観光自動車という貸切バス会社は、社名書き換え・KINTETSUの文字の後ろに「GROUP」を加えただけという、ものすごい手抜きをやらかしている。いいのかそんなんで。

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「防長交通」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59

コメント