ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

運炭

うんたん

石炭を運ぶこと。かつては国内輸送が当たり前だったためメイン画像通り鉄道輸送が印象的だが、日本の場合原料としては現在殆どが船舶輸送になっている。

石炭を運ぶこと。


特に炭鉱からあるいは消費地まで鉄道道路等の交通機関を用いて石炭を輸送する一連の流れを指す。


日本においては特に北海道九州北部(筑豊地域)において運炭を主な使命とする鉄道路線が多く建設された。


世界的に石炭は燃料以外では製鉄原料として使うケースが多い。ただ海外においては石炭産地と鉄山を双方向にホッパ車で輸送する例が多いのだが(「コンビナート」は原型では内陸にも当たり前にある)、日本の場合、本格的な近代形鉄山がなく戦前・戦後とも鉄鉱石は他地域(外地・外国)からの船舶による移入であり、製鉄所もそれを前提として沿岸部に建設されたため、運炭輸送は基本的に産炭地からの片方向輸送となり双方向型より効率は劣る。昭和時代中期以降に炭鉱の閉山が相次ぐと、都市近郊路線や地域幹線として脱皮することに成功した一部の路線を除き、その多くが国鉄末期に不採算路線に指定され、後に廃止されている。唯一国内に残った北海道釧路の炭鉱ではその後も長らくグループ会社の保有する石炭輸送用の専用鉄道が存在していたが、2019年6月にトラック輸送に切り替えられる形で廃止されている。

その後も川崎市の三井埠頭から陸揚げされた海外炭を内陸部のセメント工場まで輸送する列車(川崎市熊谷市)が残っていたが、こちらも2020年3月14日のダイヤ改正をもって廃止。これによって国内の石炭輸送列車はすべて消滅した。


昔の北海道では石炭車を連ねた2000トン貨物列車をD51D61が単機で牽引していた。

室蘭本線などは平坦なので牽き出し(起動)にさえ成功すれば辛うじて牽ききれたが、1両ずつガチャン、ガチャンと引っ張り出すゆっくりとした牽き出しだったという。

列車が重いので機関車は走り出してからしばらくすると蒸気を使い果たし、惰性で走りながら蒸気を貯め直していたという。

帰りは空の石炭車を多数並べているので、無蓋ホッパ車である石炭車たちの空気抵抗で速度が上がらなかったとか。


終戦直後は物資不足の混乱期であったため、東北から東京へ蒸気機関車用の石炭を運炭列車で送ったら、途中の操車場でも石炭足りねーぞとばかりに一両、また一両と抜かれて目的地に着いた時には編成両数が半減していたなんて話もある。



なお、海外では現在でも石炭の鉄道輸送は普通に行われており、特に北米ではその規模も非常に大規模であり、1列車で10000トンを超えるような列車も珍しくない。

カナダに至っては、日本向けの輸出のために、鉱山の開発と運炭鉄道の建設を行った例もある。


かつての九州ことに石炭列車を多く走らせていた北九州では鉄道システムもこれに特化した構造となっており、レールが上下で太さが違っていたり(空車である下りは細い)、ダイヤも予め使いそうなものを全て点線で書き込んであり、実際に使うことになったものを朱で実線として引き直すなど、ダイヤ運行とトレイン・オーダー・システムの中間のような方法を用いていた。


なお、どこぞのアニメはあんまり関係ない。

別のうんたんに出会ったようです


関連タグ編集

トロッコ 蒸気機関車 石炭車 火力発電所

国鉄 北九州市交通局 夕張鉄道 夕張線 室蘭本線 宇部線 筑豊本線 篠栗線 香椎線 平成筑豊鉄道 松浦鉄道


あんまり関連してないタグ編集

うんたん 平沢唯

関連記事

親記事

石炭 せきたん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5482

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました