ピクシブ百科事典

西澤廣義

にしざわひろよし

日本のエース・パイロットの一人
目次[非表示]

概説

この人物は主として零式艦上戦闘機に乗り込み、戦績を挙げた。
撃墜数は本人が家族にあげた手紙では143機、新聞報道では150機体とされている。
公式記録では協同撃墜429機・撃破49機、この内単独撃墜36機・撃破2機となっている。
草鹿任一司令長官より100機撃墜記念の感状と軍刀を受預していることから少なくとも海軍航空隊内部では、100機以上の撃墜王として認識されていた。
一般に認識されているのは87機であり、これは虎徹岩本徹三の撃墜数80数機とほぼ同数。
80機を超える撃墜数を達成したエースパイロットとして認識されている。
大日本帝国海軍における撃墜数は、1943年以降の個人撃墜数の公式記録が存在しないため、撃墜数は自己申告や、他社の証言により行われる。

1944年10月26日フィリピンのミンドロ島を目指す最中にロルド・P・ニュウェル中尉のグラマンF6Fの攻撃を受けて撃墜され戦死した。

その驚異の強さから、戦後書かれた戦記では「ラバウルの魔王と称される。
また坂井三郎太田敏夫と合わせて「台南空の三羽烏」とも呼ばれた。

人物

180cmという当時の日本人男性としては頭一つほど背の高く、相撲柔道も強かった美丈夫だったという。快活で社交的な一方、寡黙で強情なところがあり、それゆえ人と安易に慣れ合うことを嫌って孤独に甘んじるところもあったらしい。
また筋力こそ優れていたが内臓が弱く、よく顔を蒼くして不調を訴えることがあったとも。

岩本徹三とは互いにパイロットとしての腕を競い合うライバルであったともいわれ、フィリピンで岩本と顔を突き合わせた時には、普段口数少ない西澤が饒舌になって岩本と議論を交わしていたと記録されている。

関連タグ

軍人 パイロット エース
撃墜王
魔王

坂井三郎 岩本徹三

永遠の0:主人公・宮部久蔵のラバウル航空隊時代に登場。
西沢義子 (「西澤廣義」がイメージモデルのストライクウィッチーズのキャラクター)

西沢広義
西澤広義
:漢字表記に「沢」と「澤」、「広」と「廣」という違いがあるため、表記揺れが多数存在する。

pixivに投稿された作品 pixivで「西澤廣義」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 198545

コメント