ピクシブ百科事典

鈴木大地(野球)

すずきだいち

静岡県出身のプロ野球選手(内野手)。千葉ロッテマリーンズ所属。
目次[非表示]

概要

所属千葉ロッテマリーンズ(7)
出身静岡県駿東郡小山町
生年月日1989年8月18日
身長・体重175cm、79kg
投球・打撃右投左打
守備位置内野手
プロ入り2011年ドラフト3位


桐蔭学園高等学校では甲子園出場はなかった。

東洋大学に進学し、1年から三塁手のレギュラーに定着。3年には世界大学野球大会に出場し、銅メダル獲得に貢献。4年に遊撃手に転校し、秋にベストナインを受賞した。

2011年ドラフト3位で千葉ロッテマリーンズに入団した。背番号は35、同期に東洋大学の左腕エース・藤岡貴裕投手(1位、現北海道日本ハムファイターズ)、現在、チームのセットアッパーを務める関西国際大学・益田直也投手(4位)がいる。

ロッテ入団後

2012年はインフルエンザの影響で調整が遅れ、6月から一軍に定着する。

2013年はチーム唯一の全試合出場でベストナインを初受賞した。

2014年から背番号を7に変更。さらにキャプテンに就任した。

2017年は二塁手に転向。ゴールデングラブ賞を獲得した。

余談

箱根駅伝で「山の神」の異名を取った柏原竜二選手とは東洋大学の同期であったが、お互い接点がなかったため会ったことがなく、卒業式で藤岡投手と柏原選手が「学長賞」を取ったことでようやく知りあったという。

関連項目

pixivに投稿された作品 pixivで「鈴木大地(野球)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9

コメント