ピクシブ百科事典

鬼車

きしゃ

中国の伝承に登場する九つの頭を持つ鳥。
目次[非表示]

概要

鶬虞(そうぐ)、九頭鳥とも呼ばれる。

東晋の時代に書かれた『捜神記』には、この鳥が毛衣を脱いで女と化したところを、通りがかりの男に毛衣を隠されて妻とされる、天女羽衣伝説のような話が紹介されている。
後に毛衣を見つけた女は鳥に戻って天に帰り、毛衣を用意して子供たちも連れ去ったと伝わる。

西晋の『玄中記』によると、この羽衣女のことを鬼車と呼ぶとされる。

同じく子供を連れ去り養子にしてしまう「女岐」という神女が同一視されており、「夫がいないのに九子がいる」といわれることから、その九子が誤って九首と伝わり、九つの頭を持つ鳥とされるようになった考えられている。

鳥としては、もしくは鵂鶹(きゅうりゅう)に似る。

なお上記の『玄中記』では複数の伝承が統合され、姑獲鳥としても紹介されている。

「夜に飛び回り人家に侵入して人の魂を奪う。」「十(九)の頭を持っていたが、一つの頭をに食いちぎられたために血を滴らせている。」「その血がかかった家は不幸になる。」といった死神疫病神のような伝承も伝わる。

上記の伝承から犬の吠え声が苦手であるとされる。

創作での扱い

祭賽国の舎利仏宝を盗んだ万聖龍王の娘婿(男)である九頭駙馬として登場。
正体は九頭虫(九頭鳥)とされ、九つの頭で八戒を苦しめた。
最後は通りがかった二郎真君の助太刀により、頭を犬に食いちぎられ北に逃亡した。

  • 西遊妖猿伝
西遊記に史実をからめた諸星大二郎による漫画作品。
随末初の群雄の一人「梁師都」の婿である九頭駙馬として登場。
九頭鳥を模った兜をかぶっており、百眼道人と昔馴染みである。
なお登場回の扉絵では九頭鳥と戦う孫悟空が描かれている。
  • 孔雀王曲神記
最後は天津神との戦いの途中で打ち切りになった退魔聖伝の続編。
謎の旅客機の正体とは、孔雀たちが探していた天鳥船ではなく、地獄へ犠牲者を連れ去ってしまう鬼車だった。

関連イラスト

【Fajr】鬼車【珀輝魔物】
空中鬼道外地口あはせ
【ぴく妖】九魔埜(くまの)【ヤタカラ組】
Toudo's bird


関連タグ

中国妖怪 天女 羽衣
九頭鳥 姑獲鳥 
鬼神 死神 疫病神

Q太郎

pixivに投稿された作品 pixivで「鬼車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69

コメント