ピクシブ百科事典

黒木蘭

くろきらん

黒木蘭とは、仮面ライダーフォーゼに登場する人物である。
目次[非表示]

演:ほのかりん

詳細

天ノ川学園高校に4月から入学してきた新一年生。合気道が得意。中学校では水泳部だった。草尾ハルとは幼馴染。水泳部の先輩たちがハルをいじめていたことで、先輩のことが信用できなくなってしまう。ハルを守りたいという思いが強いが、それがハルをムスカ・ゾディアーツにしてしまう原因となる。ムスカ・ゾディアーツとなったハルは蘭のストラップを捨ててしまう。川を探していると如月弦太朗が手伝うと申し出る。一度は川から出る蘭だが、それでも弦太朗は必死に探して渡す。そのころ蘭はハルにゾディアーツスイッチを渡した教師を探すが、ムスカに襲われてしまう。弦太朗はストラップを渡し、蘭はやっと先輩を信用するようになる。そしてハルに「もう守るなんて言わないから」と伝え、ムスカ・ゾディアーツは倒された。そして仮面ライダー部に入部を希望。ハルのゾディアーツスイッチの後遺症が治るまでは仮入部となった。
45話ではハルの後遺症は治ったが、盲腸になってしまったハルを見舞いに行く。蘭はアメリカへの留学が決まっており、速水公平に強引に車に乗せられるが…

劇場版第3作にもハルと一緒に登場している。

正体

第45話以降のネタバレを含みます!








実は魚座ゾディアーツピスケス・ゾディアーツのスイッチャー。
当初は蘭を覚醒させないため、風城美羽の家にかくまわれたが、立神吼アクエリアス・ゾディアーツのムチの破片を蘭に仕込んで追跡する。そして立神はフォーゼメテオをレオダスタードで妨害、仮面ライダー部員を次々と気絶させ、蘭にレオがせまる。しかし、蘭を守ろうとする速水公平がレオに痛めつけられる姿に我慢が出来なくなった蘭はレオの落としたスイッチを押してしまう。
蘭は「姿が変わっても仮面ライダー部だ!」と十二使徒の一員になることを拒否し、我望は去ってゆく。

しかし実は速水は蘭を自らの意志でピスケスに変身させるため、蘭たちの味方に付くふりをしていたのだった。(ピスケスのホロスコープススイッチが青かったのも自らの意志で変身していなかったからである。)→リブラショック
そしてリブラ・ゾディアーツの攻撃を受けてスイッチは奪われてしまい重傷を負うが、最終話にて回復、「宇宙仮面ライダー部」となった仮面ライダー部にハルと共に正式入部した。

余談

演じていたのは若き日のほのかりん女史である。

pixivに投稿された作品 pixivで「黒木蘭」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37610

コメント