ピクシブ百科事典

08系

ぜろはちけい

08系とは、営団地下鉄→東京メトロ 半蔵門線の車両。
目次[非表示]

概要

2003年に営業運転開始。営団では最後の新製系列にして最後の「0シリーズ」である。

半蔵門線押上延伸開業に備えて10両編成6本が日本車輌製造にて製造された。製造に際し2000年3月に日比谷線中目黒駅で発生した脱線衝突事故を教訓に車体構造の強化や急曲線に強い台車の採用が行われた。前面デザインも8000系の面影に05N系の縦曲線を組み合わせたデザインでスカートも付いた。設計テーマは「人や環境に快適でやさしい車両」。
車体は営団おなじみのアルミニウム合金製だが前述の事故を教訓に8000系のシングルスキン構造から側面を強化したセミダブルスキン構造に変更された。床面も8000系より60mm下げてホームとの段差を縮めている。
制御方式はIGBT素子によるVVVFインバータで、1台4群の制御により05系(第19~24編成、個別制御)の4台から3台に削減された。補助電源は03系以来DC/DCコンバータからSIVに変更。乗入先の高速運転に対応するため設計最高速度が営団従来車の110km/hから120km/hへ向上させた他、騒音低減も考慮してギア比は8000系の5.73から6.21に変更された(この数値は東急5000系と同じである)。パンタグラフは営団初のシングルアーム式を採用、2号車と8号車に2基ずつと5号車の渋谷方に1基の計5基を搭載している。
客室内は8000系と同様の色調で、カーテンがフリーストップ式になっている。ドア上に二段式LED案内表示器が設置されたが、2016年に17インチの液晶表示器に更新された。
運転台は大幅に居住性が改善され、8000系よりも奥行きが広く取られ前面も視認性が向上した。デッドマン押込み式ワンハンドルマスコン(力行4段、常用7段)は8000系から踏襲された一方、ブレーキ指令計に代わりランプ式ノッチインジケーターが採用されマスコンのノッチ位置が確認しやすくなっている。
ブレーキは回生併用電気指令式で、電磁直通式ブレーキ車との救援連結を行うための読替装置も搭載している。

渋谷駅から東急田園都市線に乗り入れて中央林間駅まで、押上駅から東武伊勢崎線久喜駅あるいは日光線南栗橋駅まで乗り入れている。

編成表

鷺沼検車区に10両編成6本(08-101~08-106)が配置されている。

南栗橋・久喜(押上)← →(渋谷)中央林間

1号車2号車3号車4号車5号車6号車7号車8号車9号車10号車
08-10008-20008-30008-40008-50008-60008-70008-80008-90008-000
運転台弱冷房車椅子車椅子運転台

関連タグ

帝都高速度交通営団(営団地下鉄) 東京地下鉄(東京メトロ)
8000系 半蔵門線

営団0シリーズ

01系(廃系列) 02系 03系 05系 06系(廃系列) 07系

関連記事

親記事

東京メトロ とうきょうめとろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「08系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4309

コメント