ピクシブ百科事典

目次[非表示]

国鉄401系

正面画 国鉄401系 万博塗装


日本国有鉄道が1960年に製造したカルダン駆動方式の初の両開き3扉構造の近郊形電車である。交流電化区間と直流電化区間を直通運転する必要があることから、交流・直流の接続を車上切換方式による交直両用電車の実用第1号として開発された。常磐線で運用された。

西武401系(初代)

正面画 西武401系(初代)


戦後に西武鉄道63系譲渡の見返りに地方私鉄への小型車の供出を嫌がり、63系譲渡対象から外されたが、戦災国電自社工場で復旧していった。そこで廃車になったモハ63形3両を譲り受け、復旧したのが401系である。当初は3両であったが、のちに自社工場で同型車を1両製造し、4両体制となった。しかし運用側は4ドアであることを嫌い、新車が入ると真っ先に支線へ転属させられた。1973年までに全車廃車された。

西武401系(2代)

【RailSim】鋭意製作中的な。


701系列の冷房化ならびに制動装置の電磁直通ブレーキ(HSC)化進捗に伴い、その増結用車両として411系を冷房改造ならびに主要機器換装による新性能化改造を実施して誕生した系列である。

ドイツ鉄道401系

ICE(列車)を参照

関連タグ

403系 421系

関連記事

親記事

電車 でんしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「401系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2434

コメント