ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

5050形

ごせんごじゅうがた

鉄道車両の形式の一つ。名古屋市営地下鉄と過去に存在した国鉄のタンク式貨車が該当する。
目次 [非表示]

曖昧さ回避編集

本稿では1を中心に解説する。系と形の違いに関しては別記事参照。

  1. 名古屋市営地下鉄の車両。トップ画像はこちらの形式である。
  2. 国鉄時代に製造されたタンク車。タキ5050。
  3. 5050系:東急電鉄に存在する形式及び東武鉄道で過去に使用された形式。

各車両解説編集

名古屋市交通局5050形編集

1980年より導入された5000形に引き続き、旧型車を置き換え全車冷房化及び回生ブレーキ搭載による省エネ化を進めるため、1992年に東山線に導入された。製造は日本車輛製造

1989年の桜通線開業に合わせて製造された6000形をベースに開発された車両の一つであり、路線規格が同じ名城名港線用にて既に登場していた2000形と基本設計を共通化している。

しかし、同世代の他車種とは異なり、前面窓回りはパノラミックウィンドーを採用せず、貫通扉もすべて銀色と、保守点検の関係からか5000形に極力合わせる設計となった。ほかの名古屋市営同世代車よりも京成3700形に近い顔である。

1995年以降に製造された編成はドア上の路線図をLEDによる電光表示式にしている。


2012年以降はワンマン化に伴い、VVVFインバータの制御ソフトを更新してベクトル制御化されたが、2016年からは機器更新が行われ、インバータユニットを三菱GTOから東洋IGBTに更新。さらにLED案内表示器をLCDに更新したり、方向幕と運用番号表示器をフルカラーLEDに換装するなど、内外装に大規模な改造こそないが、登場時からはかなり姿を変えている。


国鉄タキ5050形編集

1965年から1981年まで製造されたタンク車。

塩酸アミノ酸専用35t積みタンク貨車として日本車輌製造汽車製造富士重工業川崎重工業日立製作所三菱重工業富士車輛滋賀県守山市の廃棄物処理機械メーカー)の7社で合計109両が製造された。

全長約10m~11mと小柄であることから特殊標記記号「コ」を付けた「コタキ」と車体に表記されていた。

国鉄民営化時点では67両が残存していたが、徐々に廃車が進み2009年度に全車両が廃車となった。

4両が亜塩素酸ソーダ液専用車として改造され、これはタキ26200形として区別された。


関連タグ編集

名古屋市営地下鉄

関連記事

親記事

名古屋市営地下鉄 なごやしえいちかてつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 71

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました