ピクシブ百科事典

CiNo.1000夢幻虚光神ヌメロニアス・ヌメロニア

かおすいまじなりーなんばーずせんむげんきょこうしんぬめろにあすぬめろにあ

アニメ・漫画・ゲーム『遊戯王ZEXALⅡ』及びコナミのカードゲーム『遊戯王 オフィシャルカードゲーム』に登場するモンスターカードである。ラスボスであるドン・サウザンドが使用する真の切り札。
目次[非表示]

愚かな・・・。まだわからぬようだな。自らがさらなる絶望の扉を開けたことを。
ヌメロニアスが破壊された時、墓地のこのカードをエクシーズ素材として、オーバーレイ!
「エクスターミネーション」!
カオスエクシーズチェンジ!
降臨せよ、CiNo.1000!
我が天は長し、地は久し。人のすがる夢は一場の幻に過ぎず。
虚無の大神よ、闇をもて、光に鉄槌を!
夢幻虚光神ヌメロニアス・ヌメロニア!!

概要

バリアン世界を創造した神であり、「ヌメロン・コード」の力さえも取り込んだ全ての元凶ドン・サウザンドの真の切り札。
光属性・悪魔族のエクシーズモンスター。「ランク13」で攻守共に100000という、驚異のステータスを誇る。
ある効果によって、相手に窮極の選択を迫るまさに「邪神」とも呼ぶべきカード。

カオスナンバーズでもない新たなるナンバーズ、「カオスイマジナリーナンバーズ」に属する唯一無二のモンスター。
イマジナリーナンバー(imaginary number)「虚数」の意を示し、「i」は虚数の単位を示している。総じて、カオスの世界にすら納まらない、存在自体が歪なナンバーズと言えよう。

CNo.1000夢幻虚神ヌメロニアス」の正当進化形態であるが、進化前の面影がまるで無く、意味不明なオブジェのようなデザインをしている。
生物的とも無機的とも取れない、さながら記号のような姿はまさに異形としか形容しようがなく、どこまでも禍々しさと不気味さを放っている。

能力

エクシーズ・効果モンスター
ランク13/光属性/悪魔族/攻 100000/守 100000
レベル13モンスター×5
このカードは「No.」と名のつくモンスター以外との戦闘では破壊されない。
自分フィールド上に存在する「CNo.1000 夢幻虚神ヌメロニアス」が破壊された時、そのカードをこのカードの下に重ねて、このカードを自分のエクストラデッキからエクシーズ召喚する事ができる。
このカードはカードの効果では破壊されず、攻撃宣言をする事ができない。
このカードが自分フィールド上に存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択しなければないない。
選択しなかったターンのエンドフェイズ時に、相手はデュエルに敗北する。
このカードのエクシーズ素材1つを取り除いて発動する事ができる。
相手モンスター1体の攻撃を無効にし、自分はその攻撃力分のライフポイントを回復する。

解説

エクシーズ素材にレベル13のモンスター5体という前代未聞の指定を持つ。モンスターのレベルは通常12が最高であり、正規召喚はまず不可能(絶対に不可能というわけではない)。
なお、ランク13のエクシーズモンスターとしてはすでにエリファスの切り札「NO13エーテリック・アメン」がいる。しかし、「アメン」は召喚方法がランクアップに限定されている。

元々の攻撃力・守備力ともに100000(10万)という、これまでに例のない凄まじい数値を持つ。
歴代の遊戯王シリーズにおいては、本来数字ではない「攻撃力∞」の「蛇神ゲー」等を除けば元々の攻撃力の数値としては歴代1位。合計攻撃力で考えても歴代3位(1位2位は141話(ZEXALⅡ68話)でのホープの「攻撃力204000」ならびに直前の「攻撃力102000」)を誇る。
他のカードゲームと並べても優に上位に食い込めるであろうその数値は圧巻。

ナンバーズ共通の戦闘耐性のほか、以下の効果を持つ。

  • 自分フィールド上の「CNo.1000夢幻虚神ヌメロニアス」が破壊された時、ヌメロニアスを素材としてエクシーズ召喚できる起動効果。
  • カードの効果で破壊されず、自ら攻撃できない永続効果。
  • 相手に、このカードへの攻撃を強制させる永続効果。
  • 攻撃されなかった相手ターンのエンドフェイズ時に相手をデュエルに敗北させるルール効果。
  • 素材を一つ消費して相手モンスター一体の攻撃を無効にし、その攻撃力分ライフを回復する誘発即時効果。

歴代最高の攻撃力を持ちながら、自ら攻撃することはできない。が所詮そんなものは飾りである。
ナンバーズ以外との戦闘では破壊されず、効果によるあらゆる破壊も受け付けない中々の耐性を持つ。
そして10万という化物にしか攻撃できないよう相手に強制しておきながら、攻撃してこなければゲームそのものに強制敗北させてしまうまさに悪夢のようなカード。
しかも、ならばとナンバーズをせこせこ強化して打ち破ろうとしようものなら、そのモンスター自体を破壊してライフ回復までやってしまう。

進化前と異なり「C」モンスターに対するメタ能力は持っていないが、どちらかというと「受け」寄りのステータスなのには変わりない。しかしその守りは極悪の一言である。

アニメでの活躍

九十九遊馬アストラルナッシュとの決戦において登場。
「CNo.1000夢幻虚神ヌメロニアス」を破壊し、勢いを取り戻す遊馬達を嘲笑うかのようにドン・サウザンドが召喚した、さらなる絶望。

ヌメロニアスが自身の効果でカオス・エクシーズチェンジして降臨し、遊馬達と視聴者に絶望を与えた。効果で次のターンでの勝利を確定させるが、遊馬とアストラルは究極体ZEXALⅢとなり、ナッシュと天城カイトと共に今までの思いを胸に立ち向かう。
遊馬は「ライジング・ホープ」(ホープを蘇生させ、自軍モンスターのエクシーズ素材を消費する効果を得る)によってホープを蘇生し、「No.73激瀧神アビス・スプラッシュ」と「No.100ヌメロン・ドラゴン」の効果を得てその攻撃力を102000まで引き上げる。その攻撃で決着するかと思われたが、隠されていた最後の効果でホープの攻撃を無効にし、さらにライフを回復する。しかし、それこそが遊馬の最後の一手の布石であった。
遊馬はホープの「攻撃を無効」にされたことで「ダブル・アップ・チャンス」を発動、ホープの攻撃力をさらに倍化し204000まで引き上げて追撃する。打つ手のなくなったドン・サウザンド及びヌメロニアス・ヌメロニアにホープ渾身の攻撃は防げず、必殺のファイナル・ホープ剣・スラッシュによってぶった切られ爆散。これによってドン・サウザンドも敗北した。
これによってついにすべてが決着したかと思われたが・・・?

余談

そのぶっ飛んだ攻撃力と絶望的な効果、さらに長いうえになんとなく言いにくい独特の名前から登場後すぐにファンの間でネタが広まり、そしてすぐに「ヌメヌメ」などという不名誉な渾名を頂戴してしまった
しかも、鳴り物入りで登場し圧倒的な存在感を放ったまま登場話が終了したにもかかわらず、いざ次話になるとわずか数分でごり押しで撃破されるという衝撃の展開を迎え、ファンは再び驚き腹を抱えることとなった。こうしてあまりにあっさりと退場したドン・サウザンドであったが、しかし彼がラスボス(笑)などとチャチな人物でなかったことはすぐに全員が理解させられ、さらなる驚きを呼ぶのであった。

なお、もしもOCG化した場合、マシニクルのように名前が略されなければ史上最長の音を持つ名前となる。
(現在のOCG最長は「CNo.43魂魄傀儡鬼神カオス・マリオネッター」の34音。対してヌメロニアス・ヌメロニアは35音)

また、公式イベントの「ボスバトル」にて「ドン・サウザンド」が参戦し、彼のデッキを再現したカードが登場した。進化前ともども悪くない原作再現であったため、ドン・サウザンドのデッキをOCGで期待する声が高まっているようだ。

関連タグ

遊戯王 遊戯王ZEXAL
遊戯王OCG
ナンバーズ(遊戯王)
悪魔族
エクシーズモンスター 効果モンスター
ドン・サウザンド CNo.1000夢幻虚神ヌメロニアス

pixivに投稿された作品 pixivで「CiNo.1000夢幻虚光神ヌメロニアス・ヌメロニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4470

コメント