ピクシブ百科事典

DE15

でぃーじゅうご

国鉄が製造した中型除雪用ラッセルディーゼル機関車
目次[非表示]

概要

ラッセル式除雪機関車として既に実用化されていたDD15よりも軸重を低減し、線路規格が低いローカル線での除雪作業にも使用できるよう、DE10をベースに開発された。
冬の間はラッセルヘッドを連結して除雪運用、冬以外の季節はラッセルヘッドを取り外してローカル線での旅客列車・貨物列車の牽引、操車場や駅での入換作業にも使用できる構造である。

ラッセルヘッドとの連結装備があることを除けば構造面ではDE10とほぼ同じであり、蒸気暖房装置を積んでいる車両もあった。

JR各社での状況

JR北海道

発足時に36両が継承された。1520号機はラッセルヘッドとの連結装備を取り外し、ほぼDE10と変わらない形態となった。ノロッコ号カラーの車両もある。

JR東日本

発足時に33両が継承された。しかし保守機械扱いのモーターカーの導入などにより廃車が進行。現在は保留車を含めて3両が残されている。
廃車された車両のうち14両はJR貨物へ売却され、ラッセルヘッド関係装備を撤去してDE10形3000・3500番台として運用している。
また、一部は山形・秋田新幹線の標準軌在来線除雪車としてDD18を用意する際、ラッセルヘッド部分は本形式から調達し、台車を改軌して賄った(合計3両分6ヘッド)。機関車本体をDD51にしたのは、元形式DE10同様動力台車改軌の難しさかもしれない。既にモーターカーへの転換により廃車済み。

JR東海

発足時に2両が継承された。高山本線東海道本線関ヶ原地区での除雪運用に使われていたが、老朽化などにより2011年度をもって運用を終了。1両はJR西日本へ売却され、もう1両は2013年に解体された。

JR西日本

発足時に13両が継承された。後継の気動車キヤ143形への置き換えを順次行っている。奥出雲おろち号の牽引にも使われるため、専用カラーに塗られた車両がある。
あいの風とやま鉄道にも1004号機・1518号機の2両が譲渡されている。

関連項目

ディーゼル機関車 機関車 除雪車 DE10

pixivに投稿された作品 pixivで「DE15」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 828

コメント