2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2021年10月8日に発売された『メトロイドドレッド』に登場するロボットである。『EXELION STAR CORPORATION』によって開発されたものであり、銀河連邦が所有している。
正式名称は『Extraplanetary.Multiform.Mobile.Identifier(惑星外多形態機動調査機)』。
宇宙で最も硬質と言われる特殊素材で作られている他、両手両足が鉤爪状になっており、頭部には赤いコアがあり、モノアイの様に輝いている。二足歩行の他、四足歩行でどんな悪路でも素早く移動する。二足歩行時の全長はサムスより大きいことが確認できる。

プログラムの書き換えによって自在に機能を変化させる事ができ、劇中では機体によって使用する能力が異なる。

元々は未知の生物を捕獲し、DNAを採取する事に特化したロボットである。
寄生生物Xの存在を仄めかす映像を送ってきた未踏の惑星『ZDR』を調査するべく、銀河連邦によって調査部隊として7体が送り込まれた。

しかし、ZDR到着後ほどなくして、原因不明のまま消息を断ってしまい、ZDRにやってきたサムス・アランを捕獲しようと襲いかかるようになっていた。ミイラ取りがミイラになるとはまさにこの事。

本作の題名にもある『DREAD(恐怖)』を象徴する敵の1つである。

中盤、フェーレニアにてサムスは、鳥人族「ソウハ族」の科学者・「クワイエットローブ」から、E.M.M.I.の目的がサムスの体内にあるメトロイドのDNAであることを明かされる。
謎の鳥人族ことレイヴンビークは、銀河を支配するためにメトロイドを生物兵器として利用しようと考えていた。しかし、不運が重なってメトロイドをSR388から移送する計画を一時中断している間にサムスによってSR388のメトロイドが絶滅してしまう。
いろいろあってメトロイドが宇宙から根絶した事でレイヴンビークの計画が阻止されたと思われた。

……サムスの体内にメトロイドのDNAがワクチンとして移植されていなければ

サムスの体内に最後のメトロイドのDNAがあることを知ったレイヴンビークは、Xの存在を示す映像を銀河連邦軍に送り、先行で派遣されてきた7体のE.M.M.I.をハッキングして鹵獲し、サムスをZDRに誘い込んだのであった。
ちなみにE.M.M.I.ゾーンゲートはサムスだけが通れるが、クワイエットローブや鳥人族のロボットがゾーンの中に入っているのを見ると、正確には鳥人族、または鳥人族に縁のあるものだけが通れたのだと思われる。

一度はクワイエットローブによって全機が機能停止するが、エルンからXが解き放たれた後は、彼の亡骸に寄生した赤いXが彼の姿に擬態した後、全機が再起動してしまう。

性能

ステージ内に設けられた『E.M.M.I.ゾーン』と呼ばれる区域を巡回し、目から発するレーダーでターゲットを探す。
通常時は青いセンサーの『パトロールモード』でステージ上の特定ルートを巡回しており、センサーの範囲内で発している音に反応して黄色いセンサーの『サーチモード』が起動、音がした場所に移動する。そして、目標を視認すると目が赤くなった『チェイスモード』となり、こちらを完全にロックオンし、四足歩行で床や壁、天井を走り、物凄い速さでどこまでも追跡する。捕まったら最後、鉤爪で拘束されて頭部に内蔵されたDNAを採取する装置で喉元を貫かれ、ほぼ確実に即死となる(アダム曰く99%)。
E.M.M.I.のナビゲーションプログラムは他の敵キャラと異なり、サーチモードになると距離を離してもサムスがいそうな場所や通りそうな所を予測して急行する上に、チェイスモードにもなると後ろから追ってくるだけでなくサムスの位置によっては、別ルートを割り出して迂回し先回りしてくる。また、巡回ルートも一定ではなく、隣の部屋に移動したと思いきや、すぐにUターンして戻ってくる事もある。立ち止まって首をキョロキョロと動かしたら、上の通路や天井に上がってきたり、来た道へ方向転換したりする合図なので、E.M.M.I.が立ち止まったら、次の動きに注意しよう。

しかし、逆にパトロールモードの探知範囲内でも音を立てなければ探知されずに済み、サーチされてもエイオンアビリティーによる光学迷彩『ファントムクローク』で視認されることなくやり過ごす事もできる。
ただし、ファントムクロークを起動させていてもE.M.M.I.に接触したりするとバレて捕まってしまう他、チェイスモードでロックオンされるとファントムクロークが意味を成さなくなる。そのため、ファントムクロークを使う場所と体勢が重要になる。
チェイスモードになっても、長距離まで引き離したり、シャッターなどでE.M.M.I.を遠回りさせたりで一定の移動距離を稼ぐと、サーチモードに戻す事ができる。そうなれば、ファントムクロークでやり過ごしたりできる。

また、捕まってもコアが露出する一瞬の隙をメレーカウンターすることで脱出できる。ただし、点滅の瞬間にカウンターであるためタイミングがシビアなので注意。
問題は脱出できるタイミングが毎回ランダムであることに加え、チャンスはサムスを捕獲する時と即死攻撃を繰り出す直前の2回限りでボタン連打が受け付けられないことにあるのが「タイミングがシビア」たる所以である。

E.M.M.I.が同じ部屋にいる時や壁越しに隣の部屋の近くにいる時は電子音が聞こえるため、姿が見えなくても近くにいるかどうかがわかる。また、BGMをよく聞けば、E.M.M.I.との距離だけでなくこちらに気付いているかどうかも判別できる。
E.M.M.I.の位置はミニマップで赤く表示され、間近まで接近した時にはミニマップの外角が赤く点滅する。これにより隣の部屋のゲート・ダクト付近のE.M.M.I.の位置がわかる。

ビームゲートも開ける事ができ、攻撃で壊れるブロックも体当たりで破壊する事ができる。しかし、あくまでもパワービームで開く道を通れるだけであり、ミサイルゲートやチャージビームゲートなどはサムスが開けるまで通る事はない。
なお、03MBからはゾーン内にダクトが設けられており、E.M.M.I.を撃破するまではシャッターで塞がれているため、実質E.M.M.I.専用の通り道である。

なお、E.M.M.I.は基本的にE.M.M.I.ゾーンにのみ徘徊しており、そのゲートを通れるのはサムスのみである。しかし、E.M.M.I.に見つかってチェイスモードになっている間は出入り口となるゲートが閉鎖されるため、E.M.M.I.の追跡を振り切ってサーチモードに戻す必要がある。
E.M.M.I.ゾーンに侵入するとゾーンのマップとゲートの位置、セントラルユニットの場所が登録される。ゲート位置をヒントに落ち着いて探索すべき。
なお、ゾーンから出ると一時的にゲートが閉鎖され、再突入にほんの少しだけ時間を要する。E.M.M.I.に追われたり、見つかるプレッシャーで乱れた息を整えよう。
また、E.M.M.I.がゾーンから出れないのは、ハッキングされて改変されたプログラムの有効範囲がゾーンの中だけであるためであるとアダムは推測している。

また、上述にもあるが銀河で最も硬質な特殊素材で作られているためサムスの通常武器では歯が立たない。ミサイルですら傷1つ付かない。

ロボット故に感情の起伏や躊躇いがなく、捕獲対象に向かって一直線に追いかけ、無慈悲にトドメを刺していく。
味方側と思われていた者が一転、逆に最大の障害となってしまった彼らの警戒網を掻い潜りながら、サムスはミッションを進めなければならないのである。

対抗手段

各E.M.M.I.ゾーン毎にどこかにある管理用のマザーコンピュータ『セントラルユニット』からエネルギーを取り込む事で、特殊武器『オメガキャノン』を一時的に獲得できる。ガトリングの如く連射するオメガストリームを頭部に当て続ける事で頭部のプロテクターを赤熱化させて破壊することができ、チャージして放つオメガブラスターをコアにぶつける事で撃破できる。
なお、オメガキャノンを構えている間は移動できないうえ効果発揮までに一定時間がかかるため、十分な距離を予め確保しておかねばならない。E.M.M.I.は攻撃されてる間もジリジリ迫ってくるため、近付かれたら構えを解いて距離を離す必要がある。
また、構えている間は視野が前方に向くため、オメガキャノンを構えて待ち構えていたら別ルートから後ろに回り込んだE.M.M.I.に捕まったなんて事もある。
つまりオメガストリームとオメガブラスターをワンセットでやろうとすると失敗しやすいので…

  • E.M.M.I.の頭部を正確にエイムし続けられる長い直線通路に上手く陣取り、オメガストリームでプロテクターを破壊。
  • プロテクター破壊ができたらすぐさま移動して距離を取る。
  • 移動パターンが変わったE.M.M.I.を待ち伏せできる場所を見つけ、オメガブラスターのチャージを行う。
  • 後はE.M.M.I.のコアを、なるだけ正確にエイムしてオメガブラスターを発射する。場所が良ければ、プロテクターの壊れたE.M.M.I.は近づくと二足歩行になる。狙う位置が変わることに注意。

…という、アクションパズルのような謎解きを以てE.M.M.I.を仕留めなければならない。迫る恐怖(ドレッド)に負けない冷静さを味方につけるのが肝心である。
なお、プロテクターを壊すにはオメガストリームを当て続けなければならいが、攻撃を中断すると赤熱化した頭部が徐々に元に戻ってしまう。当たっている間はE.M.M.I.の動きが遅くなるので、当たっているかどうかはわかりやすい。一度プロテクターを破壊すれば修復されない。

また、01Pのセントラルユニットは既に破壊されていたが、02SMからはセントラルユニットと戦って撃破しなければならない。
そしてセントラルユニットを撃破するとそれを察知したE.M.M.I.が、サムスのオメガキャノンのエネルギーを目印に常時チェイスモードとなって直ちに倒すしかなくなる上、E.M.M.I.破壊後はオメガキャノンが消滅してしまうため、基本的にオメガキャノンをゾーンの外へ持ち出すことはできない。

なお、セントラルユニットの部屋から脱出する際、E.M.M.I.の顔を模した扉をオメガストリームとオメガブラスターで開けるギミックになっている上に、画面下に説明文が出るため、E.M.M.I.の倒し方を忘れても安心である。

種類

劇中には7体のE.M.M.I.が登場する。
PVから判明できるのは傷ついた個体、白、黄色、黄緑、紫、水色の6体(?)。この内最初の傷ついた個体は何かと交戦したのか壁すら登れなくなっているほど欠損している。
更に、登場するE.M.M.I.にはそれぞれ異なる能力を持っており、PVでは黄色いE.M.M.I.が高速移動する様子や、水色のE.M.M.I.が敵を凍結させて粉砕する様子が描かれている。そしてこれらを撃破する事で、新たな能力を入手できる。

製造コードは数字が倒す順番であり、アルファベットは01Pを除き、倒すと入手できる能力の略になっている。

E.M.M.I.-01P

サムスが最初に遭遇する、ボロボロ姿のE.M.M.I.。プロトタイプと思われる。
二足歩行でゆっくり歩くことしかできず、また片腕を欠損しているため壁を登ることもできないため、他のE.M.M.I.よりしつこく追跡される事はない(それでも、チュートリアルの後に再び捕まるとチュートリアル無しで本気に殺しにかかる)。

いわばE.M.M.I.との戦いにおけるチュートリアルの役割を担う。捕まった時の脱出方法と、袋小路に追い詰められた時の切り抜け方をここで学ぶ。
プロテクターは無くオメガブラスターの一撃で撃破可能。
既にボロボロであるせいか、倒しても何も入手できない。

01Pのプロテクターと片手を破損させ、セントラルユニットを破壊したのはレイヴンビーク。レイヴンビークは倒した01PからE.M.M.I.のシステムを解析し、標的を捕獲してDNA採取する機能に着目し、サムスを標的にするようにクワイエットローブにハッキングさせたと思われる。

01Pを倒した事を踏まえると、レイヴンビーク並みの戦闘力、特にハイパービームならば、E.M.M.I.の装甲を破壊可能と思われる。

なお、残りのE.M.M.I.が無傷、且つあらすじの「到着後ほどなくして行方不明」という事から、01PがE.M.M.I.の司令塔、または01Pのセントラルユニットが全てのE.M.M.I.を管理するものであり、01Pとセントラルユニットが機能停止した事で他の機体も機能停止したという可能性がある(他のE.M.M.I.を修繕したにせよ、01Pのみ修理しない理由は不明)。

バグ技により倒さなくても先に進める事が発覚したが、ボロボロな状態でもオメガキャノン以外の武器を受け付けず、パワーボムですら通用しない(これによりますます、01Pを半壊させたレイヴンビークの戦闘力の凄まじさが極まった)。

E.M.M.I.-02SM

サムスが2番目に遭遇する白いE.M.M.I.。PVで真っ先に登場したのもこの個体である。
特殊能力はないものの、ここからがE.M.M.I.との恐怖のおいかけっこの本番である。幸い、頭部のプロテクターが他の個体より大きいせいで狭い隙間には入れないので、スライディングにもたつかなれば振り切ることができる。

倒す事でスパイダーマグネット(Spider Magnet)を入手できる。

E.M.M.I.-03MB

サムスが3番目に遭遇する黄緑色のE.M.M.I.。
これ以降は体を折りたたむ事で狭い場所にも入り込むことができるため、スライディングで細道を通ってもやり過ごせなくなるうえ、狭い場所や専用のダクトによる抜け道を通ってくるようになる。
ここからファントムクロークの重要度が跳ね上がる。

こいつを倒して手に入るのはなんとモーフボール(Morphing Ball)。このため『ドレッド』でのモーフボール解禁は体感的にもかなり遅い。

E.M.M.I.-04SB

サムスが4番目に遭遇する黄色のE.M.M.I.。
この個体からはチェイスモード時の移動速度がアップ。そのため直線上にいると振り切り難い。オメガブラスターによる直接対決でも厄介になり、オメガストリームをしっかり当てないとあっという間に距離を詰められる。
また、ここからはゾーン内に、床に隠れてサムスが近付くと飛び出して自爆する敵が現れるようになり、例えサーチ圏外でもこの敵の自爆にE.M.M.I.が反応して急行してくる。そのため、先んじて倒しておくか、ファントムクロークで素通りするか、はたまたわざと起爆させてE.M.M.I.を誘導するかして対処しよう。

倒す事でスピードブースター(Speed Booster)を入手できる。

E.M.M.I.-06WB

サムスが5番目に遭遇する紫色のE.M.M.I.。
壁を貫通する電磁砲を発射する事ができ、1度目の遭遇では壁画を見ていたサムスを壁画越しに奇襲して来た。
しかし、クワイエットローブによって機能が停止されたため本格的に対決する事になるのは6番目である。

再起動時は、E.M.M.I.ゾーン全域がパルスの範囲内であり、どんなに距離が離れていてもサムスの発する音を察知してくる。というよりゾーンに入っただけでもサーチモードになる。
そして視界が壁を透視できるため障害物に隠れることができなくなる上に、隣の部屋から視認してチェイスしてくる。ここからは1ヶ所に留まると余計に面倒になるため、捕まらないルートを模索して一気に目的のゲートを抜けるしか無い。
だが困ったことにルートの中には水中を進まなければならない所もあるため、グラップリングビームとマグネットサーフェイスを上手く使わないと、水中でも普通に動ける06WBに高確率で追いつかれてしまう。
更に、06WBは硬直時間の長い電磁砲攻撃まで仕掛けてくるという多重苦で、終盤の番号に相応しい難敵。オメガキャノンによる直接対決も、ゆっくりと06WBが迫る中、謎解きしつつ逃げ回り、決戦に適した場所まで誘い込まなければならない。
おまけにグラビティスーツ未装着の場合、水中で捕まるとたださえシビアなタイミングが更にシビアになる。

ただし、チェイスモードの間は透視能力が使えないので、素早く隣の部屋まで逃げて距離を離せば、簡単にサーチモードに戻す事ができる。

倒す事でウェイブビーム(Wave Beam)を入手できる。

E.M.M.I.-05IM

サムスが6番目に遭遇する水色のE.M.M.I.。
登場当初は背景で機能停止しているため、交戦することなく素通りができる。

再起動後はセンサーの幅は狭いかわりに、画面外から届くほど射程距離が長い。加えてセンサーに当たった物を瞬時に凍らせるため、冷気に弱いサムスにとっては恐るべき相手である。というより、エネルギータンク1個分のダメージ(ハードだと2個分)なので、捕まる前に凍結ダメージでゲームオーバーになる事もあり得る。
なお、オメガキャノン取得時を除いてセンサーに触れたり、接触してもチェイスモードにならない(他のE.M.M.I.はパトロールモードやサーチモードでも接触するとチェイスモードになる)が、凍らされるとしばらく動けない上に、低温ダメージの際に鳴るアラートに05IMが反応して急行してくる。また、マグネットサーフィスに引っ付いても凍らされると落ちてしまう。
ファントムクロークを使えばセンサーに触れても凍らずに済む。

この05IMがいるゾーンは地形が複雑で、一見すると十分な距離を取りにくい・プロテクターを狙いにくい箇所が大半を占めており、オメガストリームでプロテクターを破壊する間もなく返り討ちにされやすい。
とはいえE.M.M.I.の追尾ルートの癖を見つけ出せば、それがオメガキャノンを打ち込む位置取りの最大のヒントとなることだろう。ただし、プロテクター破壊後は天井に張り付かなくなるので注意。
また、チェイスモードではセンサーが無くなるため、氷漬けにされる心配はない。

倒す事でアイスミサイル(Ice Missile)を入手できる。

E.M.M.I.-07PB
最後に登場する赤いE.M.M.I.。
能力はパワーボム(Power Bomb)。壁越しに隣の部屋からサムスの気配を察知するや否やいきなりパワーボムを起爆し、サムスを追い詰める。
しかし、突如としてサムスの左腕に異常が起こり、07PBの即死攻撃を左手で受け止めた瞬間、07PBのすべてのエネルギーがサムスに吸収されて機能停止し、同時に07PBを管理していたセントラルユニットも同様に機能停止する。

直後に襲ってきた赤い鳥人兵士も倒して左手が吸収した後、07PBからパワーボムを入手できる。

サムスの身に起こった現象の正体は、後のアダムとの会話で判明する事となる。

なお、パワーボムという調査機としては不釣り合いな能力だが、これはパワーボムを使用すると擬態が解けたXが起爆地点に一気に集まる仕様を見越しての事かもしれない(現に本作でも同じ仕様である)。

セントラルユニット

E.M.M.I.を管理するマザーコンピュータ。一つ目を持ち、青白い脳みそのようなものを黒い装甲で覆っている。サムスが部屋に入ってくると、宙に浮かんで戦闘態勢になる。
一つ目玉の脳というビジュアルに加え、壁からのレーザー砲・リング状の火炎光線といった攻撃手段がかなりマザーブレインに似ている。

「連邦製の脳型有機コンピュータ」という点ではオーロラユニットも彷彿させるが、アダムがセントラルユニットの名前や機能について一切口にせず、銀河連邦軍の所有物にしては不自然な点が見られる。

装甲を覆っている時はミサイルやチャージビームでしかダメージを与えられないが、装甲を壊した後は通常のビームでもダメージを与えられる。
また、シャインスパークで装甲を一撃で破壊できる他、装甲を破壊した後はスクリューアタックで一撃で倒せる。05IMからユニットの部屋前にスピードブースターを起動できる程の道があるため、試してみるのも一興である。
撃破することで、そのエリアに対応するE.M.M.I.を倒せるオメガキャノンを入手できる。

セントラルユニットについてだがアダムから何も追求がなく(軍事機密の可能性もある)、ただ単にE.M.M.I.撃破に必要なオメガキャノンのエネルギーの大元という扱い方をされている。管理しているにしても、セントラルユニットが壊れてもE.M.M.I.はまだ機能停止しないが、逆にE.M.M.I.が倒されるとセントラルユニットも機能停止する。
更には冒頭のE.M.M.I.の設計図にセントラルユニットに関する記載がない。ましてや、元々調査団は7体のE.M.M.I.のみで構成されているため、一体誰があの大掛かりなセントラルユニットを設置したのであろうか?
そのため、(01Pのものを除いた)セントラルユニットは銀河連邦軍の所有物ではなく、レイヴンビークがE.M.M.I.のコントロールを奪うために改修した施設である可能性がある。

なお、E.M.M.I.ゾーン内部の構造は、ビームゲートなどの一部の設備を除き、まるで白い空間に侵食されているという印象を受ける。
しかし、01PのE.M.M.I.ゾーンのみE.M.M.I.ゾーンゲートが存在せず(通常エリアとはビームゲートで隔たれている)、E.M.M.I.ゾーン特有の薄暗さはあるものの背景は普通であり、セントラルユニットの部屋もリンカやビーム砲のような防衛装置の形跡がなく、他のE.M.M.I.ゾーンとは毛色が異なる。
そうなると、少なくとも01Pのセントラルユニットは銀河連邦の所有物の可能性もあり、残りのセントラルユニットは所謂子機か、01Pのセントラルユニットのデータを元にクワイエットローブが開発したもののどちらかと思われる。

E.M.M.I.ゾーンゲートを通過できる者の関連性が鳥人族である事や、その性質からこれ以上侵食されないようにE.M.M.I.を閉じ込めているようにも見える。もし、E.M.M.I.ゾーンの白い空間がE.M.M.I.によるテラフォーミングだとすれば、レイヴンビークからすれば当初は自分の星を侵略しようとする兵器に見えたのかもしれない。

なお、劇中でアダムがE.M.M.I.ゾーンゲートの機能について解説しているが、(バグ技でシーケンスブレイクしない限り)その会話をする前にE.M.M.I.ゾーンゲートをくぐり、02SMがチェイスモードになってる間に出口のゲートが封鎖されているのが確認できるため、アダムほどの知能の持ち主ならばゲートの特性に気付いても不思議ではない。

撃破後

E.M.M.I.が撃破され残骸が消滅すると、視界が鮮明になり、E.M.M.I.ゾーン内にクリーチャーが出現するようになる。
これはXも例外ではなく、例え鳥人兵士に擬態したXであってもE.M.M.I.やセントラルユニットが機能を停止してからでないと侵入してこない。
またE.M.M.I.専用のダクトも開放され、サムスが利用できるようになる。敵もE.M.M.I.に比べれば即死の危険性がないため、安心して探索できる。

最速クリアの障壁

普通にクリアするだけならば、時間をかけて、何度も死んで覚えればいつかは突破する事ができるだろう。
しかし、熟練のメトロイドプレイヤーにとってはそうは行かない。お馴染み、最速クリアに彼らが立ちはだかる。
上述の通り、巡回ルートが一定しないばかりか、見つかれば振り切るまで出口が封鎖され、捕まればシビアな脱出チャンスと、厄介極まりない。最悪、進みたいルート近くをE.M.M.I.が彷徨いていて離れてくれないなんて事もある。

しかし、サーチモードなら出口が封鎖されない事を利用し、音を察知される事を承知の上で、音に引き寄せられたE.M.M.I.を振り切る勢いで、目的のルートを駆け抜けるという方法で、短時間でE.M.M.I.ゾーンの攻略も不可能ではない。
もちろん、ゾーン内の地形を熟知し、E.M.M.I.に見つかっても振り切れるルートも見つけている事が前提だが。
多少タイムロスになるが、ゾーンを出入りし直してE.M.M.I.の配置をリセットするという方法もある。

また、熟練プレイヤーからはE.M.M.I.に捕まった時の鬼畜脱出シーケンスはコツを掴めばそこそこ成功できるという声もある。
もっとも、それでもタイミングのランダム化もあってか確実性はないので、やはり極力捕まらない事が最善であるのは変わらない。

余談

今回、E.M.M.I.がサムスと敵対してしまった事は、銀河連邦軍にとっても不測の事だった事が明かされた。

しかし、Xの存在の真偽を確かめるにしては、DNAを採取する機能を取り付ける辺り、銀河連邦軍は未だにXの軍事利用を諦めていないと受け取られても仕方のない事である(サムスに支給したスターシップのように、銀河連邦軍には相手が擬態したXか否かを判別するスキャナー技術を持っている)。
とはいえ、本編でも言及・描写されている通りもし本当にXが惑星ZDRに蔓延していたのならば既に惑星中の生物がXとなっている可能性が高く、したがってこれを対処しようと考えたならば惑星ごと爆破してしまうのが最も安全確実な対処法である。裏を返せば誤って無関係の生物をXと誤認してしまった場合、無関係の星を爆破してしまう可能性もないとはいえない。そのような重大な決断をする以上、DNAを採取して精密にXを判別する必要は全くないとは言えないだろう。
また、あまりにもサムスに対してメタすぎる性能から、元々はフュージョンでSA-Xを捕獲するために用意されたものではないかと考察する声もある。これは見方を変えればE.M.M.I.が用意されたのは『フュージョン』の前後であり、『ドレッド』でE.M.M.I.が投入されたのはあくまで対Xに適切なロボットだったから流用したに過ぎないという可能性もある(SA-XはB.S.L.で生まれたため、ZDRに存在する可能性は低い)。
いずれにせよ、『フュージョン』、『Other M』の時のような明確な陰謀の描写が明らかにならない限りは未だに銀河連邦の陰謀が消えていないかどうかについては仮説・邪推の域を出ない事は留意しておこう。

メトロイドドレッド発売と同時に、本作のサムスと共に、E.M.M.I.(02SM)のamiiboが販売された。

E.M.M.I.が接近する時に発する無機質な電子音になんか思い出した人もいるだろう。メトロイドⅡでいつどこでメトロイドと遭遇するかわからないSR388の静寂な洞窟で度々聞こえた謎の音とそっくりなのである。プロデューサーの坂本賀勇氏曰く、音のモデルは幼い頃に聞いたヤマバトの声。「普段聞いても何ともないが、特殊な環境下なら怖いだろうな」とインスピレーションを受けたんだとか。

メトロイドフュージョンをプレイ済みの層からは導入部で触れられた「DNAを採取する」という性能から、全く懲りていない銀河連邦の意図やどうせ敵化する事は早々に勘付かれていた。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALでも「メトロイドドレッド」のイベントスピリッツとして登場。憑依先は「ファミリーコンピュータロボット」。ドレッドの無敵ぶりがあからさまに再現されているため、スマブラだからとナメてかかるとあっという間に痛い目に遭うぞ!

関連タグ

メトロイドドレッド みんなのトラウマ

SA-Xディガーノート:サムスを追い詰める追跡者達。中でも前者のコンセプトがかなり近い

シザーマン:「クロックタワー」シリーズに登場するキャラクター。主人公をどこまでも追跡し、人間を超越しており不死身で、画面内のアイテムや回避ポイントを使って完璧にやり過ごさない限り追われ続ける事になり、最悪の場合、殺されてゲームオーバーとなる。もしかしたらこれを思い出したプレイヤーもいるのでは?


ゼノモーフ:映画『ALIEN』に登場するクリーチャー。メトロイドドレッドの作風が『ALIEN』を連想させていることから宣伝映像を観た人は、ゲーム『エイリアン:アイソレーション』や上記の「クロックタワー」シリーズを掛け合わせたようなゲームだと思った人もいるのでは?

きゅうきょくキマイラ:「MOTHER3」に登場するE.M.M.I.と異なる点として、完全に撃退する手段が一切ない上に触れると問答無用で即死を食らう厄介な存在。その為遭遇を避ける必要がある繋がり。コイツに見つかると追い回されるのも共通している。

ベヒーモス:「ライブアライブ」のSF編に登場する恐怖のモンスター。宇宙船内という閉鎖空間を闊歩し、プレイヤーに襲いかかってくる厄介な敵。なんとSF編は戦闘という概念がボス戦(あと一部)しか無い為、通常は倒す手段が全く無く、逃げ回るしかない。勿論、触れたらアウト。

リッカーバイオハザードシリーズでお馴染みのクリーチャー。天井を這うわ、突き刺しするわで色々とE.M.M.I.と似通っている。

ガーディアンゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドに登場するロボット。元々対ガノン用兵器として作られたがそのガノンに乗っ取られて襲ってくる、まともな武器では歯が立たない装甲、(序盤においては)ほぼ即死の威力のビームで攻撃してくるなど、E.M.M.I.と通ずる点がいくつかある。最近の任天堂ロボはプレイヤーにトラウマを植え付けるのがお仕事なのだろうか…。

メタルギアソリッドシリーズ:敵兵の行動パターンがE.M.M.I.と同じく「通常(パトロール)」「警戒(侵入者探索)」「危険(侵入者排除)」の三パターンを持つ。状況次第ではE.M.M.I.よりもやりすごしたり排除しやすいが、こっちは複数の巡回体制が基本のため、厄介さは勝るとも劣らない。そして最高難易度クラスの特殊ミッションでは見つかっただけでゲームオーバー。もしかしたらこれを思い出したプレイヤーもいるのでは?

青鬼青鬼(フリーゲーム)の謎の存在。無論、コイツに捕まったらアウト。06WBが色からまるでそれっぽいのは気のせいだろうか…?

仮面ライダーアークワン仮面ライダーサウザンドアーク:外観や色合いがが非常によく似ており、作中でも桁外れの力を持つ。ただしこちらはである。

関連記事

親記事

メトロイドドレッド めとろいどどれっど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「E.M.M.I.」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 159755

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました