ピクシブ百科事典

E.M.M.I.

えみー

E.M.M.I.とは、メトロイドドレッドに登場するロボットである。

概要

2021年10月8日発売予定の『メトロイドドレッド』に登場するロボットである。『EXELION STAR CORPORATION』によって開発されたものであり、銀河連邦が所有している。
正式名称は『Extraplanetary.Multiform.Mobile.Identifier(惑星外多形態機動調査機)』。
銀河で最も硬質と言われる特殊素材で作られている他、両手両足が鉤爪状になっており、頭部には赤いコアがあり、モノアイの様に輝いている。二足歩行の他、四足歩行でどんな悪路でも素早く移動する。二足歩行時の全長はサムスより大きいことが確認できる。

元々は未知の生物を捕獲し、DNAを採取する事に特化したロボットである。
寄生生物Xの存在を仄めかす映像を送ってきた未踏の惑星『ZDR』を調査するべく、銀河連邦によって調査部隊として7体が送り込まれた。

しかし、ZDR到着後ほどなくして、原因不明のまま消息を断ってしまい、ZDRにやってきたサムス・アランを捕獲しようと襲いかかるようになっていた。ミイラ取りがミイラになるとはまさにこの事。

本作の題名にもある『DREAD(恐怖)』を象徴する敵であり、ステージ内に設けられた『E.M.M.I.ゾーン』と呼ばれる区域を巡回し、目から発するレーダーでターゲットを探す。
通常時は青いセンサーの『パトロールモード』でステージを徘徊しており、センサーの範囲内でサムスが発する音に反応して黄色いセンサーの『サーチモード』で、音がした場所に移動する。そして、サムスを視認すると赤いレーダーの『チェイスモード』となり、こちらを完全にロックオンし、四足歩行で床や壁、天井を走り、物凄い速さでどこまでも追跡する。捕まったら最後、鉤爪で拘束されて至近距離からレーザーを当てられてしまい、ほぼ確実に即死となる。
しかし、逆にパトロールモードの探知範囲内でも音を立てなければ見つからずに済み、見つかってもエイオンアビリティーによる光学迷彩『ファントムクローク』でやり過ごす事もできる。また、捕まってもコアが露出する一瞬の隙を攻撃することで脱出できるが、タイミングがシビアなので注意。

なお、E.M.M.I.は基本的にE.M.M.I.ゾーンにのみ徘徊しており、E.M.M.I.ゾーンへのゲートを通れるのはサムスのみである。しかし、E.M.M.I.に見つかって追いかけられている間は出入り口となるゲートが閉鎖されるため、E.M.M.I.の追跡を振り切らなければならない。
だが、E.M.M.I.ゾーンに侵入するとゾーンのマップとゲートの位置が登録されるため、開発チームより落ち着いて探索する事をオススメされている。

また、上述にもあるが銀河で最も硬質な特殊素材で作られているためサムスの通常武器では歯が立たず、PVでもミサイルですら傷1つ付かないほどの頑丈さを見せつけている。
しかし、対抗手段が無いわけではなく、E.M.M.I.ゾーンのどこかにある管理用のマザーコンピューター『セントラルユニット』からエネルギーを取り込む事で、特殊武器『オメガキャノン』を一時的に習得できる。ガトリングの如く連射するオメガストリームを頭部に当て続ける事で頭部のプロテクターを赤熱化させて破壊することができ、チャージして放つオメガブラスターをコアにぶつける事で撃破できる。
なお、オメガキャノンを構えている間は移動できない事と、オメガブラスターでE.M.M.I.を倒すとオメガキャノンが消滅するので注意。

ロボット故に感情の起伏や躊躇いがなく、捕獲対象に向かって一直線に追いかけ、無慈悲にトドメを刺していく。
味方側から一転、逆に最大の障害となってしまった彼らの警戒網を掻い潜りながら、サムスはミッションを進めなければならないのである。

また、劇中には7体のE.M.M.I.が登場する。
現在判明しているのはメタリックカラー、白、黄色、黄緑の4体(?)。中には、何かと交戦したのか、ボロボロな姿のものも登場している。
更に、登場するE.M.M.I.にはそれぞれ異なる能力を持っており、PVでは黄色いE.M.M.I.が超高速移動する様子が描かれている。

さらに、メトロイドドレッド発売と同時に本作のサムスと共に、白いE.M.M.I.のamiiboが販売される予定。

関連タグ

メトロイドドレッド

SA-Xディガーノート:サムスを追い詰める追跡者達

きゅうきょくキマイラ:「MOTHER3」に登場する絶対に倒せない上に触れると即死を食らう厄介な存在。その為遭遇を避ける必要がある繋がり。コイツに見つかると追い回される。

関連記事

親記事

メトロイドドレッド めとろいどどれっど

pixivに投稿された作品 pixivで「E.M.M.I.」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22701

コメント