ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

Macmini

まっくみに

Appleの小型デスクトップパソコン。Macintoshのラインアップの中で最も低価格な製品である。

概要編集

Apple社の小型デスクトップパソコン。現行Macintoshの中では最小かつ最も低価格な製品ラインで、初代モデルは5万円台、現在でもローエンドは8万円台をキープする。


ディスプレイをはじめキーボードマウスなどは別売りで、ユーザーが揃える必要がある(BYODKM;bring your own display, keyboard and mouse)。別の言い方をすると、(Windows向けに作られたものも含めて)好みのキーボードやディスプレイ、ポインティングデバイスを使い回せる。他のパソコンとキーボードやマウスを共有し、切り替えて使うユーザーもいる。


よく知られているように、Appleは自社製品の品質について厳しいこだわりのある会社である。オールインワンモデルであるiMacやポータブル製品(MacBook AirMacBook Pro)は、ディスプレイの色の再現性にしても、スピーカーの音質にしても、付属のキーボードやトラックパッドの使い勝手にしても、実にAppleらしい世界観が貫かれた仕上がりになっているが、Mac miniは「本体だけを用意したからあとはサードパーティ製品を選んで自由に組み合わせて」という、ある種Appleらしからぬコンセプトに基づいたパソコンである。もちろんApple純正のアクセサリを組み合わせてもよい。このように、低価格だからといって必ずしも入門機というわけではなく、どちらかというとコスパ重視のユーザーや、独自のこだわりのあるPCユーザーの取り込みを狙っている。現行のM2世代ではプロ向けに重いタスクもこなす上位のM2 Proモデルも用意している。


他社の同等製品に比べてコンパクトで消費電力が少ないことから、業務用途ではサーバーに使われることもあり、過去には純正のサーバー用モデルが販売されていたこともある。


各世代編集

macmini

2005年の1月に発売。発表時にはそのデザインと5万8590円という低価格が話題となった。本機のような弁当箱サイズの「ミニPC」は今でこそWindows機でも一般化しているが、当時としては画期的な存在であった。ボディこそ16.5cm角と小さいものの電源は外付けであり、これが結構かさばったが、当時の技術的制約からやむを得ないものであった。CPUは型落ちになりかけていたPower PC G4プロセッサ、低容量なノートパソコン用の2.5インチハードディスクなど、当時としても決して性能が高かったわけではなかったが、同価格帯のWindowsマシンではあまり例がないようなFireWire 400ポートや独立GPU(ATI Radeon)を搭載してフルHD出力に対応していたり、まだデスクトップパソコンでは搭載が一般化していなかった無線LANBluetoothを搭載したモデルがあったりと、随所に尖った仕様も見受けられた。


2006年にデザインはそのままに、Intel Coreプロセッサに切り替えた。この頃のアルミニウムとポリカーボネートを組み合わせたボディはユーザーによる内部拡張を前提とした設計にはなっておらず、メモリ増設やハードディスクドライブの換装は可能だが分解にコツが必要である。


2010年06月にアルミニウム削り出しの新ボディとなった。19.7cm角とサイズは大きくなったが厚みは3.6cmと薄く、アルミ製の弁当箱を思わせるデザインである。このボディは底面のフタを簡単に開けてメモリを交換・増設することができる。また電源を内蔵し、すっきりとした外見になった。新たにHDMI出力に対応、SDカードスロットを搭載した。


2011年の7月のMid 2011から光学ドライブが廃止(サーバモデルはそれ以前から光学ドライブ無しだったが)され、Thunderboltポートが搭載された。2014年10月のLate 2014では4Kモニターをサポートしたが、メモリが基板に直付けになり、購入後の増設ができなくなった。その後Mac miniは4年間モデルチェンジがないまま放置され、モデル廃止の噂が飛び交った。


2018年に4年ぶりに登場したMac mini(2018)は、色がそれまでのシルバーから黒っぽいスペースグレイに一新され、従来のUSB-Aに加えてUSB-C(Thunderbolt3)ポートを搭載。5Kモニターをサポートし、最大で3台まで外部ディスプレイを接続できる。また、(Spudgerと言われる工具を使って蓋をこじ開ける必要があるが)メモリが再びアップグレード可能となった。内蔵ストレージはハードディスク非対応になり、SSDが標準となった。SDカードスロットは廃止された。性能が大幅に引き上げられた代わりに、価格も8万9800円からと値上がりしたが、それでも最も安価なMacである。


2020年にAppleシリコンを搭載したM1モデルに移行。外部ポートなどはMac mini(2018)を踏襲するが、外部ディスプレイ接続が2台までに減っている。先代モデルと同様、底面のフタは比較的簡単にこじ開けることができるが、メモリ拡張やSSD換装など一切の内部拡張ができなくなったので意味がない。ボディカラーはシルバーに戻った。


2023年1月にApple M2及びApple M2 Proを搭載したモデルに移行。M2 Pro搭載機は同時に発売されたMacBook Proに匹敵する性能を誇り、8K出力と最大3台のマルチディスプレイに対応、4K240Hzの高リフレッシュレートのモニター駆動にも対応した。折からの円安でApple製品の価格も軒並み値上げされる中、M2 miniの価格は(わずかにだが)引き下げられ、8万4800円からとなった。それでいて同じくM2プロセッサを搭載するMacBook Airより性能は高く、miniのコスパが際立つ形となった。

関連記事

親記事

Macintosh まっきんとっしゅ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6273

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました