ピクシブ百科事典

PSO2クラス一覧

ぴーえすおーつーくらすいちらん

この記事では、ファンタシースターオンライン2に登場するクラスについて紹介する。
目次[非表示]

概要

ファンタシースターオンライン2では、PSOとは異なり一つのキャラクターで様々なクラスを自由に選択することが可能である。
クラスは以下の10種類が選択可能。EP2まではファイター、ガンナー、テクターは専用の解放手続きが必要だったがEP3でその手続きが撤廃され、チュートリアル終了後に好きなように変更できるようになった。
メインクラス以外のクラスを1つだけサブクラスとして設定でき、それによりさらに力を発揮する。
また、2018年にはLv85に達する事で解放されるスキルが基本職に追加され、より特色を出せるようになった。
以下、メインクラスごとの特徴とよく使われるメイン/サブの組み合わせについて大まかに解説する。
また、全職共通で銃剣(ガンスラッシュ)系を装備できる。

打撃職

ハンター(Hu)

PSO2 ヒューマー&ハニュエール

 

PSO2 ヒューキャスト&ヒューキャシール


クラス担当NPCオーザ
使用武器大剣(ソード)自在槍(ワイヤードランス)長槍(パルチザン)
ガードが使えるが攻撃動作が重い近接打撃武器を用いる打撃職。スキルは伸びしろ・汎用性共に侮れない。スキル次第では攻撃力を大きく安定して上げたり、はたまたちょっとやそっとでは死ななくなるようにできる。優秀なスキルから打撃職、射撃職のサブクラスとしても有用。Lv85解放の固有スキルによってヘイト集めと同時にエネミーに対して攻撃力低下のデバフがかけられるようになり、自身のみならず他者の生存率を上げられる様に。誰が呼んだか「迷ったらハンター」で、唯一の弱点はハンターをサブクラスにできないことと言われるほど。

組み合わせ

  • Hu/Fi:ファイター側のスタンススキルの関係上、エネミーとの位置関係に気を使う必要があるが(アップデートで緩和されたが)攻撃面での強化は最大。
  • Hu/Br:サブファイターと比べて威力倍率が劣るものの、無条件発動のアベレージスタンスのおかげで安定性はダントツ。通常攻撃を強化するスキルがあり、これを利用してソードの通常攻撃を強化するフォトンアーツ「サクリファイスバイト零式」と組み合わせるスタイルも存在する。


ファイター(Fi)

【PSO2】最近のキャストがカッコ良すぎて生きるのが辛い


クラス担当NPCオーザ
使用武器鋼拳(ナックル)双小剣(ツインダガー)両剣(ダブルセイバー)
攻撃特化の打撃職。手数に優れた軽量打撃武器を用いるため、一発はチープだがスピーディーなアクションを展開できる。HPを大幅に減らすことで爆発的に攻撃力を増すスキルも持つ。反面ただでさえ小さい射程が更に狭まった上、防御性能もガードができなくなった事で心細くなっているので敵の攻撃に曝されると命の危険は免れない高難易度クラス。ただし使いこなせば打撃系クラスでトップレベルの火力を発揮できる。リングで強化されたクラスの一つ。スタンススキルの関係上前後関係に気を使わなければスタンス自体が乗らなかったがアップデートにてブレイブ・ワイズ両スタンスともに逆側へのデメリットがなくなるどころかある程度のダメージボーナスが乗るようになった。

組み合わせ

  • Fi/Hu : 純粋な打撃威力の強化及び、そのままでは心細い生存性を大きく引き上げられる。現状、特殊な構成を除いてはこれ一択と言っていい。


射撃職

レンジャー(Ra)

PSO2 レイキャスト&レイキャシール

 

PSO2 レイマー&レイマール


クラス担当NPCリサ
使用武器長銃(アサルトライフル)大砲(ランチャー)
中~遠距離で威力を発揮する射撃武器と、敵の部位の防御力を弱化させる特殊弾「ウィークバレット(通称WB)」を用いる射撃職。弱点への射撃に重きをおいたスタイルが基本だが、ボス戦では脆弱化弾により味方の攻撃対象を指し示す司令塔的な側面を持つ。一部クエストではレンジャーが有能かどうかで体感難易度が大きく変化することもある。またトラップアイテムの使用も可能で、アップデートによってアイテムではなくスキル化したことで、使い勝手が増すとともに専売特許と化した。現在はランチャーの強化に繋がるリング「ランチャーノンウィークボーナス」が作成可能になった事で火力も出せるようになった。WBによって立ち回りが制限されがちだったが、通常攻撃の大幅強化によりキープロールシュートでPPを回復する手段も現実的なものとなっている。

組み合わせ

  • Ra/Hu : ハンターは打撃職だが、その攻撃スキルは射撃属性攻撃にも適用され、また隙の大きい高威力PAが多いことからこの組み合わせが主流。
  • ちなみに射撃職同士でクラス担当官もRa/Guであることからか、サブクラスにガンナーを設定している初心者をよく見かけるが、Gu側のスキルがメインRaの立ち回りと噛み合わないため推奨されない。


ガンナー(Gu)

レオ

 

【PSO2】フィルフシリーズ【キャスオ】


クラス担当NPCリサ
使用武器双機銃(ツインマシンガン)長銃(アサルトライフル)
近接戦も視野に入れた射撃職。持ち武器は射撃武器でありながら打撃技が多く射程も短い。その実は屈指の対単体アタッカー。慣れるまでは弾が届かず敵そっちのけで踊っているように見えてしまうとか。しかし一度射程や動きのクセをモノに出来れば、ツインマシンガンでガン=カタ宜しくスタイリッシュに攻め立てられる。また、スキル「チェイントリガー」によって隙を晒した敵に強烈な一撃を叩き込めるのも魅力。EP2で大幅に強化されたが、EP3でかなりの弱体化。ただし、その後の地道なバランス修正により、職に恥じない相応の強さとなった・・・が、EP4ではRaメタの影響をもろに受け、やや置いていかれている面も。EP5ではチェイントリガー単体の倍率を低下する代わりにリキャストを短縮しチェインフィニッシュをメイン専用にして強化。これにより他クラスでチェインしたほうが強かったという歪な状態が解消された。

組み合わせ

  • Gu/Ra : 自前でウィークバレットを用意でき、またRa側スキルの倍率が大きいため火力の強化は最大限。ただしGu側スキルの維持に気を使う上級者向け構成。
  • Gu/Hu : サブRaと比較した場合、最大火力及びWBと引き換えに高い安定性を得る。クエストによってはこちらの方が相性がいいため両方鍛えると良い。


法撃職

フォース(Fo)

ルピカ

 

【PSO2】ファウマシリーズ【キャス男】


クラス担当NPCマールー
使用武器長杖(ロッド)導具(タリス)
魔法的な科学技術「テクニック」を操る事ができる法撃職。スキルの関係上、炎/氷/雷属性のテクニックが得意であるが、風/光/闇属性のテクニックも問題なく使用できる。変幻自在な攻撃に加え貴重なノーコスト回復も出来るが打たれ弱く即死しやすいため、近接戦闘は苦手としている。法撃を使用可能な職が増えた現在においても、武器性能やスキル「法撃ハイアップ」「フォトンフレア」の関係でその法撃威力は他法撃職と比べても一線を画している。2つの属性を併せ持つ強力な「複合テクニック」も使用可能。EP5以降複合テクにリキャストタイムが設けられ、これまで採用率の低かった各テクニックが大きく強化された。これにより雑魚相手には「弱点属性を合わせるよりチャージ短縮できる炎テクニックでゴリ押したほうが強い」という状態からやや脱却した。

組み合わせ

  • Fo/Te : 純粋な法撃力特化で、最大のテクニック威力を得る。現状、基本的にはこの組み合わせが選択される。
  • Fo/Fi : ファイター側スタンススキルの倍率が高く、法撃に適用されるため選択されることのある組み合わせ。
  • Fo/Br : Brのウィークスタンスは弱点属性テクニックであれば適用されるため選択されることがある。
  • EP5でチェイントリガー単体威力低下・フィニッシュのメイン専用化でFo/Guチェインイルバは弱体化。


テクター(Te)

クラス担当NPCマールー
使用武器短杖(ウォンド)導具(タリス)

打撃もこなせる法撃職。スキルの関係上、風/光/闇属性および回復・補助系のテクニックが得意。ある程度の近接攻撃力を併せ持つ法撃武器を主武装としており、これの扱いに特化したスキルも存在するため、その気になれば前衛に徹することもできる。フォースと比べ打撃防御が有利だが、HPは同等。つまり死にやすい。補助テクニックの効果範囲を増大させるスキルなどもあり、補助役としての適性も高い。…一つ「リバーサーフィールド(範囲内の味方を蘇生、一度使用すると再使用可能までに最大600秒)」と言う死にスキルがあるが。複合テクニック使用可。サブクラスによって立ち回りがガラリと変わる。

組み合わせ

  • Te/Hu、Te/Fi、Te/Br : 雷属性テク「ゾンディール」で敵を集め、ウォンドの法撃爆発を多重発生させて薙ぎ倒す。その戦い方から「殴りテクター」と呼称される。原人、蛮族と呼ばれることも・・・。2018年にはウォンドに移動も火力も出せるPAが追加され、物理攻撃色が更に強くなった。
  • Te/Fo : Fo/Teと似た運用になるが、Teメインのみの場合に適用される「シフタストライク」「デバンドタフネス」が反映されサポート色が強くなる。
  • Te/Ra : アサルトライフルでWBを貼りつつ支援テクニックを行う完全支援特化。その代わり自身の火力はないに等しく、どちらかのクラスが被ると劣化職でしかなくなるため固定向き。
  • Te/Bo : ジェットブーツを用いて素早い支援を展開できる。デバンド効果中PPの回収率を上げられるスキルがバウンサーに存在しておりまた当然打撃力もあるので、積極的に殴り(蹴り)に行ける。
  • EP5での調整により、ザンバースにスキル・潜在が適用されなくなった。このため風マスタリ―特化やTe/Suは弱体化。


複合職

ブレイバー(Br)

【PSO2】デューマン【カタナ】


クラス担当NPCアザナミ
使用武器抜剣(カタナ)強弓(バレットボウ)
打撃武器と射撃武器の両方を持つEP2初出の複合職。近~中距離にはカタナを、カタナでは接近が間に合わない場合にバレットボウを使い分けることで真価を発揮する。カタナを使う場合、カタナコンバットの蓄積ダメージとジャストガードによる蓄積したギアの点火が、バレットボウを使う場合パニッシュアロウの蓄積ダメージが火力のキモとなる。チャージがらみなど他クラス武器とは異なる独特なアクションが多いので、他クラスの感覚を共有できないという難点もある。EP5ではバニッシュアロウが大幅に弱体化し、基本は前述の通りカタナでは届かない距離以外だと使いにくくなった。Lv85でギア開放中にバレットボウに持ち変えてもカタナギアは維持&バレットボウにクリティカルボーナスがつくようになった。

組み合わせ

  • Br/Hu : 基本形にして鉄板と言ってよい。オートメイトハーフラインにより生存力が大幅に向上。
  • Br/Ra : バレットボウ特化構成。EP4まではバニッシュアロウのコンボを何回決めるかが肝であったが、EP5でバニッシュありきの戦闘スタイルからの脱却が図られている。EP5当初はバニッシュの弱体化に他PAが釣り合わず死に武器と化していたが、さらなるアップデートで他PAをより強化。しかしまだ完全に復権したとは言い難く、今後の調整が待たれる。


バウンサー(Bo)

PSO2 EP3始動!


クラス担当NPCカトリサガ
使用武器飛翔剣(デュアルブレード)魔装脚(ジェットブーツ)
打撃武器と法撃武器の両方を持つEP3初出の複合職。テクニック系の多彩さと打撃系の火力を有しており、難易度は高いが使いこなすと面白いクラス。打撃職として見た場合、幻影刃による遠距離攻撃が可能な近接武器デュアルブレードによる高火力のラッシュが強みとなり、本来法撃値参照武器であるジェットブーツもスイッチスキルで打撃値参照武器として使用することもできる。ただし範囲攻撃PAには乏しいので雑魚散らしは苦手気味。法撃職として見た場合、ジェットブーツによる法撃力依存の打撃属性攻撃、テクニックによる遠距離攻撃や自己補助はもちろん、一部PAの派生行動で補助テクニックが自動発動するため、攻撃と補助を同時にこなすことなどもできる。二段ジャンプによる縦方向への機動力の高さも強み。ただしその分だけ防御性能が低め。また、ほかの法撃職と比べると息が続きにくい。尚、複合テクニックは使用不可。

組み合わせ

  • Bo/Hu : 武器両立がほとんどであり、またスキルの関係からもこの構成がほとんど。テクニックはブーツのギア貯めにしか使われない。
  • EP5以降ザンバースにスキル・潜在が一切適用されなくなったため、Bo/Teニレンオロチは意味がなくなった。その一方で他クラスにも「ネクストジャンプ(クラスLv40で解放)」で二段ジャンプが追加されても、通常攻撃やPAをキャンセルしてほぼ無限に多段ジャンプが可能なのは、メインクラスがバウンサーの時のジェットブーツのみとなっている。



特殊職

サモナー

サモナーニキ


クラス担当NPCピエトロ
使用武器奏具(タクト)
プレイヤーが育成した「ペット」と共に戦うクラスで、専用武器「タクト」を用いてペットに指示を与え、敵を倒していく。プレイヤーだけでなくペットも成長させる事が強さの鍵となる。ペットは現在12種類存在し、オールマイティな「ワンダ」、ボスに有効な「トリム」、支援を得意とする「サリィ」が登場。後にPAでスタイルチェンジできる「ヴィオラ」、爆発で体力と引き換えに大ダメージを無差別に与える「メロン」「マロン」、ファイターのように異なるPAを繋ぐ事で特定のPAが強化される「シンクロウ」、サリィとはまた違った遠距離攻撃特化型のドラゴン「レドラン」が追加。他にワンダ・トリム・サリィの上位種である「ジンガ」「エアロ」「ポップル」、唯一の範囲回復持ちで大器晩成型の「ラッピー」が存在。
  • ペットの入手方法は、クエストで入手したエッグから誕生させる事。「ペットラボ」でペットにエッグを合成させてレアリティ進化させたり、キャンディーを組み合わせて能力をアップさせる事が出来る。特殊な法撃職でもある為、テクニックの使用は可能。ただし複合テクニックは使用不可(鈴来アイカのみ例外)、ジャストアタックもペットでは出来ない。サブクラスにも設定できるがスキルの大半がメイン専用であり、通常の店売りタクトでは他クラスは装備できない為能力の底上げにしかならない(複数クラス装備可能タクトを装備する事でペットの使役は可能、「HPハイアップ」「全攻撃ハイアップ」「全防御・技量ハイアップ」はスキルツリー下層部にある)。PSO2esでは未実装のクラスだが連動する事で「チップ合成」で各ペットの育成がしやすくなる他、「連動経験値」でペットの飼い主も育成が出来る様になっている。ちなみに各種ペットは奏者のフォトンが具現化したものだとか。
  • タクトは店売りの旧式でもクラフト不可能な武器種で他クラスの追加が不可能であり、現在全クラス装備可能のタクトは★10「ローズスキュア」のみ。
  • 一見お手軽に強いクラスに思えるが、現実は他クラス以上にレアリティに依存したクラス。ペットのレアリティが低いと成長限界が早く訪れてしまい、十分な火力が出せない。高レアリティのペットを育て限界突破した後は、成長の為にペットの卵をかき集める必要がある。当然、レアリティの高い卵がわずかに成長させやすい。
  • 武器パレット6つすべてをマロンで埋め、マロンを被弾させることで高い威力を発揮するPA「マロンストライク」を連続で使用する、通称「マロナー」「マロンリボルバー」というスタイルがある。

組み合わせ

  • Su/Fi : ペットと敵の位置関係に気を使うが、高い攻撃力を得られる。
  • Su/Br : 安定性重視ならこちら。
  • Su/Bo : 属性を合わせることができれば強力だが、手間がかかるので多くのボスが弱点とする光属性に絞って運用されることが殆ど。
  • EP5でマロン2段階膨張でのストライク威力が低下、最大膨張までの必要ヒット数が9回に増加。ゼータ・グランゾのマシンガンなど弾幕の厚い相手以外ではリボルバーしにくくなった。またSu/Guチェインマロンもチェインフィニッシュがメイン専用となり、チェイントリガー単体の倍率も低下したため弱体化した。その一方でメロンの取り回しがしやすくなっており、「痛し痒し」といった調整に。


上級職

ヒーロー

【PSO2】ヴォーダムシリーズ【キャス男】


クラス担当NPCストラトス
使用武器大剣(ソード)双機銃(ツインマシンガン)導具(タリス)
打撃・射撃・法撃の3つを兼ね備えたエキスパートクラス。他クラスと異なりサブクラスを付けたりヒーロー自体をサブクラスとして付けることが出来ない。使用可能武器はソード、ツインマシンガン、タリスの3種類だが、既存職のそれとは挙動が全く異なっており、ソードは派生を駆使してヒロイックコンボを決め、気弾を発射できる。ツインマシンガンは通常攻撃でもPPを消費するようになるがリロードでPPを高速回復させる事ができ、タリスは投げたタリスをワープ装置に変えたり、手裏剣の如く投げつけてDoTを付与するというものになっている。なお、ヒーローの習得条件は打撃(Hu/Fi/Bo)・射撃(Ra/Gu/Br)・法撃職(Fo/Te/Su)の分類の中から各1つ以上のクラスレベルを75にする事で手に入る称号を揃えた上でコフィーのクライアントオーダーを達成する必要がある(例:Hu/Ra/Foのレベルを75にする)。キャラクターをまたいでもOK。また、レベル上限は独自設定され、その都度クライアントオーダーを完了してレベルキャップを解放する必要がある。PSO2esでは未実装のクラスだが連動する事で獲得した経験値をクラス育成に回せる。
  • 攻撃し続けることによりギアゲージが溜まり、ギアMAXで「ヒーロータイム」を発動することができるようになる。ギア消滅までに再使用することで強力な「ヒーロータイムフィニッシュ」を発動できる。ただしずっと同じアクションを続けていると上昇量にマイナス補正がかかるのでこまめに立ち回りを切り替える必要がある。溜まりやすさはタリス>ソード>ツインマシンガンの順。
  • 火力を出す条件がせいぜい被弾しないこと(しかもGuよりも緩い)くらいであり、低コストの高速移動・アタックアドバンス込みの既存クラスよりはるかに強い通常攻撃・素直な挙動のPA・オービットすら凌駕するPP回復速度・PP回復と高DPS、おまけにチャージすればガードと高威力がついてくる気弾、とあまりにも素直すぎる性能であり、実装当初は既存の「通常クラス」の存在意義がテクターとレンジャー以外ほぼ食われており、マルチパーティの12人が全員ヒーローということもザラに見られたが、アップデートにて当初の予定を大幅に早めて通常クラスを強化。ある程度復権している。
  • 対多数を得意とするクラスコンセプトでありフルチャージ気弾やヒーロータイムフィニッシュくらいしか高い瞬間火力を持たず、対レイドボスに限ってはチェイントリガー/リミットブレイクをフル活用したGuやFiには時間当たりの与ダメージでは及ばない(弓Brも弱体されていなければこちらに入っていた可能性が高い)。Hr(特にツインマシンガン)は短時間でヒット数を稼げる攻撃が複数あるためPTメンバーの攻撃もカウントするチェイントリガーにとっては格好の相棒。メンバーに一人でもHrがいれぱあっという間に100chainに到達する。
  • ステップからのカウンターで火力を出してギアゲージを貯める都合上、カウンターの無敵発生が間に合わないあまりに厚い弾幕や見た目単独でも時間差で複数発生する攻撃判定は弱点といえる(一部PAなどで回避は可能だが)。今後Hrに不利なクエストの実装予定があるとのコメントがあり、カウンターしにくい仕様になることが予想される。

新クラス

ファントム

ファントム


クラス担当NPC???
使用武器抜剣(カタナ)長銃(アサルトライフル)長杖(ロッド)
2019年春から実装される予定の新クラス。
能力については不明だが、武器はロッドとカタナ、アサルトライフルの3種類が確認されている。

その他

チャレンジャー

チャレンジクエスト限定のクラス。特徴としてあらゆるクラスの武器やPA、テクニックが使えるようになるが、チャレンジクエストの仕様上、クエスト開始時にはレベル1の非武装状態で戦わなければならないため、通常のクエスト感覚でプレーすると苦戦を強いられる。またチャレンジクエストで獲得した経験値や武装はクエスト終了時にリセットされる。

バトルウォーリアー

2017年3月に追加されたPvP要素であるバトルアリーナ限定のクラス。クラス概要はチャレンジャーに似ているが、各武器に設定されているPAを即時使用可能。また使用している武器種によりHP上限が大きく変化する。ロビーではLv1、対戦中はLv30に固定される。

余談

なお、世界観上ではこのクラスの変更が行えるのは「プレイヤー達の第三世代」のアークスのみとされているが、何らかの事情で無理やりクラスを変更している、或いは一度クラスを変更したことがあるNPCも何人かいる。

関連タグ

ファンタシースターオンライン2 PSO2 アークス

pixivに投稿された作品 pixivで「PSO2クラス一覧」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9360

コメント