ピクシブ百科事典

megaman_III(DOS)

めがまんすりーどす

Mega Man III(DOS)とは1992年にHi-Tech Expression/CAPCOM USAの共同パブリッシングの下、海外でのみ発売されたコンピュータゲームである。
目次[非表示]

概要

ロックマンシリーズおよびmegamanシリーズの隠れ作品の続編である。こちらも海外でのみ発売されていたため日本での知名度はかなり低い。何故IIではなくIIIなのかコレガワカラナイ。

登場人物

ロックマン

水中面で泳ぐことが出来る。これは後にロックマン8で使われた要素である。

アルバート・W・ワイリー

黒幕。

ボス

6ボスは全てロックマン2またはロックマン3のボスからそのまま持って来ている事が多く(完全使い回しではない)2人を除いて後の公式作品で名前がそのまま使われているが一切関係ない。

トーチマン
火炎放射器を装備している。マグネットマンから流用。後にロックマン11同姓同名のボスが出ることになる。

ビットマン
電磁波装置を装備している。ハードマンの顔とクラッシュマンの胴体から流用。海外ファンメイドによるリメイク版ではワイリー博士の脱獄に協力したことから認められたのかどうかは不明だが分身能力を使う。

ブレードマン
腕からナイフを投げる。メタルマンから流用。ブレイドマンとは人違い。

オイルマン
腕からオイルを発射する。フラッシュマンから流用。後にロックマンロックマン同姓同名のボスが出ることになる。

シャークマン
サメの牙(?)を発射する。スネークマンから流用。後にロックマンエグゼ同姓同名のネットナビが居るがこちらは世界線も違うため1000%関係ない。

ウェーブマン
胸からミサイルを撃ち込む。言わなくても分かるがエアーマンがモチーフ。この前年同姓同名のボスが登場することに。海外ファンメイドによるリメイク版では何故か隠しボス扱いとされておりボスラッシュにも出てこない。どうして

CRORQ
二本足で部屋を動き回るパソコンのモニターの顔をしたロボット。前作と違い自動操作となる。

関連タグ

megaman
ロックマン
megaman(DOS);前作

関連記事

親記事

ロックマンシリーズ ろっくまんしりーず

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました