ピクシブ百科事典

ひょうたん

ひょうたん

瓜科の植物。またはそれを加工した容器。
目次[非表示]

植物

 スミレウリユウガオ属の植物アフリカ原産の植物で、世界最古の栽培植物と言われている。
 ただしひょうたんのは強い苦みがありとてつもなく不味く、食したら確実に腹を下す
ふくべ、ひさごとも呼ばれる。
 後述するようにひょうたんは果肉とを取り除き、中をくりぬいて容器にするのに用いられる。
なおかんぴょうなどに加工されるユウガオは、ひょうたんとは同一種であり、有毒な苦み成分が少なく、くびれがないものが選別されたものである。

加工

ひょうたんセット
我愛羅


 ひょうたんの実は種によって大きさが異なり、最大のものになると身の丈ほどにもなる。
 これを切り取って乾燥させると、皮に微細なが開いているため、ひょうたんに貯蔵すればなどを外気温より低い温度で保存することが出来る。
 ひょうたんを収穫するとまずてっぺんを切り落とし、中にを突き刺して種や肉を穿り返す。
 全部取り出すのは難しいので、後は上から重石を載せてに漬けこみ、中の肉を腐らせる。それからしばらく放置し内部が腐敗したら、表皮を全て剥がし、中の肉を掻き出して皮だけにしてしまう。そして中を水や濃度の高いアルコールなどで洗浄し、表にコーティングをすれば容器としての瓢箪が完成する。

関連項目

工芸植物  
我愛羅 鯰尾ふくら ヒョウタ
伏犠女媧…幼少時、ひょうたんの中に隠されて洪水を免れたという伝説がある。
豊臣秀吉…旗印にひょうたんを用いた。
西遊記金角銀角が持つ魔法のひょうたんが孫悟空を苦しめた。
コテカ…熱帯圏で見られるペニスケース。

pixivに投稿された作品 pixivで「ひょうたん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47376

コメント