ピクシブ百科事典

アカマンボウ

あかまんぼう

アカマンボウ目アカマンボウ科に属する深海魚。
目次[非表示]

概要

全長2m、体重270kgほどにもなる大型魚。

左右から押しつぶされたように平たい円盤形の外見がマンボウに似ていて「~マンボウ」という名前だが、分類上はまったく別の魚。(マンボウはフグ目)
…にもかかわらず別名も「マンボウ」。
英名はマンボウと同じ「サンフィッシュ」だが「ムーンフィッシュ」とも呼ばれる。

マンボウと違って尾びれをもち、胸びれが垂直ではなく水平に長く発達している。

リュウグウノツカイはこれの仲間。稚魚の時は細長い体系でリュウグウノツカイの稚魚に似ているが、背びれと腹びれが長く伸びないので区別される。やがて体が円盤状になり、成魚の姿へと変わってゆく。

生態

世界中の熱帯・温帯の海に広く分布し、外洋域の水深500 mまでの表層・中層に生息する。ただし人目に触れない環境に生息しているため、生態についてはほとんどが不明である。

マグロなどと同様に、胸びれと尾びれを使って泳ぎながら生活していると考えられている。肉食性で、クラゲイカオキアミ、小魚などを捕食する。天敵はアオザメホホジロザメといった外洋性の大型のサメ

2015年5月、アメリカの海洋大気庁の研究チームにより、アカマンボウには魚類で唯一、血液の温度を保つ機能があることが確認された。つまり哺乳類や鳥類と同じ恒温動物
アカマンボウには、心臓とえらの間に特殊な血管の絶縁網があり、心臓から送られた温かい血液が、えらが取り込んだ海水によって冷やされた血液を温めなおす体の作りをしている。これにより、アカマンボウは周辺の海水よりも5度ほど高い体温を保つことができるようになっており、深海でも活発な活動が可能とされる。これは哺乳類や鳥類とほぼ同じ体温維持の方法である。

利用

需要が低く、またその特異な体型から運搬、調理の際に一般的な規格(発泡スチロールやまな板の大きさなど)が通用しないため、専門に漁獲されることはないが、延縄などでマグロに混じって漁獲される。
切り身は主に旬の春先にしか出回らないので、スーパーマーケットなど量販店ではなかなかお目にかかれない。

身の色は淡く綺麗なオレンジ色で、かつ肉は繊維質の赤身であり、刺身燻製などで食べられる。その身はマグロの身のような色で食味も似ている為、日本でも2008年頃からはマグロの代用魚として切り身や、ネギトロの増量の為に配合するなど、寿司ネタなどに利用されるようになったと言われる。
実際に食べてみた人の話では「あくまで部分的には…」とのことで、大半は食感が別物らしい。
一般流通品は脂の乗った腹側ではなく淡白な背側の肉が多くを占めるため、生食よりも加熱調理用としての方が適している。例としてメカジキを使用するレシピがそのまま活かせる。

味がよく、食用にされ、ハワイ沖縄などでは珍重されている。

関連タグ

深海魚
マンダイ:商品名

外部リンク

アカマンボウ - Wikipedia
アカマンボウ (マンダイ) | 市場魚貝類図鑑

pixivに投稿された作品 pixivで「アカマンボウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 441

コメント