ピクシブ百科事典

エディアカラ生物群

えでぃあからせいぶつぐん

先カンブリア時代のエディアカラ紀に生息していた生物群
目次[非表示]

エディアカラ生物群とは

先カンブリア時代のエディアカラ紀(約6億3500万年前~約5億4100万年前)に生息していた生物群 現生の生物と類縁関係はないと考えられている。
名前の由来は最初にこの生物達の化石が見つかった南オーストラリア州 アデレードの北方にあるエディアカラ丘陵に因んだ名前である。
発見者は当時、南オーストラリア州政府の地質調査官補であったレギナルド・スプリッグである。
スプリッグがエディアカラ丘陵付近の古い地層を調べていた際に多細胞生物とみられる印象化石が見つかったのが、この化石群である。
発見当初は、カンブリア紀の生物の化石だと考えられた。
ちなみにエディアカラ生物群の誕生はアヴァロンの爆発と言われている。
尚、ここまでエディアカラ生物は多細胞生物だったと紹介してきたが、近年になって"実は単細胞生物だったのでは"と指摘され始めている。更に、従来は海の中で生活していたと考えられていたが"実は陸生だったのでは"という指摘も出てきた

世界の主な産出地

現在、エディアカラ生物群の化石は南極大陸を除く全大陸で発見されている。
世界の主な産出地は以下の通りである
オーストラリア エディアカラ丘陵
カナダ ニューファンドランドアヴァロン半島
ナミビア
ロシア 白海付近、オネガ半島
ウクライナ グリーンバレー

代表的なエディアカラ生物達

ディッキンソニア(Dickinsonia)
カルニオディスクス(Charniodiscus)
トリブラディキウム(Tribrachidium)
カルニア(Charnia)
ブラッドガディア(Bradgatia)
プテリディニウム(Pteridinium)
キンベレラ(Kimberella)
パルヴァンコリナ(Parvancorina)
ネミアナ(Nemiana)
エルニエッタ(Ernietta)
エオポーピタ(Eoporpita)
ヨルギア(Yorgia)
スプリッギナ(Spriggina)

関連タグ

エディアカラ紀 先カンブリア時代 古生物

pixivに投稿された作品 pixivで「エディアカラ生物群」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2012

コメント