ピクシブ百科事典

エディアカラ生物群

えでぃあからせいぶつぐん

先カンブリア時代のエディアカラ紀に生息していた生物群。
目次[非表示]

概要

先カンブリア時代のエディアカラ紀(約6億3500万年前~約5億4100万年前)に生息していた生物群。名前の由来は最初にこの生物達の化石が見つかった南オーストラリア州 アデレードの北方にあるエディアカラ丘陵に因んだ名前である。発見当初は、カンブリア紀の生物の化石だと考えられた。

発見者は当時、南オーストラリア州政府の地質調査官補であったレギナルド・スプリッグである。
スプリッグがエディアカラ丘陵付近の古い地層を調べていた際に多細胞生物とみられる印象化石が見つかったのが、この化石群である。

エディアカラ紀以前の時期にはこれほど多細胞的な大型生物化石が欠如していて、これらの生物群が化石記録から突如に出現した現象はアバロン爆発と呼ばれている。

特徴

多くのエディアカラ生物は、植物刺胞動物のようなシンプルで規則的な姿を持っている。しかし、その構造は明らかに植物ではなく、動物としてのアイデンティティも著しく欠如している。その中で、カルニアランゲアなど植物のような一層ずつ繰り返した構造を持ったものは、「ランゲオモルフ」(Rangeomorph)というグループとしてまとめられる。これらの生物は、底部にある一本の柄で海底に固着し、葉状の本体部で水中の養分を濾過摂食するものだと思われる。

ディッキンソニアスプリッギナなどは、節足動物環形動物に連想する体節があるように見える。特にスプリッギナ三葉虫の先祖と見なされることもあった。しかし、その体の左右の会合線に注目すると、実は1本ずつ左右交互に繰り返したパーツから出来たものだと解明されている。このような体の仕組みは左右対称でないどころか、動物なのかどうかですら疑問を呈する(化石に含まれるコレステロールがこれが動物であることを示してはいる)。ところが最近になってこれらの想像される体の動きから、平板動物センモウヒラムシという現生する最も単純な組織構造を持った動物に近いのではないかという学説が出された。

一方、トリブラディキウムなどは、現存する動物門に見当たらない三放射の体の仕組みを持っていて、原始的な動物と見なし、「三裂動物」というグループとしてまとめられ、または別の生物の器官、などの説もある。

しかし、僅かであるものの、動物として見なすことができる種類も存在する。例えば近年に発見されたHaootia(和名未定)は、既知最古の筋肉組織を持っていて、刺胞動物である可能性も高い。キンベレラは左右相称で、活動の痕跡も化石に残されており、原始的な軟体動物である可能性も指摘される。現存する最も原始的な動物と見なされる海綿も、この時期から出現し始めた。

類縁関係

殆どのものは現生の生物どころか、その先のカンブリア紀との生物の関係性ですら不明である。非常に原始的な動物や、エディアカラ紀のみに存在する全く別の生物群などの説がある。また、エディアカラ生物は全般的に海生の多細胞生物として考えられたが、一部の種類に対する解釈は、地衣類藻類真菌単細胞生物の群落・陸生のものなど、様々な仮説が存在する。

世界の主な産出地

現在、エディアカラ生物群の化石は南極大陸を除く全大陸で発見されている。
これら産出地はすべて古代のロディアナ超大陸が分裂した境目であり、大陸の分裂が多細胞生物の進化を促したと考えられている。
世界の主な産出地は以下の通りである。
オーストラリア エディアカラ丘陵
カナダ ニューファンドランドアバロン半島
ナミビア
ロシア 白海付近、オネガ半島
ウクライナ グリーンバレー

代表的なエディアカラ生物達

ディッキンソニアDickinsonia
カルニオディスクスCharniodiscus
トリブラディキウムTribrachidium
カルニアCharnia
ブラッドガディアBradgatia
プテリディニウムPteridinium
キンベレラKimberella
パルヴァンコリナParvancorina
ネミアナNemiana
エルニエッタErnietta
エオポーピタEoporpita
ヨルギア(Yorgia
スプリッギナSpriggina
ランゲアRangea
(和名未定)(Haootia

関連タグ

エディアカラ紀 先カンブリア時代 古生物

pixivに投稿された作品 pixivで「エディアカラ生物群」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4250

コメント