ピクシブ百科事典

カミキリ怪人

かみきりかいじん

カミキリ怪人とは、仮面ライダーBLACKに登場するカミキリムシ型ゴルゴム怪人の名称である。

概要

仮面ライダーBLACK』第11話「餓えた怪人たち」で先行登場し、続く第12話「超マシン伝説誕生」で速攻で冷凍睡眠から目覚めさせられたカミキリムシ怪人


三神官の命によりコウモリ怪人と共同で大門博士の遺児から、かつてゴルゴムが博士を騙して制作させた文明破壊兵器ロードセクター”を奪還する使命を帯びており、コウモリ怪人と共に博士の遺児である明と輝一、そしてたまたま2人と知り合った南光太郎=仮面ライダーBLACKを襲撃する。

の部分にあるは太い電線を簡単に切断できる程に強靭で、巨をも容易く両断できる程の切断力がある脱着式の長い触角のように使用して敵に襲いかかる。

の脱着式の触覚が生えていた部分が弱点で、最後は“マルチアイ”で弱点を見抜いたBLACKに弱点部分に『ライダーキック』を叩き込まれて絶命した。

関連項目

ゴルゴム怪人 ゴルゴム カミキリムシ 仮面ライダーBLACK

コメント