ピクシブ百科事典

クッサクバンキ

くっさくばんき

炎神戦隊ゴーオンジャーの漫画に登場する害地目の蛮機獣。

概要

『テレまんがヒーローズ』掲載の漫画に登場した害地目蛮機獣

両腕に装備した掘削ドリルを高速で回転させることによって(本人曰はく)全てを削り取る竜巻を発生させ攻撃する『スイスターブラスト』という名の必殺技を持つ。

ガイアーク族の遊園地“キタネィダンド”の建設の為にとある山を削りまくって更地にしてしまおうと目論み活動していたが、偶然にも野戦キャンプのために居合わせたゴーオンジャーたちと遭遇してしまい、キタネィダンドのオープン記念クイズと称してクイズを出題し、「時間切れ(斬れ)」と称して5人に攻撃を仕掛けていたが、ブラックが用意しておいた特訓用の仕掛けに次々に掛かってしまい怯んだ所をレッドの『サーベルストレート』と5人の『スーパーハイウェイバスター』を受け敗北。

その直後に“ビックリウムエナジー”によって産業革命を起こして巨大化。6体の炎神の攻撃に耐え切る程の防御力を見せ付け『ツイスタークラッシュ』でエンジンオーG6を攻撃するが、最後は『G6グランプリ』を受け「正義のロード特定財源一般化…はんた~い…」との辞世の句を残して爆死した。

関連タグ

蛮機獣 炎神戦隊ゴーオンジャー

関連記事

親記事

蛮機獣 ばんきじゅう

兄弟記事

コメント