ピクシブ百科事典

クラゲ奇械人

くらげきっかいじん

クラゲ奇械人とは、仮面ライダーストロンガーに登場するクラゲ型改造液体人間の名称である。

「何も怖がることはない」
CV/市川治
概要
仮面ライダーストロンガー』第6話「先生に化けたクラゲ奇械人!」に登場。
奇械人の素材にする為に日本中から優秀なを持った子供たちを拉致する使命を帯びたクラゲの能力を持つ改造液体人間で、自身のを液化する能力を使って神出鬼没に学校へと侵入し、(基準がアレだが)テストで100点満点を取った子供を中心に狙いを定め暗躍する。
鳴き声は「ビョビョビョ」

やや紳士的な性格の持ち主で、上記にある様に自身の体をい液体に変化させ、狭い隙間や水道管の中を自在に移動できる。から麻酔を噴き出し、右手触手で相手を絡め取って攻撃する。また、瞬間移動能力も持つ。

奇械人共通の“人間に憑依する”能力も持つが、改造液体人間故に憑依された人間は体表が濡れているという特徴がある為、一部の人間には不審がられたり、正体が発覚してしまう恐れがある。また、移動する際には体液がそこら中についている為、簡単に後を付けられる危険性もある。

クラゲのの下には不気味な白い覆面状のが隠されており、例えクラゲの頭を失っても液体改造人間としても活動が可能。

劇中ではとある小学校に侵入し小学校教師の松本義江に憑依。そしてテストで満点を取った堀文夫少年に目を付け彼を付け狙うが偶然堀文少年に出会った城茂=仮面ライダーストロンガー岬ユリ子=電波人間タックルに正体がばれてしまった為、急いで彼を攫って逃走。追い掛けてきたタックルは難なく撃退するがストロンガーには歯が立たず、堀文を取り返され『電チョップ』を受けた為、一時撤退する。

その後も堀文を狙って今度は彼の母親に憑依し、茂たちを出し抜いて堀文を拉致することに成功。再び自身を追いかけて来たタックルと再戦するが茂が現れる。形勢不利と判断し逃走するが、自身の体液を辿ってアジトを突き止めたストロンガーとタックルによって堀文を始めとする今まで拉致してきた少年少女たちを救出されてしまう。

追い詰められアジトから出るとストロンガーに最後の決戦を挑むが『電キック』でクラゲの頭を吹き飛ばされてしまい、最後はに投げ込まれた所へ『電気ストリーム』を受け感電死し爆散した。

関連項目

奇械人 ブラックサタン(仮面ライダーストロンガー) クラゲ 仮面ライダーストロンガー

pixivに投稿された作品 pixivで「クラゲ奇械人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72

コメント