ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
クランタ娘
5
センシティブな作品

クランタ娘

5

くらんたむすめ

アプリゲーム『アークナイツ』に登場する種族「クランタ族」をアプリゲーム『ウマ娘プリティーダービー』風に表記したもの。

概要

アークナイツの登場人物はそのほとんどが動物や神話上の生き物をモチーフにしており、その内要素を持った種族は「クランタ族」と呼ばれている。


クランタ族は馬の耳と大きな尾が付いていることが特徴で、偶然にもウマ娘とほぼ同じウマ要素を持っている事から、アークナイツのプレイヤーも度々話題にしていた。

こちらでは馬要素を持つ男性キャラクターも登場している。


細かいところではクランタは公式設定でちゃんと人の耳も付いているという違いがあり、どうやら両方使っているらしい。耳の大きさもウマ娘よりクランタの方が大きめで、付け根ががっしりしている傾向がある。

身体能力が他の種族より飛びぬけてるわけではないが、脚力は高いらしく、本気を出せば車より速く走れるような描写がある。


イベント「マリア・ニアール」はクランタ族が中心となって生活している国家カジミエーシュが舞台となっており、さらには題材が戦いがスポーツ競技となった「騎士競技」というもので、ウマ娘と重ねたドクターも多かった。描写によればこの競技にはレース種目もあるらしい。


しかし、現代に近い平和な世界であるウマ娘に比べ、アークナイツは近未来的ながら不治の病が蔓延する荒廃した世界観であり、雰囲気は別物と言ってもよい。

スポーツ競技の不正や闇をクローズアップした作風と相まってか、本イベントを「汚いウマ娘」や「クランタ娘ヴァイオレンスダービー」、「クランタ娘ギルティダービー」と称する声も少なからずあった。


たぬきも少しずつアークナイツに侵食し始めているとか…


クランタ娘一覧

マーガレット・ニアール

本作おけるクランタの代表的存在。最年少で騎士競技を制覇し『耀騎士』の称号を持つ。

妹の危機にゴルシワープのごとく遠くから光の速さで(というかまんま光となって)駆けつけた。

水着姿のSDでは突然謎のダンスを始める。


フェン

行動予備隊A1の隊長。

低レアリティだが、コスト回収能力に優れており、序盤だけでなく中盤以降も頼りになる。

真面目だがややせっかちな性格で、ウマ娘的には「先行」型適性が高そうな人。

性格は全く違うが初心者にとって頼りになる存在という事で、ゲーム的ポジションはサクラバクシンオーに似ている。


カタパルト

やや癖のある人材が集まる行動予備隊A6のサボり魔。

ドーベルマン教官が迫ってきた時の「逃げ」足は鋭い。


メテオ

弓を自在に操る元ファイヤーウォッチ(森林火災監視員)のお姉さん。

空からの侵入者に矢を「差し」こんで突入を許さない。

実はシーキングザパールと声が同じだったりする。


プラチナ

乙女心と秘密でいっぱいな「カジミエーシュ無胄盟」の暗殺者。

遠距離から必殺の一撃を「差し」こんでいく。

プロフィールのデータはいくつも詐称しているようだが、状況証拠から見て最速の機能美を備えている。


グラニ

明るく活発な騎馬警官。

イベント「騎兵と狩人」で主人公を務め、その性格で出会う様々な人々を救った。

キャラクターの性質そのものは違う(むしろ信条は「みんなのために行動する」などこっちの人に近い)が、その小柄で明るい性格からトウカイテイオーと似ているという声もある。

たまに騎馬警官の馬をウマ娘化したらどうなるかという議論で理想形として挙げられることも。


ブレミシャイン

イベント『マリア・二アール』の主人公。

ニアールの妹で騎士競技の選手でもあった。

ピンチになっても諦めない根性と自身のアーツで下馬評をいくつも覆してきた「追込」型。

回復スキルや妨害スキルも備える。


ウィスラッシュ

ニアール姉妹の血縁上は叔母にあたるが、そこまで歳が離れていないのでおばさんと言われると怒る。

ストーリー上の役回りはブレミシャインのセコンドで、どちらかと言えばトレーナー寄りだった。

実はエルコンドルパサーと声が同じだったりする。


ヘビーレイン

ウマ娘ならぬシマウマ娘。

内気で心の声が多い。


ワイルドメイン

イベント「赤松林」にて初登場したレッドパイン騎士団の一員。

乱暴者だがそれなりの家柄で育った為ある程度学がある、ステイゴールドやその産馬の様な気質のキャラクター。



プロヴァイゾ

メガネが光る法律の専門家。

しかし、一度依頼を受けたら徹底的に相手を追い込み、賠償や契約金でG1レースの賞金もかくやと言わんばかりの金を動かす。



ウマおじさん

ムリナール

ニアール姉妹の叔父。

実力はあるのに社畜だったりいろいろ哀愁が漂う少し残念なウマのおじさん。

ウマ娘より別のゲーム狂犬と似ているとか似ていないとかで話題にされる。



ロバ娘?

アーミヤ

我らがロドスのCEO。

本当はウサギがモチーフなのだが、耳が長いせいで「ロバ」「ロバ娘」呼ばわりされたりする。ポジション的には理事長に近いか。

アドマイヤベガとは髪型が似ており、たまにカップやきそば現象のような反応が見られる。



灰色の岩?

イベント「マリア・ニアール」で初登場した灰毫騎士ことアッシュロックの実装が発表されると、中の人が上田瞳ということで、bilibiliのPV動画では早速黄金船というコメントが大量につけられていた。日本で実装された時もゴルシと中の人が同じことに驚いたユーザーは多い。ただし、彼女の種族はザラックで、げっ歯類(おそらくリス)がモチーフ。

ちなみに彼女はゴルシと中の人が同じとは思えないほど真面目なキャラであるが、武器の煙でむせる演技はどこかゴルシを思い起こさせるかもしれない。




関連イラスト


関連タグ

アークナイツ

マリア・ニアール

ウマ娘プリティーダービーのコラボタグ一覧

クランタ


アークナイツは海外(特に中国)でも多数のイラストが投稿されており、中には単なるアークナイツのキャラクター単独イラストでも「ウマ娘」タグが使われていることがある。

馬娘の表記ゆれの可能性もあるが、作品の混同を招く可能性もあるので気を付けよう。

概要

アークナイツの登場人物はそのほとんどが動物や神話上の生き物をモチーフにしており、その内要素を持った種族は「クランタ族」と呼ばれている。


クランタ族は馬の耳と大きな尾が付いていることが特徴で、偶然にもウマ娘とほぼ同じウマ要素を持っている事から、アークナイツのプレイヤーも度々話題にしていた。

こちらでは馬要素を持つ男性キャラクターも登場している。


細かいところではクランタは公式設定でちゃんと人の耳も付いているという違いがあり、どうやら両方使っているらしい。耳の大きさもウマ娘よりクランタの方が大きめで、付け根ががっしりしている傾向がある。

身体能力が他の種族より飛びぬけてるわけではないが、脚力は高いらしく、本気を出せば車より速く走れるような描写がある。


イベント「マリア・ニアール」はクランタ族が中心となって生活している国家カジミエーシュが舞台となっており、さらには題材が戦いがスポーツ競技となった「騎士競技」というもので、ウマ娘と重ねたドクターも多かった。描写によればこの競技にはレース種目もあるらしい。


しかし、現代に近い平和な世界であるウマ娘に比べ、アークナイツは近未来的ながら不治の病が蔓延する荒廃した世界観であり、雰囲気は別物と言ってもよい。

スポーツ競技の不正や闇をクローズアップした作風と相まってか、本イベントを「汚いウマ娘」や「クランタ娘ヴァイオレンスダービー」、「クランタ娘ギルティダービー」と称する声も少なからずあった。


たぬきも少しずつアークナイツに侵食し始めているとか…


クランタ娘一覧

マーガレット・ニアール

本作おけるクランタの代表的存在。最年少で騎士競技を制覇し『耀騎士』の称号を持つ。

妹の危機にゴルシワープのごとく遠くから光の速さで(というかまんま光となって)駆けつけた。

水着姿のSDでは突然謎のダンスを始める。


フェン

行動予備隊A1の隊長。

低レアリティだが、コスト回収能力に優れており、序盤だけでなく中盤以降も頼りになる。

真面目だがややせっかちな性格で、ウマ娘的には「先行」型適性が高そうな人。

性格は全く違うが初心者にとって頼りになる存在という事で、ゲーム的ポジションはサクラバクシンオーに似ている。


カタパルト

やや癖のある人材が集まる行動予備隊A6のサボり魔。

ドーベルマン教官が迫ってきた時の「逃げ」足は鋭い。


メテオ

弓を自在に操る元ファイヤーウォッチ(森林火災監視員)のお姉さん。

空からの侵入者に矢を「差し」こんで突入を許さない。

実はシーキングザパールと声が同じだったりする。


プラチナ

乙女心と秘密でいっぱいな「カジミエーシュ無胄盟」の暗殺者。

遠距離から必殺の一撃を「差し」こんでいく。

プロフィールのデータはいくつも詐称しているようだが、状況証拠から見て最速の機能美を備えている。


グラニ

明るく活発な騎馬警官。

イベント「騎兵と狩人」で主人公を務め、その性格で出会う様々な人々を救った。

キャラクターの性質そのものは違う(むしろ信条は「みんなのために行動する」などこっちの人に近い)が、その小柄で明るい性格からトウカイテイオーと似ているという声もある。

たまに騎馬警官の馬をウマ娘化したらどうなるかという議論で理想形として挙げられることも。


ブレミシャイン

イベント『マリア・二アール』の主人公。

ニアールの妹で騎士競技の選手でもあった。

ピンチになっても諦めない根性と自身のアーツで下馬評をいくつも覆してきた「追込」型。

回復スキルや妨害スキルも備える。


ウィスラッシュ

ニアール姉妹の血縁上は叔母にあたるが、そこまで歳が離れていないのでおばさんと言われると怒る。

ストーリー上の役回りはブレミシャインのセコンドで、どちらかと言えばトレーナー寄りだった。

実はエルコンドルパサーと声が同じだったりする。


ヘビーレイン

ウマ娘ならぬシマウマ娘。

内気で心の声が多い。


ワイルドメイン

イベント「赤松林」にて初登場したレッドパイン騎士団の一員。

乱暴者だがそれなりの家柄で育った為ある程度学がある、ステイゴールドやその産馬の様な気質のキャラクター。



プロヴァイゾ

メガネが光る法律の専門家。

しかし、一度依頼を受けたら徹底的に相手を追い込み、賠償や契約金でG1レースの賞金もかくやと言わんばかりの金を動かす。



ウマおじさん

ムリナール

ニアール姉妹の叔父。

実力はあるのに社畜だったりいろいろ哀愁が漂う少し残念なウマのおじさん。

ウマ娘より別のゲーム狂犬と似ているとか似ていないとかで話題にされる。



ロバ娘?

アーミヤ

我らがロドスのCEO。

本当はウサギがモチーフなのだが、耳が長いせいで「ロバ」「ロバ娘」呼ばわりされたりする。ポジション的には理事長に近いか。

アドマイヤベガとは髪型が似ており、たまにカップやきそば現象のような反応が見られる。



灰色の岩?

イベント「マリア・ニアール」で初登場した灰毫騎士ことアッシュロックの実装が発表されると、中の人が上田瞳ということで、bilibiliのPV動画では早速黄金船というコメントが大量につけられていた。日本で実装された時もゴルシと中の人が同じことに驚いたユーザーは多い。ただし、彼女の種族はザラックで、げっ歯類(おそらくリス)がモチーフ。

ちなみに彼女はゴルシと中の人が同じとは思えないほど真面目なキャラであるが、武器の煙でむせる演技はどこかゴルシを思い起こさせるかもしれない。




関連タグ

アークナイツ

マリア・ニアール

ウマ娘プリティーダービーのコラボタグ一覧

クランタ


アークナイツは海外(特に中国)でも多数のイラストが投稿されており、中には単なるアークナイツのキャラクター単独イラストでも「ウマ娘」タグが使われていることがある。

馬娘の表記ゆれの可能性もあるが、作品の混同を招く可能性もあるので気を付けよう。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    【表紙】雪広うたこ 【漫画】朝賀 庵/ASH/ウエハラ蜂/蝦夷森わに/小道明奈/samesuke/シータコマーチ/嶋次郎/世禕/タロ名/ととふみ/外岡もったす/ながべ/はかた/花森玉子/榛名ハル /ホームラン・拳/梁阿渣

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    まつお

    読む

pixivision

カテゴリー