ピクシブ百科事典

ゴッドハンド輝

ごっどはんどてる

ゴッドハンド輝とは、週刊少年マガジンで連載されていた漫画作品。
目次[非表示]

概要

週刊少年マガジン』にて連載されていた山本航暉による医療漫画。2001年16号から2011年45号まで連載された。全62巻。
「神々の座す処(ヴァルハラ)」と呼ばれる名医が集う安田記念病院を舞台に、新人の外科医として配属した真東 輝(まひがし てる)の成長を描かれている。
作中では様々な病気及び外傷の症状や、治療方法や手術方法などが細かく解説しており、日常的に起きやすい症状(寝違いやこむら返りなど)の処置方法も載せている。主に外科医を題材にしているが、麻酔科医や整形外科医などフィクションでは注目されにくい医療にも焦点を当てている。また、医師不足による医療崩壊や経済的な問題などリアルな現状についても触れている。

登場人物

  • 真東 輝(まひがし てる)

主人公。前髪部分を金髪に染めているのが特徴。周囲からは「テル先生」と呼ばれている。
元気で明るく何事にも一生懸命な性格だが、ドジばかりでそそっかしいのが欠点。
物語当初は安田記念病院に配属されたばかりの新人医師で、当初は未熟でミスばかりで同僚はおろか患者からも心配されていた。
だが、人の命に関わる事態に直面すると、打って変わって天才的な腕前と直感で困難を克服していく。
患者のことを第一に考えており、患者との「二人三脚の医療」を目指している。そのため、患者からの人気は高い。
幼少期に航空機事故に遭い、一緒に乗っていた名医で父親の真東 光介(まひがし こうすけ)の心肺蘇生で奇跡的に生き残った経験から医者を目指すようになる。また、研修医時代から一度も患者の死に直面していない「絶対的天運」を持つ。

  • 佐倉 綾乃(さくら あやの)
ヒロイン。安田記念病院に勤める看護師。
穏やかで世話好きな性格。テルとは初対面の時から好意的で、後に恋仲へと発展する。

  • 北見 柊一(きたみ しゅういち)
安田記念病院の外科部長でテルの指導医。
院長の安田に次ぐ天才的な腕の持ち主で、冷静沈着な様から「氷凍(こおり)のメス」という異名を持つ。
新人とはいえ未熟すぎるテルを厳しく指導しているものの、テルの秘めた潜在能力には一目置いており、成長に期待している。
真面目な冷静な性格な反面、物事を全力で取り組む熱い一面も持つ。院内では個性の強い
見た面々に振り回される(主に安田やテルなど)苦労人の一面も持つ。
見た目は若々しくかなりの美形のため、女性からの人気は非常に高い。かなり身体は鍛えられており、腕っぷしも強くスタントマンさながらの身体能力を見せている。

  • 安田 潤司(やすだ じゅんじ)
安田記念病院の創立者で院長。
普段はおちゃらけているが、「黄金の左手」の異名を持つ天才外科医。ただし、勤務中にパチンコや行ったり漫画サイトを閲覧したりなど業務は不真面目。
メガネを掛けたスキンヘッドの容貌からたまにヤクザと勘違いされる(初対面の時のテルなど)。
昔はアメリカで勤務していたが、そこで幼少期のテルとその父の光介と出会い、彼の神懸かりの手術の腕を見て尊敬するようになる。その後、研修医だったテルの可能性を感じて採用する。

  • 四宮 慧(しのみや けい)
テルのライバル。テルの後に配属された若手外科医。
関西に勢力を築く医療法人・四瑛会を経営する四宮家の四男。「北見の再来」と呼ばれるほどの腕前を持つ。北見を篤く尊敬しており、当初は指導されているテルを快く思わず、何とか指導医は外させようと画策していた。
しかし、自身に足りなかったにものに気付き、立派な医師として成長していく。今ではテルとは互いにライバルとして認識している。

余談

2009年4月からTBS系土曜20時ドラマ枠でドラマ化されたが、何と全5回で放送終了となり、木村拓哉主演の「Mr.brain」の前座穴埋め番組扱いだった様で、一部視聴者や関係者を怒られただけでなく後のこち亀実写版と共にTBS土曜20時ドラマ枠の致命傷となった。

関連タグ

週刊少年マガジン 医療

関連記事

親記事

週刊少年マガジン しゅうかんしょうねんまがじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴッドハンド輝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 798

コメント