ピクシブ百科事典

サンリオタイムネット

さんりおたいむねっと

イマジニアが発売していたゲームソフト。サンリオ制作協力

ゲームボーイ専用ソフトとして1998年11月27日に発売された。過去編と未来編の2つのバージョンが有り、「冒険時空タイムネット」のタイトルでコミカライズもされていた。

ざっくり言えば「ときのかけら」と呼ばれるモンスターを集めて「ときのはしら」を修復し、過去世界と未来世界に別れてしまった2つの世界を一つに戻すのが最終目的。
1998年当時のサンリオキャラクターが多数登場するが、モンスターにも定評があり、デザインの中毒性の高さ、入手が非常に難しいレアモンスターの入手のためにやり込むプレイヤーが後を絶たなかったという。

同時期に発売されたポケットモンスターシリーズとよく似ており、劣化版ポケモンと呼ばれることも。それには以下の理由がある。

  • マップが非常に広い
  • 非常に高いときのかけら(モンスター)とのエンカウント率
  • この手のゲームでは安全地帯とされる街でもモンスターが襲ってくる
  • 開始してすぐの場所に高レベルモンスターが出現する場所がある
  • 謎解きがほぼノーヒント
  • 平均レベル40程度だったのがラスボスではいきなりレベル99の2連戦

ただこれだけ言われていながら音楽については評価が高い上、シナリオを担当したのは桜庭一樹(山田桜丸名義)である。

登場キャラクター

本作オリジナルキャラクターを記載

  • 男の子・女の子
プレイヤーが操作するキャラ。プレイヤーが選ばなかったほうがライバルとして出現する。
  • 時の老人
タイムネット時空に住む謎の老人。本編の至る所で登場し主人公のサポートをする
  • ザッキー
タイムネットの破壊を目論む敵キャラ。本作のラスボスである。
  • 謎の少女
ゲーム開始時に主人公の前に現れ、助けを求める白い少女。実は・・・(以下ネタバレ注意)







この謎の少女こそがラスボスでもあるザッキーである。
余談だが、後のスーパー戦隊で似たようなマッチポンプを行った怪人が登場した

pixivに投稿された作品 pixivで「サンリオタイムネット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18364

コメント