ピクシブ百科事典

サンリオタイムネット

さんりおたいむねっと

イマジニアが発売していたゲームソフト。サンリオ制作協力。
目次[非表示]

説明

ゲームボーイ専用ソフトとして1998年11月27日に発売された。過去編と未来編の2つのバージョンが有る。

ざっくり言えば「ときのかけら」と呼ばれるモンスターを集めて「ときのはしら」を修復し、過去世界と未来世界に別れてしまった2つの世界を一つに戻すのが最終目的。
1998年当時のサンリオキャラクターが多数登場するが、モンスターにも定評があり、デザインの中毒性の高さ、入手が非常に難しいレアモンスターの入手のためにやり込むプレイヤーが後を絶たなかったという。

同時期に発売されたポケットモンスターシリーズとよく似ており、劣化版ポケモンと呼ばれることも。「劣化○○」というのはアンチの常套句であり、実際は言うほど劣化でないことも多いのだが、これに関しては意外と的を得た表現である。
まず、

  • モンスターを捕獲して冒険するゲームを2バージョンで発売
  • 冒頭で案内役の老人を通じて主人公とライバルの名前を決める
  • 特定の3匹の中から最初の相棒を選ぶ
  • ゲットカードというカードを投げてモンスターを捕獲(後で別の方法も登場するが)
  • モンスターは全部で161種類
と、清々しいぐらい露骨にポケモンの後追いをしている

では、ポケモンと同じベクトルで勝負して勝てるのかというと、

センシティブな作品


  • 衝撃的な見た目(悪い意味も含む)のモンスター
  • マップが非常に広い
  • ときのかけら(モンスター)のエンカウント率が非常に高い
  • この手のゲームでは安全地帯とされる街でもモンスターが襲ってくる
  • 開始してすぐの場所に高レベルモンスターが出現する場所がある
  • 謎解きがほぼノーヒント
  • 両バージョンで最初に貰える特定の6体(1進化目)を通信で連れて来る事で、あるモンスターの封印が解かれる
  • 「進化キャンセル」がないので、レベル調整をする他ない
  • のに高レベルのモンスターが襲ってくる
  • 色々苦労しながら封印を解いた割にそのモンスターのデザインは…
  • 一般モンスターの進化系っぽいレアモンスター(進化しないし、何かの関係もない)
  • 平均レベル40程度だったのがラスボスではいきなりレベル99の2連戦

イベント配布組


  • 配布限定のモンスターが4体もいるので現在ではコンプ不可(隠しコマンドが存在するので絶対ではないが)
と、勝っているとは言い難い点が多い。

ただこれだけ言われていながら音楽については評価が高い上、シナリオを担当したのは桜庭一樹(山田桜丸名義)である。
なお、本作の一部スタッフは後にポケモンBWに参加していたりする。

コミカライズ

冒険時空タイムネット」のタイトルでコミカライズされ、小学館小学五年生小学六年生で連載されていた。
サンリオキャラクターは一切登場せず、ゲームのオリジナルキャラクターとモンスターのみでストーリーが進行する。

登場キャラクター

本作オリジナルキャラクターを記載

冒険時空なひとたち


  • 男の子・女の子
プレイヤーが操作するキャラ。プレイヤーが選ばなかったほうがライバルとして出現する。漫画版では男の子は主人公の「トール」、女の子はヒロインの「エール」と設定されている。
ライバルと戦う事でしか貰えないモンスターがいる。
  • 時の老人
タイムネット時空に住む謎の老人。本編の至る所で登場し主人公のサポートをする。
  • 理を知る者
タイムネットの世界で「知恵」、「力」、「時空」の理を知っている者達。設定はオリジナルだが、それぞれサンリオキャラクターが担当している。
タイムネットの破壊を目論む敵キャラにして本作のラスボス。漫画版ではオリジナル敵キャラクターの黒マントに差し替えられている。
  • 謎の少女
ゲーム開始時に主人公の前に現れ、助けを求める白い少女。実は・・・

関連イラスト

冒険時空!
サンリオタイムネット



関連タグ

ゲームボーイカラー サンリオ RPG クロスオーバー タイムトラベル










※ここから先はゲームの核心に関わる重大なキャラクターについて記述しています。ネタバレに注意して下さい。










  • ホワイトサッキー
オープニングの謎の少女こそがラスボスでもあるザッキーの正体。
主人公に助けを求める非力な存在が黒幕という展開は当時はまだ珍しかった。
そもそも、最初の少女の存在を忘れていたという人もチラホラ。

関連記事

親記事

サンリオ さんりお

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サンリオタイムネット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30643

コメント