ピクシブ百科事典

ストラトス(PSO2)

すとらとす

「ファンタシースターオンライン2」の登場人物
目次[非表示]

CV:佐倉綾音

概要

EP5から登場の新キャラ。第三世代アークスでヒーロークラスのヒューマン女性。
アークス戦闘部期待のホープであり、弱冠16歳でありながら各クラスの基礎を修得した資質の持ち主。
どれくらいすごいかと言うと、ロッティやルベルトは16歳当時はまだ研修生の身分であった。おそらくこちらが一般的なアークスの修得過程であろう。
最終訓練後のアフィンや登場時のイオも同齢であり、更に両者とも任意にクラス変更が可能ながらそれぞれレンジャー・ブレイバーのままに対し、彼女は「打撃・射撃・法撃」の全クラスを修得という、異例の修了速度であることが窺い知ることができる。
前世代である第二世代型アークスは「アークス個人が有するフォトン特性によりクラス適正が決定する」という制約が横たわっており、この世代が適正以外のクラスに変更するということは並大抵の努力だけでは成し得ない。第三世代はフォトン特性を任意に変えることでクラスを容易に変更することが可能にはなっているものの、それぞれに特性や得手不得手が潜んでいるため「クラスを変えても基礎を修得する」ことが容易ではないことを物語っている。

ヒーロー×ブレイバー


新クラス設立にあたってヒューイクラリスクレイスにその資質と発想力を買われ、新規戦術班に抜擢を受けて実戦を交えた研究中。
許可が降りず難航していたが、後にヒーローが正式に認可を受けた後は第一人者という立場によってかスキルポイントの付与オーダーを担当。クエストに連れていくとプレイヤーの挙動に対し良く「動きを目に焼き付けています!」と発言する。

彼女が新クラスを「ヒーロー」と命名したきっかけは数年前。彼女の出身シップである第128番艦「テミス」がダーカー郡の襲撃を受けた事件に由来している。当時は無力な子供だった彼女の命を救ったのがとあるアークスであり、その時わずかに後ろ姿を見ただけのアークスが彼女の「ヒーローになりたい」という想いを決定づけた。そして「アークスは誰しも、力なき人々にとってのヒーロー」という理想と信念をより強いものにする願いを込めて「ヒーロー」と名付けたのである。

イオが不器用で素直になれない後輩枠だとするなら、彼女は体育会系の素直な後輩枠といったところだろうか。
公式紹介を引用すれば『真っ直ぐで元気、へこたれないし、根性がある』。
加えて常に敬語で礼儀正しく、口癖は「恐縮です」。このように折り目正しい少女なのだが……。

とりあえず落ち着こうか?

恐縮です!


一度熱中すると箍が外れるのか、紹介されたばかりの人物へ戦闘記録をしきりにせがむ・同人物にヒーローを熱心に喧伝するなど、相手が引くくらいに前のめりにグイグイ来る。
他にも実戦研究に夢中になるあまり強い人物の気配へ人違いで攻撃するなど、興味を持つ対象への探求の最中は他がおざなりになりがちである(ただ後に反省し謝罪の意を伝えている)。人違いに関しては相手が歴戦の英雄であったため無傷で済んだものの初手スライディング土下座まで敢行した。
新クラス・ヒーローの創設も、「対集団戦闘のスペシャリスト」という名目はあるものの、「わたしのかんがえたさいきょうのえいゆう」の具現化という側面も見えなくはない。
もし「英雄になる」事自体が目的化してしまうと、「英雄ってのはさぁ……英雄になろうとした瞬間に失格なのよ」なんて事態にも陥りかねない。真っ直ぐであると同時にそれゆえの危うさも感じさせる彼女が、精神的な高潔さ物理的な強大さを兼ね備える「完成された英雄」に到れるか否か、要注目と言えよう。

外見

stratos
ストラトスと


クラス関係者としてはかなり小柄。これまでのクラスオーダー担当ではリサマールーが低身長であったが、彼女はさらに小さい。隣にはアザナミさんがいるので尚更に身長差が際立つ。衣装補正込みでおよそ140cm前半と思われ、最小キャラクリに毛が生えたくらいの小ささとなっている。
なお、身長が身長なので胸の立派な盛り上がりはあくまで胸部装甲かと思いきや、アウターの隙間からカメラアングル変更で覗き込むと意外にも結構あるのがわかる。具体的にはヒツギくらい。

ゲームバランス的には?

ゲーム上のクラス性能面におけるヒーローは、実装当初既存クラスを完全に過去のものにするほどの超性能を誇っており、「マルチパーティー12人全員がヒーロー」「ヒーロー以外のクラスだからという理由でPTからキックされる」といった事例が散見される程であった。ヒーロー実装と同時に既存クラスの特に突出していた点を大幅に弱体化したことも批判に拍車をかけた(しかしこれら下方修正されたPA・テクニックはそもそも武器自体の戦い方を事実上制限していて癌になっており、遅かれ早かれ弱体化すべきといわれていたものではある)。
結果、EP5のキャッチフレーズ「集え、英雄」を皮肉った「散れ、非英雄」や、「恐縮です!」にかけた「強職です!」、どこを見渡してもヒーロー以外のアークスが居ない状態を表した「ヒーローオンライン」……といった批判的な言い回しも飛び交うように。
事態を重く見た運営は、もともと予定していた既存クラス強化を予定よりはるかに早めて実装する対応を取り、(突き詰めればヒーローが最強なのは変わらないが)一応の収束を見ている(今後も既存クラスの上方修正はユーザーの動きを見ながら継続される予定)。

ふぇ...
イオとストラトス


こういった背景からゲームバランスを崩壊させた戦犯、あるいはその象徴のような扱いを受けてしまうことも。なお一部では「真っ直ぐな少女が無数の罵倒・批判に晒されている」状態に興奮する変態紳士も存在する模様で、その不憫さに磨きがかかっている。

余談

ヒーロー実装後の初めての秋。ゲーム内イベント「オータムファンクション」の一環としてエネミーブーストウィークが開催。その内容は敵のHPと攻撃力をブーストし、それに対してレアドロップ率を上昇すると言うもの。対象となるクエストは「来襲せし虚なる深遠の躯(XHのみ)」と「壊世調査:アムドゥスキア」の2つ。

壊世アムドゥスキアはHP150%と攻撃力100%のブーストを掛かっているが、これはまた甘い(元々敵が強く、痛感できるほどではない為)。来襲~のブーストはなんと、HP500%と攻撃力100%である。加えてダークファルス・ルーサーはゲーム内でも最も完成度が高いボスである為、攻略順番が重要…が、来襲自体はEP2のエピソードである事もあってか、ヒーローの火力が仇となって、逆に討伐速度を遅くしている(※)。そして跳ね上がったダメージと体力の前に、他のクラスもやっと再度注目される事になる。
…まあ結局のところ、強さはクラス云々ではなく「どれだけ厄介なエネミーの知識を持ち、手持ちのカードで有効な対策を実行できるか」に集約される訳である。

※XH難易度では腕のコアを潰さないと、腹部の時計を壊してもバリアが発生してしまう上、全て破壊しないうちはある程度時間経過すると修復される。その為腕破壊の段階では極力腕以外の部位への攻撃を控えるべき。ただし、ブーストウィーク中ではその攻略法が知らないアークスも多く、腕破壊によるダウンの時で喉に攻撃したプレーヤーも多い。

関連タグ

ファンタシースターオンライン2 PSO2NPC一覧
ヒューイ(PSO2) クラリスクレイス

関連リンク

攻略WIKI内の彼女のページ

pixivに投稿された作品 pixivで「ストラトス(PSO2)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 119141

コメント