ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ツーソンフォーサイドの間に位置する町で、ゲーム中では事実上3番目に到着する。

町の中央には大きなサーカスのテントが立てられ、一方の北部には大規模な墓地が存在しているというかなり個性的な町となっている。

来た当初はゾンビ騒動のせいで街全体が不気味な薄暗い空気に包まれており、この町固有の敵キャラとのエンカウント率も非常に高くなっているが、これを解決すると町本来の正常な活気を取り戻し、敵もほとんど出現しなくなる。それと同時に東側のトンネルに居座っていたゴーストもいなくなり、ドコドコ砂漠およびフォーサイドへの道が開ける。

主な施設・建物・名所

サーカステント
町の中央辺りに置かれている巨大なサーカステント。
といっても催し物としてのサーカスは行われておらず、もっぱら今回の騒動で逃げてきた人間たちがここに篭って対策会議をしているのみである。
後にネスたちが先に進むためにこの施設が利用されるが、事件解決後も別にサーカスの営業が再開したりもしない完全に見かけだけの場所だったりする。

墓地
町の北部から北西部にかけて広がっている墓地。
ゾンビ騒動の最中は特にモンスターの出現率が跳ね上がっている。
一部の墓下は地下牢として利用され、そして一番奥にある墓石は実はどせいさんのいるサターンバレーに続くグレープフルーツの滝への秘密通路の入口が隠されている。

ちなみに町の真北に一つだけ置かれている墓石の前は自称天才写真家の撮影スポットになっているのだが、事件解決前にそこで写真を撮ると・・・

ホラーが支配する街

ツーソンからスリークに繋がるトンネルは何故かゴーストが出現して先に進めない現象が起きていた。
ライブハウスでの一件でトンズラブラザーズが抱えていたトラブルを解決したネス達は、トンズラブラザーズからお礼にスリークまで彼らのトラベリング・バスに相乗りし、ノリノリの演奏で走行した為にトンネルのゴースト達を退けて次の街・スリークに辿り着いた。

ところがスリークは昼間なのに夜の様に暗く、人が表にほとんどいない異様な街だった。

それもそのはず…このスリークを闊歩しているのはゾンビやゴーストだったのである。スリークの人々はこれらを恐れて家に閉じこもっていた。

街の真ん中にあるサーカスのテントにはこのゾンビ達をどうにかしようと対策本部を設置していたが、どうにもならない事に頭を痛めていた。

そしてネスとポーラは謎の美女がうろついている事に気付く。後を追っていくとスリークのホテルの中に入っていった。さらに追った先の客室に入ると…

なんとゾンビ達に囲まれ、墓地の地下に監禁されてしまう。

そこでポーラはこの事態を打破すべく、まだ見ぬ仲間にテレパシーで語りかける。

一方。スリークからかなり離れたフォギーランドのウインタースの寄宿舎で誰かのテレパシーを受け取った少年は、行動を起こして寄宿舎から抜け出してスリークへと赴く冒険に出るのだった…。

関連タグ

MOTHER2 ゾンビ ゴースト

ラクーンシティ : よく似た事態に陥った街

関連記事

親記事

MOTHER2 まざーつー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スリーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 708

コメント