ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

アニメ『ひろがるスカイ!プリキュア』の舞台である街。名前の由来は言わずもがな音階の「ドレミファソラシド」


ソラ・ハレワタールエルは、アンダーグ帝国による誘拐テロ事件の犯人に追われてこの地へ召喚される。

また、夕凪ツバサも飛ぶ練習をしている最中にこの地へ逗留した(第8話より)。


街の特徴

現在確認できる特徴としては、四方をほぼ山に囲まれた盆地で川が2つありそこに鉄道が通る。

居住地も鉄道を中心に集中している典型的な地方都市。

また、第6話終盤で聖あげはが車で通行していた場所の描写から近郊に高速道路等の特殊な道路もあると思われる。


高架駅舎のある駅前は、ロータリーの近くにSORASHIDO MALLなる商業施設がある。


第1話で虹ヶ丘ましろヨヨの頼んだお使いのメモに「干したカエル」と明らかにデパートでも置いてなさそうな物品が書かれた上、ましろが疑問符を上げつつもそれを買いに行く様子から郊外に何らかの専門店があるとも考えられる。


第13話の描写を見ると靴屋も何件かある様子。


今のところ駅前商店街(アーケード)は見当たらず、自動車の往来が多いなど割と開発が進んだ平成後期以降のリアルな街並み。

今も再開発が進んでいるらしく、一部ではそれらしき工事も確認できる。


周囲の山々には手つかずの自然が残っており、虹ヶ丘邸の裏山には竹林と隣接した綺麗な渓流が存在する。


モチーフとなった場所は……?

モチーフとなった場所は、作中で登場した電車の形と前述の地理関係から甲府長野と思われていたが、第12話で登場した山の主は何と拳法使いのエゾリス

加えて同話では、本州以南では目撃例がないハクトウワシまで生息していると判明。

ソラシド市は北海道にあるのか……?

第37話で訪れた郊外にある「思い出の地」にいたのはシマリスであったため、あの山の主は何らかの事情でソラシド市近くに来てしまっただけかもしれないが…。


スカイランドとの関係

第8話でヨヨ曰く「ソラシド市はスカイランドと次元的に隣り合わせとなっている土地」らしく、ふたつの世界に嵐が発生した時は次元の裂け目が自然に発生し、スカイランドの鉱物生き物が風に巻かれてソラシド市へと流れ着いてくる。

その逆(ソラシド市からスカイランドへ)があるかどうかは不明。


中盤以降ソラとエルちゃんは紆余曲折を経てスカイランドの帰還も出来るようになったのだが、第24話で3度エルちゃんをソラシド市に滞在させる運びになる。


しかし、プリンセス・エルを見守る過程で怪物から街を守っているキュアスカイ達プリキュアに対するソラシド市民のプリキュアへの信頼は厚く、第39話でプリキュアの偽物『キュアパンプキン』は街でお菓子を独り占めしようと悪事を働くが、街の人達は本物のプリキュアの活躍を見ていたためすぐに偽物と気付いていた。


後にアンダーグ帝国の目的が「スカイランドへの復讐」である事が判明した為、こちらは「プリキュアとプリンセス・エルに振り回された結果その巻き添えを喰らった」に過ぎなかった。

(極論になるが、本来スカイランドが負うべき被害を肩代わりしていた事になる)

実際、第46話でプリキュア狙いでアンダーグ帝国がこちらに被害を出している様子が無く、プリキュア達は防衛の為スカイランドへ旅立とうとした結果、平和な雰囲気になっていたのは皮肉と言えよう。


だが、しかし…。


結局は、『プリキュア』シリーズのお約束「始めはご近所規模で、最終決戦は市~地球規模」が実行された。


住民

近代的な地域に住みながらも良い意味で村社会の気風が残っているのか、全体的にとてもおおらかな気質の人が多い。

そんな事情から、豚めいた顔の人頭に角が生えた人を見ても特に動じずに(後者は流石に「人なのか?」と疑問符を上げたが風貌よりも行っていたトレーニング内容が原因かも知れない)接しているシーンもあり、色々と住みやすそうに見える。

そして、その土地柄は失敗続きでアンダーグ帝国を追われた者や、プリキュアへの復讐のために帝国から離れた者がひっそり住み着くには適しているようで……。

上記の様に、アンダーグ帝国の行動に人間界への侵略の意思が見られていないのが幸いしていたのかもしれない。


因みに全ての元凶で「裏切りの帝王」の真の目的は、ある人物を使ってスカイランドだけではなく人間界にも侵攻しようとしていた模様。

その悪あがきにも、ついにソラシド市…人間界へ逃げ込み侵攻を決行。が、プリキュア達の怒りの逆攻勢の前に浄化…地獄送りにされアンダーグ帝国を手玉に取り続けてきた「裏切りの帝王」である悪魔の野望は完全壊滅を遂げたのだった。


主な住民

虹ヶ丘ましろキュアプリズム

虹ヶ丘ヨヨ

聖あげはキュアバタフライ

長内たける


スカイランド攻防戦にて

第48話にて、スカイランド王都をカイゼリン・アンダーグが襲撃し、ワープトンネルから多くのスカイランド市民がソラシド市に避難する事になる。(ヨヨのワープトンネルが限界に達した後は、バッタモンダーがゲートを繋いだ。)

しかし、いきなり異文化の避難民が大挙して押し寄せたソラシド市は大丈夫なのだろうか…。

個人の敷地内で行った事とは言え、元々スカイランドとこちら側との交流基盤が出来上がっている様子は今のところ見られずにソラ達の扱いはシークレットだった上、スカイランドにもかつて異文化に対する偏見・差別の歴史が存在していただけに果たしてどうなのか…?


余談

第8話でスカイランドと「異なる次元同士繋がりやすい(意訳)」な関係が語られているが、偶然時期が重なったのか何らかの因果かその前日に放送された『ウルトラマンニュージェネレーションスターズ』の第5話では、同じく『ウルトラマンX』の本編第5話での『隣り合っていたり離れてもいる次元同士を繋ぎ、行き来する』事象について触れていた。とんだ偶然である。


関連タグ

ひろがるスカイ!プリキュア


美空市過去のニチアサ作品の舞台となった街。ソラシド市と同じく街名が音階になっている。


ソラシドエア:実在する航空会社。ちなみに、ソラシド市の空港は『ももぞら空港


おいしーなタウンソラシド市アニマルタウン

関連記事

親記事

ひろがるスカイ!プリキュアの登場キャラクター一覧 ひろがるすかいぷりきゅあのとうじょうきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29604

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました