ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

古谷三敏週刊少年サンデー1970年43号から1982年30号にかけて連載していたギャグ漫画。


何をやらせてもダメな中年男・雨野ダメ助、通称『ダメおやじ』が妻のオニババこと冬子、息子のタコ坊、そして娘の雪子に虐待されまくると言う、父権の低下する時代をある意味で先取りした過激なギャグ漫画であった。

連載10年目を迎える頃には現実社会で家庭内暴力が問題化するようになり、ダメおやじが山小屋の管理人になるが挫折、大会社の社長に抜擢されて成功、「ユートピアの実現」を任され『ユートピアとは何か?』を考えて放浪の末、山村でスナックを営むという展開の末大団円を迎えるなど、後年の古谷が得意とする薀蓄漫画の原型ともいうべき作風に変化した(『BARレモン・ハート』のマスターメガネさんも登場)。


赤塚不二夫は『徹子の部屋』などで、連載が始まった当初、古谷はフジオ・プロダクションのメインのネタ出しスタッフで、古谷をアイデア会議に出席させるため赤塚が代筆していたが、人気が出たのは古谷が本格的に描くようになって以降と語っている。

連載4年目で古谷が独立し、赤塚がネタ出しに関与しなくなったことも、後の薀蓄漫画への転換のきっかけになったと考えられる。

なお、古谷自身は、「奥さんと子供が父親をいじめる作品、受け入れられるのかなあ」と不安になっていたそうだが、それに対し赤塚は「どうせやるんなら徹底的にやっちまえ!!」とけしかけた、とのこと。


主な登場キャラクター

雨野ダメ助(CV:大泉滉、演:(初代)三波伸介

雨野冬子(CV:会田由来→西岡慶子、演:倍賞美津子

いずれも該当項目を参照。


雨野タコ坊

ダメ助の息子。小学生。

ダメ助によく似ている。ゆえにダメ助を自分の身代わりに小学校に行かせた事があった。

雨野雪子

ダメ助の娘。女子大生。

外見はいいが性格は救いようがない。

ダメ助の転職後は姿を消している。

実写版には登場していない。

雨野イカ太郎

ダメ助の息子で原作の途中から登場。

乳児でありながらクールで狡賢い。

アニメにも最終回に登場しており、その回のキーマンとなっている。

ロクベエ

原作の中盤とアニメに登場した、人間語を話す

ダメ助の話し相手になってくれているほか、アニメ版ではダメ助を励ましている。


テレビアニメ

1974年4月2日から10月9日まで東京12チャンネル(現・テレビ東京)でアニメが放送された。また、ほぼ同時期に中京テレビ日本テレビ系列局だが、テレビ愛知が開局するまでは東京12チャンネルと結構仲が良かった)と朝日放送(放送当時TBS系列局)でも放送されている。また、東京12チャンネルと時期は異なるが北海道放送(TBS系列局)や福島中央テレビ静岡第一テレビ(いずれも日本テレビ系列局)や石川テレビフジテレビ系列局)でも、東京12チャンネルとの時期の差違は不明だが山陰放送(TBS系列局)でも放送されたことがある。

アニメーション制作はナック

なお、東京12チャンネル史上、初めて放送された日本製テレビアニメ作品でもある。


実写映画

1973年11月に松竹系の映画館で上映された。

主人公の名前は雨野大助に変更されているほか、原作やアニメでは一軒家で暮らしていたのが、こちらでは団地暮らしとなっている。


外部リンク

松竹公式サイト内映画版データベース

関連記事

親記事

古谷三敏 ふるやみつとし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25293

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました