ピクシブ百科事典

トランプ国王

とらんぷこくおう

トランプ国王は、アニメ「ドキドキ!プリキュア」の登場人物。
目次[非表示]

CV:大塚芳忠

概要

トランプ王国の国王で、アン王女ことマリー・アンジュの父親。

キャラクターデザインの高橋晃氏によると、「変にひねってもしょうがないので、ズバリトランプKのキャラをイメージ」したとのことである。
(ただし王妃はトランプのQをモチーフにしたわけではない。)


以下、第46話以降の核心部分ネタバレ










平和だった頃のトランプ王国。
国王と王妃の間に女の子が誕生した。後のマリー・アンジュである。
しかし王妃は娘を産み落とすと同時に、息を引き取ってしまう。
国王は残された娘に「母の分まで光り輝いて生きよ」と願い、アンジュもその深い愛に包まれ、美しく健やかに成長していった。

ところがある日、アンジュは謎の病に倒れて明日をも知れぬ命となってしまう。
彼女を助ける方法はただ一つ。王宮の地下で封印を守っているエターナルゴールデンクラウンの力を借りることである。
この世の全ての知識を秘めるというクラウンならば、病を治す方法もわかるはず。しかしクラウンは、かつて伝説の戦士プリキュアが倒した『闇』を封印する役目を果たしていた。その封印を破るということは、世界に再び『闇』を解き放つことを意味する。

娘の命か世界の平和か。究極の選択を迫られた国王はジレンマに陥っていた。
だがアンジュの命の灯はもはや消える寸前・・・

「そうだ・・・アンが死んでしまえば、もはや世界は終わったも同じ・・・
 アンさえ助かれば、世界などどうなっても構わない・・・!!」

そして国王は封印を破ってクラウンを手に取り、そこから得た知識でアンジュは一命を取り留めた。
ところが安堵する国王に、封印を解かれて蘇った『闇』が忍び寄る。

「最愛の娘を救うために禁忌を犯し、世界を破滅へと導く・・・
 これぞ正に究極のジコチュー・・・貴様こそわたしの器にふさわしい!」

国王の姿はアンジュの目の前で、巨大な悪の怪物キングジコチューへと変貌してゆく。
実はアンジュの病も、封印の隙間から漏れ出した『闇』の仕業だったのだが、そうとも知らず国王は『闇』の罠に嵌り、ジャネジーに心を支配されてしまったのであった。

ジコチュートリオリーヴァグーラらを率い、トランプ王国を破壊しようとするキングジコチュー。アンジュはミラクルドラゴングレイブで何とかキングジコチューを石化封印したが、自身も追い詰められ、心を2つに割り、肉体を卵に変えざるを得なかった。その2つの心から生まれたのが、レジーナと、円亜久里ことキュアエース、卵から孵ったのがアイちゃんである。

そして時は流れ、ジャネジーを十分蓄えたキングジコチューは復活し、レジーナと共に人間界への侵攻を開始する。
しかしキュアハートの真心で愛を取り戻したレジーナと、キュアエースの説得を前にキングジコチューは苦しみ始める。その心の中にはまだ愛が残っていると確信したキュアハートは、レジーナやキュアエースらと共にキングジコチューの体内に突入。
心臓部に囚われていた国王は、キュアハートのみなぎる愛の光と、娘アンジュの分身であるレジーナ、キュアエース、アイちゃんの叫びにより元の心と姿を取り戻し、キングジコチューは消滅したのだった。

最終話ではトランプ王国の国王を引退して、レジーナと共に地球で暮らしている。
作務衣姿でマナの祖父・宗吉と将棋を指す様子が描かれ、こちらの世界で隠居生活をエンジョイしているようである。
トランプ王国はその後共和制に移行し、アンジュの婚約者であったジョナサン・クロンダイクが初代大統領に就任している。

関連タグ

ドキドキ!プリキュア キングジコチュー 大塚芳忠

関連記事

親記事

ドキドキ!プリキュア どきどきぷりきゅあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トランプ国王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26143

コメント