ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

トーキング・ヘッド

とーきんぐへっど

「トーキング・ヘッド」とは、『ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風』に登場するキャラクターである。
目次 [非表示]

【破壊力 - E / スピード - E / 射程距離 - B / 持続力 - A / 精密動作性 - E / 成長性 - E】

概要

元ネタはアメリカのロックバンド「トーキング・ヘッズ」から。


ディアボロ直属親衛隊ティッツァーノの持つスタンド。

外見は人間の顔の形をしている。

対象の舌に取り付いて、その者が発しようとする事と逆の事、つまりウソだけをしゃべらせることができる。

また、同様に取り付いた者の行動にもウソをつかせることができ、特定の方向を指さそうとしても指を自分の意思とは全く違う見当違いの方向にさすよう仕向けたり、筆談で伝えようとしてもウソしか書けなくさせたりすることも可能。


欠点としては、スタンド自体に移動・戦闘能力が無く、取りつかせるのにも誰かのサポートが必須という事である。

また、取り付いた対象の意思を完全に操ることまではできず、あくまで言動にウソをつかせるだけなので、対象の言動にはどうしても「自分がスタンド攻撃を受けている」という自覚による焦りや動揺などの不自然さが残るため、察しの良い者には「何かがあった」と薄々勘付かれてしまうこともある。


さらに言えばナランチャの舌を操ってナイフで指をケガさせたり、一時能力を解除して護衛チームを騙すなどは本体が操作したので出来たが、覚悟を決めたナランチャが舌ごと自分のスタンドを切り落としたことに気付けなかったなど、本体とスタンドが感覚的に繋がっていない様子。

そのせいでナランチャにスクアーロ共々本体であることに気付かれてしまったし、作中ではナランチャは切り落とした舌をトーキング・ヘッドごと投げ捨てたが、そのままエアロスミスの銃口の前に突き出されて撃ち抜かれていたらお終いだった。


結果としてハズレスタンド扱いされている。


しかし5部はスタンドバトルが大体物理戦で生死をかけた戦いにしか使われないが故に評価はイマイチであるが、仮に違う部のダニエル・J・ダービーテレンス・T・ダービー戦に関わっていた場合、当然極めて強力なスタンドに変貌するのは間違いない。

また仮にロボットアニメなら行動の変化による操縦ミス=死に直結し、中の人が同じ社長が出た事もあるTCGアニメ等では対象の行動を少し変化させただけで勝利した人物がいる等行動に変更を起こす能力自体は強力である。出る作品が5部で無ければ活躍の場はもっとあった可能性は高い。

ジョジョマガジンに掲載されたスピンオフ小説の「ギャング側の証人」では、本質は魂に嘘を吐かせる能力とされており、ティッツァーノは弁護士助手として参加したパッショーネの構成員に対する裁判の場で、とある方法を使い証人の口にトーキングヘッドを仕込み、裁判の勝利を勝ち取っただけでなく、パッショーネを追求しようとした検事の社会的信頼や業績すらも失墜させるという恐ろしい効果を挙げている。相棒であるスクアーロはこの能力を暴力ではなく舌剣を奮う今までのギャングにはない新しい力であり、組織の中核を担う事になると高く評価している。


関連イラスト

双トーキング・ヘッド戦(4/1)


関連タグ

黄金の風 ジョジョの奇妙な冒険 jojo スタンド ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧 ティッツァーノ


その他の用法

千葉さんまとめ

監督押井守、主演千葉繁の実写映画3作目。戯画化されたアニメーション映画制作現場を舞台としたカルト映画

前2作はミリタリー的な見どころがあったが、今作のテーマは映画監督アニメ業界なので、紅い眼鏡以上に見る人を選ぶ作品となっている。

現在、pixivで投稿されているこの作品のイラストについているタグは、「・」がない「トーキングヘッド」である。

詳細はトーキング・ヘッド(映画)の記事にて。

関連記事

親記事

ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧 じょじょのきみょうなぼうけんすたんどいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140143

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました