ピクシブ百科事典

ドテラマン

どてらまん

『ドテラマン』とは、タツノコプロ制作のTVアニメ作品。
目次[非表示]

概要

1986年10月から1987年2月まで、日本テレビ系列局(ただし北日本放送日本海テレビ除く)およびフジテレビ系列局約4局、テレビ朝日系列局約3局にて放送された。

アニメンタリー決断」以来約15年ぶりに日本テレビで放送されたタツノコプロ制作アニメである。
音声多重放送のシステムを生かして、人間には理解出来ない特殊な言語を話すキャラ・オニゾウの「通訳」を副音声で実施した。ただ音声多重放送を受信出来るテレビが放送当時はかなり高価だったことや、放送局によっては実施しなかった所もあったため、実際に活用した視聴者はあまりいなかったらしい。

コミックボンボン講談社)にて、シュガー佐藤によるコミカライズが掲載されたことがある。

ストーリー

平和な八本木の街で突然、大仏が動き出した。それは、自分が有名になりたいという、インチ鬼大王の珍騒動が開始された合図だった。同じ頃、幼馴染み同士のハジメとマリコはハジメの部屋で、鬼次元から来た名探偵であるズカン・ソクネッツからインチ鬼大王にさらわれた鬼の探索を命じられ、スーパーヒーローに変身できるハイパードテラを授かる。大暴れする大仏を目の前にした2人は、ハイパードテラを自らの真上に放り投げ、ジャンプしながら身にまとって変身し、ドテラマンとドテラピンクが誕生した。こうして2人はズカン・ソクネッツの助手であるオニゾウと共に、インチ鬼大王とその娘である思春鬼ら鬼達とのハチャメチャな戦いに巻き込まれていった。

登場キャラクター


主題歌

オープニングテーマ

『正義の使者だぜ ドテラマン』 作詞 - 松山貫之、作曲 - いけたけし、編曲 - 山中紀昌、歌 - こおろぎ'73、レーベル - 日本コロムビア

エンディングテーマ

『もっとブ鬼゛ウ鬼゛』(ぶぎうぎ) 作詞 - 佐藤ありす、作曲 - いけたけし、編曲 - 山中紀晶、歌 - つかせのりこ&こおろぎ'73、レーベル - 日本コロムビア

各話リスト

話数サブタイトル
第1話お、おっとお待たせ! オニ退治
第2話タネマッ鬼 タネまきゃこまっタネ!
第3話わるガキ ラクガ鬼 大さわぎ!
第4話スカウト合戦! 強いオニはどいつだ
第5話怖いタメイ鬼! カエルにかえるぞ
第6話世界に広がるヒッツ鬼のわ・な!
第7話かわいいアイドルにはツノがある!?
第8話シゴけやシゴけ! 特訓魔シゴ鬼
第9話ぶちゅ! キスマークで正体をあばけ
第10話タイムトラブル! ご先祖は有名人!?
第11話どつくなドツ鬼 芸術はバクハツだ!
第12話大ピンチ! 大フロシ鬼の大挑戦
第13話セ鬼のセキで町じゅうカゼひき!
第14話雪やコンコン! オオユ鬼フブ鬼
第15話お、おっと出ました! ドテラ婆っちゃん
第16話あんたはエライ! インセ鬼の招待状
第17話インチ鬼小僧とドテラじいさん
第18話涙のとらばーゆ! クビになった鬼トリオ
第19話最大最強! 天下ムテ鬼の決死圏
第20話涙の再会!? インチ鬼大王と奥さん

pixivに投稿された作品 pixivで「ドテラマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85329

コメント