ピクシブ百科事典

ブラックマンタ

ぶらっくまんた

ブラックマンタ(Black Manta)は、DCコミックスのアメリカンコミック『アクアマン』および派生作品に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

ボブ・ハニー(Bob Haney)とニック・カーディー(Nick Cardy)によって生み出された。初登場は1967年の『Aquaman #35』。アクアマンの宿敵。

マンタレイをモチーフにした潜水艇を所有し、海底人に匹敵する水中での活動に特化したハイテク潜水服と、ジェットパックや小型ミサイルなどの装備を持つ。巨大な眼を持つヘルメットからは破壊光線を射出することができる。

トレジャーハンター傭兵で、その活動中に不幸な偶然が重なった結果それぞれの父親を死に至らしめてしまったことから互いを親の仇とみなして敵対するようになった(事情は時期によって異なっており、海底人に誘拐され人体実験をされた過去、または幼少時の虐待経験からくる歪んだ性格からアクアマンを敵視するようになったという設定もある)。


原作では赤ちゃんすら殺す狂った展開もあるという。

映像作品

映画

アクアマン
演じたのはヤヒヤ・アブドゥル=マティーン2世、日本語吹き替えは濱野大輝
2018年公開の実写映画。
親子二代の海賊で、オーム王(オーシャンマスター)に唆されて米軍の最新鋭潜水艦を襲撃するも、救援に現れたアーサー(アクアマン)に返り討ちに遭う。
以前からアクアマンの存在を知っていたらしく、「海賊である自分とアクアマンとの出会いは宿命」と語っている。が、アクアマン/アーサー本人からは「いや、これっきりだ」と否定され、コテンパンにされる。
その際、父親が潜水艦に格納された弾頭弾の下敷きになるも、悪事を働いたことを理由にアーサーから救助を拒否され、父親に諭されて沈没する潜水艦から独り逃亡する。
半ば自業自得に近い境遇ながら、父を男として強く尊敬していたためアクアマンへの復讐を決意。真のアトランティス王の証である「黄金のトライデント」の手掛かりを探してシチリア島に上陸したアーサーとメラを、二人を亡き者にしたいオーム王から提供された最新鋭の戦闘スーツと水をビームに変えるキャノンを改造、自作したスーツと彼から貸し出された精鋭部隊でアーサーを追い詰める。
潜水艦での戦いと異なりアーサーにも通じる武装の数々で追い詰めるが、あと一歩のところで反撃に遭い、崖から破壊光線を暴発させながら落下し、そのまま退場となった。

その後、ミッドクレジットシーンで海を漂流していたところをアトランティスの実在を信じる科学者・スティーブ・シン博士に助け出された事が判明。
シン博士の隠れ家で治療を受けつつ、戦闘スーツの入手法を聞きたがるシン博士に対してアクアマンの居どころを聞く場面で物語は終わる。

アニメ

DCアニメイテッド・ユニバース
声はマイケル・ビーチ

バットマン:ブレイブ&ボールド
声はケビン・マイケル・リチャードソン、日本語吹き替えは松本大

ヤングジャスティス
声はカリー・ペイトン
アクアラッド(カルダラーム)との因縁が描かれる。

ジャスティス・リーグ:アトランティスの進撃
声はハリー・J・レニックス
実写映画『マン・オブ・スティール』で大佐を演じていた俳優。

スーサイド・スクワッド:ヘル・トゥ・ペイ
声はデイブ・フェノイ

ゲーム

インジャスティス2
DCコミックスのキャラクターで戦う対戦型格闘ゲーム
ブラックマンタもプレイアブルキャラクターとして登場している。


DCアンチェインド
2018年から配信されているDCコミックスのキャラクターで戦うアプリゲーム。

関連イラスト

ブラックマンタ
ブラックマンタ


ブラックマンタ
マンタさん


センシティブな作品
アクアマン



関連タグ

DC / DCコミック / ヴィラン
マンタ / 潜水服 / ドライスーツ / トレジャーハンター

アクアマン / アクアラッド / ヤングジャスティス

blackmanta / 黑蝠鱝

外部リンク

関連記事

親記事

アクアマン あくあまん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ブラックマンタ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ブラックマンタ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32199

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました