ピクシブ百科事典

マクリヌス

まくりぬす

第23代ローマ皇帝。カラカラ亡き後、皇帝になるもヘリオガバルスに敗れる。

IMPERATOR CAESAR MARCVS OPELLIVS SEVERVS MACRINVS AVGVSTVS
インペラトル・カエサル・マルクス・オペッリウス・セウェルス・マクリヌス・アウグストゥス

第23代ローマ皇帝

アフリカ出身のムーア人の元老議員。皇帝即位時にはすでに老境。先帝カラカラの暗殺に加担していたとされ、殺害後すぐに皇帝に名乗りを上げ元老院から即位を承認される。

しかしその後の国内統治につまずき、求心力が急速に低下した
そこへアラビア地方でカラカラの落胤とされる少年(後のヘリオガバルス)が新公邸に名乗りを上げ、取り巻きの軍団を率いてローマに向かってきた。 

マクリヌスは軍務の経験がないうえ高齢であり、ヘリオガバルス軍団との戦いに敗北、マクリヌスは数か月落ち延びたがローマ兵士に見つかり、斬首された。

関連

pixivに投稿された作品 pixivで「マクリヌス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88

コメント