ピクシブ百科事典

ワム80000

わむはちまん

日本国有鉄道が運用した有蓋車(貨車)の1つ。ここでは2代目について解説。

国鉄ワム80000形(2代目)

ワム80000形は日本国有鉄道(国鉄)が運用していた2軸貨車の1つで、本形式は屋根のある「有蓋車」に該当する。愛称は「ワムハチ」。
それまで有蓋車の近代化を目的として、1960年から1981年にかけ合計26605両が製造された。最大積載荷重は15t、最高運転速度は75km/h。

製造過程で最盛期には汎用車をベースにした様々な物資別適合車も誕生(480000番台、580000番台)したが、最高運転速度が低いことや、コンテナ車の普及・進捗に伴い、1984年2月のダイヤ改正でヤード集結輸送が廃止。それ以降は数を減らすことになった。
国鉄民営化に伴い一部車両を除いてJR貨物へ承継。それ以降も数を減らし、2012年の岳南鉄道(岳南電車)方面への直通貨物列車の廃止を最後に、JR貨物での運行を終了した。

関連項目

貨物列車 貨車 ワムハチ

pixivに投稿された作品 pixivで「ワム80000」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 237

コメント