ピクシブ百科事典

目次[非表示]

会社概要

富士急行グループの一社で、岳南鉄道の鉄道部門を2013年に分社化して設立。
路線自体は1949年に開業した路線を引き継いでおり、旅客営業については岳南鉄道時代の状態を維持している。

かつては国鉄(後にJR)を経由して貨物列車を走らせていたが、2012年にJR貨物の合理化につられる形で貨物輸送が終了。
これによる大幅な収入減が、分社化の契機となっている。
また、貨物輸送が盛んだったころの名残で、途中駅には広大な空き地や使われていない線路が未だに残っている。

昭和時代には吉原本町駅から入山瀬駅への支線や、岳南江尾駅から沼津駅への延伸も計画されていたが、実現することはなかった。
沼津駅の東側にある「3つ目ガード」は、岳南鉄道が通る予定で建設されたといわれている。

夜間の駅舎や車両の光景、沿線の工場夜景、車内から望む景観などが広く紹介された事から、日本夜景遺産の「施設型夜景遺産」に認定されている。
これを売りにして、日没後に工場夜景を観賞するためのツアー列車「夜景電車」を定期的に運航している。
沿線は概ね工場や住宅地で占めており、観光施設や名所には恵まれていないが、一応全ての駅から富士山が見えることを売りにしている。

先述の貨物輸送終了後は慢性的な赤字経営であり、自力での存続が出来ないことから富士市から補助金を受けて運営されている。
このため、2010年代後半以降は収益改善のためにイベントの企画に熱心で、鉄道ファンへのアピールを積極的に行っている。
中には吉原駅で一夜を明かす「ナイトステイホーム」、夜行列車を疑似体験できる「岳南夜行」、終電後に線路を歩いて探検する「岳鉄ナイトウォーク」、ギタリストケリーサイモンによる生演奏を聴きながら走行する「超絶メタルトレイン」など奇抜なものも多い。
2021年12月~2022年2月の土日(合計16日)は、7000形25週間記念として、全線運賃無料となった他、ウォーキングイベントやクイズラリーなどが行われた。

岳南線

全区間合わせて9.2km(片道21分)で、静岡県富士市内で完結する。

駅名読み接続路線備考
吉原駅よしわらJR東海東海道本線
ジヤトコ前駅じゃとこまえ
吉原本町駅よしわらほんちょう商店街にある
本吉原駅ほんよしわら本社最寄り駅
岳南原田駅がくなんはらだ駅舎に蕎麦屋が入る
比奈駅ひな駅舎に模型屋が入る
岳南富士岡駅がくなんふじおか車両工場がある
須津駅すど
神谷駅かみや
岳南江尾駅がくなんえのお東田子の浦駅まで徒歩40分

使用車両

※現在の保有・在籍車両を記載。

電車

全ての車両が元京王電鉄中古車

7000形

1996年1997年に3両が導入された。
京王3000系で、中間電動車を改造して両運転台化した単行車である。
塗装はインターナショナルオレンジで、これは工事の煙突などと同じ色である。
2016年に、モハ7001が京王井の頭線をイメージした塗装(水色)になった。
2018年7月にモハ7002が老朽化により引退し、現在は2両が在籍。
モハ7002とモハ7003は連結しての運用もできたが、モハ7002が引退したため、現在は行うことは無い。
なお、モハ7002は2022年1月現在も岳南富士岡駅側線に留置されている。(一部のパーツは取り外され販売された。)

ナポリン勝男号
岳南7001号



8000形

2002年11月16日より運行開始した車両。
7000形同様京王3000系の改造車であるが、こちらはモハ8001+クハ8101の2両編成。
1本が投入され、初めは朝夕のラッシュ時を中心に使用された。近年は日中の運用に入ることもあり、夜景電車にも使われる。
ワンハンドルで緑色の塗装が特徴。がくちゃんかぐや富士号の愛称がある。
塗装はデビュー当時は明るい緑だったが、後の検査時に濃い色に変化している。2021年の検査でヘッドマークが撤去された。

岳南江尾の昼
車庫



9000形

2018年11月より運行開始した車両。
京王5000系(初代)→富士急行1000形(1206F)の譲渡車で、モハ9001+クハ9101の2両1編成が、前述のモハ7002の代替で導入された。
かつて所属した元東急5000形に倣ったインターナショナルオレンジに白帯の塗装になっている。
セミクロスシート車両のため、イベント列車に多く使われている。
「岳南夜行」に使用されるのはこの編成。
なお、行先表示器は富士急行時代の方向幕から板を差し込むタイプに変更されている。

岳南江尾駅



電気機関車

2012年の貨物輸送終了に伴い運用終了し、全車が2015年頃に除籍されている。
その後は岳南富士岡駅側線にワム80000貨車2両と共に留置されていた。一部車両は2017年に売却先を募集したが買い手が現れず、処遇が不安視されていたが、2021年にはこれらを観光資源として再活用する方針に転換。
外装を整備され、同年8月21日オープンの「がくてつ機関車ひろば」にて展示されている。

ED29

現在の飯田線の一部であった豊川鉄道が1927年に導入したもの。日本車輌製。
1944年に鉄道省に編入され、1959年に国鉄から岳南鉄道に1号機が譲渡。
主に貨物輸送に使用され、1993年に引退。以降は予備車となるが復活することは無く、機器の一部をED50に供出していた。

ED50

上田電鉄の前身・上田交通が1928年に導入した凸型車体の機関車。川崎造船所製で、当時は同型機が西武鉄道小田急電鉄にも存在した。
1940年に名古屋鉄道が購入し、1970年に岳南鉄道に1号機が譲渡された。
名古屋鉄道時代の名残で、車番はローマン字体で書かれている。
末期には入換機として運用され、貨物輸送最終日まで活躍した。
比奈駅にある鉄道模型店「フジドリームスタジオ501」は、本機が名前の由来となっている。

岳南の長老



ED40

アルピコ交通の前身・松本電気鉄道ダム工事のために1965年に2両導入したもの。日本車輌製で、同社の電気機関車としては末期の作品である。
ダム工事終了後に不要となり、2号機と3号機が岳南鉄道に譲渡された。ちなみに1号機は欠番のため元々存在しない。
2号機は貨物輸送最終日まで活躍したが、3号機はその数日前に不運にも故障し、一足先に引退している。

【HD岳南01】岳南貨物の主力【ED40形】



その他

  • 「岳ちゃん」という7000形をモチーフにしたキャラクターのTwitterがあり、エゴサーチで有名のようである。運用しているのは同社の若手社員とのこと。
  • 2021年に7000形25周年を記念してクラウドファンディングを実施し、6月7日に目標達成。使わなくなった側線を整備し、運転体験に使用する予定。
  • 吉原本町駅周辺の商店街には、富士市が誇るB級グルメつけナポリタン」を扱う店舗が複数存在し、この食事券をセットにした乗車券を販売している。
  • 貨物輸送では突放を行っており、その作業が間近で見れる私鉄として有名だった。
  • かつては東急5000形の中古車を走らせており、オレンジに塗られた車体から「赤ガエル」の通称があった。
  • 岳南富士岡駅と岳南江尾駅の近くの踏切は、現在では珍しくなった電鈴式踏切である。なお、後者は2021年冬頃に新しい踏切に交換されたが、引き続き電鈴式を保っている。(警告灯は新型のため、見た目と音が釣り合わない)


関連項目

中小私鉄 岳南鉄道 静岡県 富士市
富士急行

関連記事

親記事

岳南鉄道 がくなんてつどう

pixivに投稿されたイラスト pixivで「岳南電車」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「岳南電車」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9225

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました