ピクシブ百科事典

目次[非表示]

会社概要

富士急行グループの一社で、岳南鉄道の鉄道部門を2013年に分社化して設立。

路線自体は1949年に開業した路線を引き継いでおり、旅客営業については岳南鉄道時代の状態を維持している。

かつては吉原本町駅から入山瀬駅への支線や、岳南江尾駅から沼津駅への延伸も計画されていたが、実現することはなかった。
沼津駅の東側にある「3つ目ガード」は、岳南鉄道が通る予定で建設されたといわれている。

夜間の駅舎や車両の光景、沿線の工場夜景、車内から望む景観などが広く紹介された事から、日本夜景遺産の「施設型夜景遺産」に認定されている。
ただし沿線は概ね工場や住宅地で占めており、観光施設や名所には恵まれていないが、一応全ての駅から富士山が見えることを売りにしている。

岳南線

全区間合わせて9.2km(片道21分)で、静岡県富士市内で完結する。

駅名読み接続路線
吉原よしわらJR東海東海道本線
ジヤトコ前じゃとこまえ
吉原本町よしわらほんちょう
本吉原ほんよしわら
岳南原田がくなんはらだ
比奈ひな
岳南富士岡がくなんふじおか
須津すど
神谷かみや
岳南江尾がくなんえのお東田子の浦駅まで徒歩40分
車両基地は岳南富士岡駅に併設。

使用車両

※現在の保有・在籍車両を記載。

電車

全ての車両が元京王電鉄中古車

7000形
1996年1997年に3両が導入された。
京王3000系で、中間車を改造した単行車である。
塗装はインターナショナルオレンジで、これは工事の煙突などと同じ色である。モハ7002とモハ7003は連結しての運用もできた。
2016年に、モハ7001が京王井の頭線をイメージした塗装(水色)になった。
2018年に7月にモハ7002が故障により引退し、現在は2両が在籍。

ナポリン勝男号



8000形
2002年11月16日より運行開始した車両。
7000形同様京王3000系の改造車であるが、こちらはモハ8001+クハ8101の2両編成。
1本が投入され、初めは朝夕のラッシュ時を中心に使用された。近年は日中の運用に入ることもあり、夜景電車にも使われる。
ワンハンドルで緑色の塗装が特徴。がくちゃんかぐや富士号の愛称がある。
塗装はデビュー当時は明るい緑だったが、だんだん濃い色に変化している。2021年の検査でヘッドマークが撤去された。

岳南江尾の昼
車庫



9000形
2018年11月より運行開始した車両。
京王5000系(初代)→富士急行1000形(1206F)の譲渡車で、モハ9001+クハ9101の2両1編成が、前述の故障したモハ7002の代替で導入された。
かつて所属した5000形をイメージしたインターナショナルオレンジ塗装になっている。
セミクロスシート車両のため、イベント列車等に多く使われている。
2021年5月には臨時快速「岳南夜行」にも使用された。

岳南江尾駅



電気機関車

2012年の貨物輸送終了に伴い、全車両が岳南富士岡駅構内に留置されている。

ED29
現在の飯田線の一部であった豊川鉄道が1927年に導入したものである。
1944年に鉄道省に編入され、1959年に国鉄から岳南鉄道に譲渡。
主に貨物輸送に使用され、2015年に除籍。

ED40
アルピコ交通の前身・松本電気鉄道ダム工事のために1965年に2両導入。
ダム工事終了後に不要となり岳南鉄道に譲渡された。
貨物輸送終了に伴い休車、のち1両が2015年に除籍。

【HD岳南01】岳南貨物の主力【ED40形】



ED50
上田電鉄の前身・上田交通が1928年に導入したものである。
1940年に名古屋鉄道が購入し、1970年に岳南鉄道に譲渡された。
貨物輸送終了に伴い2015年に除籍。

岳南の長老



関連項目

中小私鉄 岳南鉄道
富士急行

その他

  • 岳ちゃんと呼ばれる7000形をモチーフにしたキャラクターが運営するTwitterがあり、エゴサーチで有名のようである。
  • 2021年に7000形25周年を記念してグラウドファンディングを実施し、6月7日に目標達成。使わなくなった側線を整備し、運転体験に使用する。

関連記事

親記事

岳南鉄道 がくなんてつどう

pixivに投稿された作品 pixivで「岳南電車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7243

コメント