ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ヴィクトール(ロマサガ2)

ゔぃくとーる

スクウェア(現:スクウェア・エニックス)のコンピュータRPG『ロマンシングサガ2』に登場するキャラクターである。
目次 [非表示]

概要

辺境の国「バレンヌ帝国」の第一皇子。武勇に優れた人物で、父である皇帝レオンがモンスター退治の為に外出している間、国を預けられるほど信頼されている。

弟のジェラールからは「兄さん」と呼ばれている。

戦闘に向かない性格のジェラールを戦いから外そうと父に進言していたが、受け入れられなかった。


ソーモンのクジンシー

しかし帝国暦1000年のある日、レオンの留守中に国は七英雄の1人クジンシー率いるモンスター軍団の襲撃を受ける。

フリーファイター達がモンスター達を引き受ける中、1人果敢にクジンシーに挑むヴィクトールであったが、その必殺技「ソウルスティール」によって生命力を吸いつくされ、戦死した。


この事件がバレンヌ帝国と七英雄との長きに渡る戦いの引き金となった。


公式イラストは存在するが、画集『時織人』及び書籍『ロマンシングサガ大全集』にしか掲載されていない。

因みに前者の記述によると兵士達から「ソードプリンス」と呼ばれているとのこと。


なお、かつて帝国が築いた「ヴィクトール運河」という地名が登場するが、このヴィクトールに因んで名付けられたかどうかは明言されていない。


戦闘能力

クジンシーとのイベント戦闘に参加するのみで、しかも完全な自動イベントである為、プレイヤーが操作する事は出来ない。

大剣の初歩技である「巻き打ち」を最初のターンで、続いて中級技「流し斬り」を2ターン連続で使用するが、その3ターン目でソウルスティールを受け倒れる。

2ターン目までは相手が「防御」のコマンドを選んでいる為それほどのダメージを与えられず、3ターン目に至っては相手に先に行動されて倒れる事もある


戦闘後の会話イベントでの「流し斬りが完全にはいったのに…」が若干シュールなことからよくネタにされるが、上記の通り流し斬りは中級技なので序盤も序盤にこれを使いこなすヴィクトールは確かに武勇に優れていると言える。


アプリ版

追加イベントがあり、全てのクラスを仲間にした状態で最終皇帝の代になると、自室のベッドで就寝した時にヴィクトールの部屋だった場所で彼の亡霊と戦う事ができる。

ジェラールに剣術すら教えてやれなかった事を悔やむが、ジェラールの意思を引き継いだ皇帝と1vs1で戦い、満足して成仏した。

タイマンにしては非常にHPが高く、術を使いこなしたり、リヴァイヴァ無用の即死攻撃を使ったりするなど、かなり強い。

倒す事ができれば、コッペリアと同等の状態耐性を得られるアクセサリが手に入る。

これで七英雄の「動くな⇒ソウルスティール」のコンボだって大丈夫。


関連タグ

ロマンシングサガ2 レオン ジェラール

関連記事

親記事

ロマンシングサガ2 ろまんしんぐさがつー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9631

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました