ピクシブ百科事典

俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった

おれはちょうなんだからがまんできたけどじなんだったらがまんできなかった

漫画及びアニメ『鬼滅の刃』の主人公、竈門炭治郎の台詞。
目次[非表示]

概要

鬼滅の刃』の主人公竈門炭治郎の台詞。
先の戦いで大怪我を負い、まだ完治してないにも関わらずと戦うことを決めた際に放った。

現代の我々からすればなかなかの超理論にも見えるが、本作の舞台は大正なので家父長制や長子相続がまだまだ根強い時代であった。
更に言えば竈門家は一話の時点で既に父親を喪っており、家計を担う炭治郎は名実共に一家の大黒柱と呼べる存在であった。
それらの事情を踏まえれば、炭治郎の家長としてのプライドと、妹の竈門禰豆子を守り抜かんとする家族愛を示す台詞であることが分かるだろう。
なお、これはあくまで炭治郎が自身を鼓舞するためのものであり、他の長男キャラに同じ振る舞いを強いたことはない。

炭治郎を語る際に必ず出てくると言ってもいいの代表的な台詞であり、後に『僕とロボコ』にも使われた。

補足

とはいっても、前述のようにこの台詞は家父長制の強い大正時代だから際立っているのであって、多様な価値観が認められている現代では、長男=どんな苦しみも重責も我慢しなければいけないという考えは決して正しいとはいえない。
要は、次男、三男であろうが女性であろうが、大切なものを守ろうとするときは、驚くほど人は強くなれるのである。
ちなみに、ライトノベル作家の長月達平がたまにこの台詞を引き合いに出しており、代表作のRe:ゼロから始める異世界生活で似たような台詞をナツキ・スバルが発言していた。

関連タグ

鬼滅の刃 長男 家族愛

竈門竹雄:炭治郎の弟。この台詞での次男にあたる人物。

関連記事

親記事

竈門炭治郎 かまどたんじろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3652

コメント