ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要

鬼滅の刃』の主人公竈門炭治郎の台詞。

先の戦いで大怪我を負い、まだ完治してないにもかかわらずと戦うことを決めた際に放った。


現代の我々からすればなかなかの超理論にも見えるが、本作の時代は大正なので家父長制長子相続がまだまだ根強い時代であった。

更に言えば竈門家は一話の時点で既に父親の竈門炭十郎を喪っており、家計を担う炭治郎は名実共に一家の大黒柱と呼べる存在であった。

それらの事情を踏まえれば、炭治郎の家長としてのプライドと、妹の竈門禰豆子を守り抜かんとする家族愛を示す台詞であることが分かるだろう。

なお、これはあくまで炭治郎が自身を鼓舞するためのものであり、他の長男キャラに同じ振る舞いを強いたことはない。


炭治郎を語る際に必ず出てくると言ってもいいの代表的な台詞であり、後に『僕とロボコ』にも使われた。しかも、よりによってその台詞を言っていたキャラクターを演じた置鮎龍太郎氏が上弦の壱黒死牟)の声を担当することとなった。



とはいっても、前述のようにこの台詞は家父長制の強い大正時代だから際立っているのであって、多様な価値観が認められている現代では、長男=どんな苦しみも重責も我慢しなければいけないという考えは決して正しいとはいえない。

要は、次男、三男であろうが女性であろうが、大切なものを守ろうとするときは、驚くほど人は強くなれるのである。

ちなみに、ライトノベル作家の長月達平がたまにこの台詞を引き合いに出しており、代表作の『Re:ゼロから始める異世界生活』で似た台詞をナツキ・スバルが発言していた。


関連タグ

鬼滅の刃 長男 家族愛

俺はお兄ちゃんだからな - プリズマ☆イリヤにおける類似した名言

全力でお兄ちゃんを遂行する!! - 呪術廻戦における類似した兄の意地


竈門竹雄 - 竈門家の次男。この台詞での該当者。
































































































しかしながら、長男だからこそ耐えられない事だってあるのである。

関連記事

親記事

竈門炭治郎 かまどたんじろう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35536

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました