ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

公式紹介文

玩具会社「加賀美インダストリアル」の若き社長。

自社玩具のPRのため、自らライバーとしてデビューすることを決めた。


VTuberの説明についてはこちら


概要

ANYCOLOR株式会社の運営するバーチャルライバーグループ「にじさんじプロジェクト」所属のVTuber/バーチャルライバー。

公式紹介文の通り、加賀美インダストリアル代表取締役との兼業をしている。それにちなんでリスナーやライバーからの愛称は「社長」。


2019年7月、葉加瀬冬雪夜見れなと3人のユニットを組み、SMC組(すめしぐみ)としてデビューした。


茶目っ気も覗かせつつ、地位ある人間にふさわしく、言葉遣いも態度も丁寧なライバー。

声質・発声ともに、アナウンサーを思わせる聞き取りやすさと爽やかさを持つ。

その一方で、マイクを握れば、喉から飛び出すのは高音圧のロックというギャップの持ち主でもある。

デスボイスやスクリームもお手の物であり、歌う相手やによっては、男性歌唱が想定されていないはずの原曲キーでの高音を披露するなど、音域・曲調共に幅広い。


お母様冬臣

明るい茶髪の毛先を遊ばせて、右側を耳にかけている。目は黄色寄りの茶色。上瞼はアイシャドウなのか少しブラウン系に色づいている。

両耳には複数個のピアスを着用。初めて開けたのは高校生の頃。

地位にふさわしく、デフォルト衣装はスーツ。設定画はこちらで公開されている。

他の衣装に関してはこちら


配信形態

主にYouTubeにて行っている。平常時は週4~5回、21~23時ごろに開始。夏休み期間(8月)のみ、13時前後から配信することもある。

主な配信内容はゲーム。アーカイブは2~4時間程度のものが多いが、例外として、フロムソフトウェアのソフトをプレイする際は配信時間が伸びる傾向にある。(最長9時間36分・『Bloodborne』)

ライブなどのイベント後には1時間程度の振り返り雑談を行うことが多い。

テンポの良い話題展開と、リアクションの良さが持ち味。

見どころの意識や、暴言や下ネタをほぼ出さないなど、リスナーにストレスを感じさせない配慮に長けている。

チャット欄もおおむね穏やかなので、初心者に勧めやすいライバーの1人と言える。


ただし、有料実写素材を用いた自作のサムネイルだけは、一見してどんな内容の配信なのかわかりにくい(もしくは想像できない)シュールな何かとして仕上がることがたびたび発生している。

実際に、有志によってゲームタイトルを隠したサムネクイズが制作されたところ、平均正解率が20%台と中々に低く、本当に配信内容が読み取れない代物であることが証明されてしまった。

後に、にじさんじ公式番組のクイズにも採用されたが、同業者にとっても独特なサムネらしく、正答者は1人きりだった。

なお、正解したは配信傾向やゲームのギミックから推測して答えを導き出しており、配信内容をある程度知っていれば理解できなくもないラインには収まっているらしい。


バージョン違いとして、ゲームタイトルと組み合わせた結果、見ている側の脳がバグるようなサムネイルも存在している。


ゲーム

インディーズから有名作まで、幅広くRPG・ACT系をプレイしている。逆にFPSやTPS系の単独実況プレイはほとんどない。

また、定期的にマイナーゲームを発掘して、単発・短期プレイを行なっている。その際は配信開始時の挨拶などに、ゲームにちなんだ肩書きが追加される傾向がある。

(例:マグマ香りソムリエ・駆け出しパンジャン技術者・滅殺4・塊高校理事長・カニ

なお、本人の一番気に入っている肩書きは「パン」。


珍しい部類としては、『塊魂』シリーズを複数回に渡って配信している。

豊富な語彙から繰り出されるパワーワードは見どころの一つ。


その端麗な容姿と丁寧な言葉遣いとは裏腹に、ゲームでのプレイスタイルはゴリ押し上等の脳筋蛮族

どんなゲームでも力押しで解決しようとする姿勢が垣間見える。

しっかりビルドを構築しても、理性的に攻略や回避を行っていても、彼の行動はよりデカい火力を出すことに帰結する。戦闘がメインコンテンツのゲームのみならず、それがホラーゲームだろうが、スローライフシミュレーションだろうが、変わらぬテンションで火力の確保と襲撃の対策を行う男。

誰が言ったか、「立ち絵芍薬、黙れば牡丹、口を開けばクソ脳筋」

・・・・・・至言である。


彼の脳筋は戦闘のみならず、もちろん探索においても遺憾なく発揮されている。特に、自由度が高いオープンワールドとは異常なまでに親和性が高い。

素の理解力の高さに、某ゲームで鍛えたキャラコンの上手さが時々合体事故を起こして、色んな意味でリスナーが驚くようなルート取りや、縛りプレイを天然でかますなどのとんでもない攻略法を編み出すことがある。


ホラーゲームに関しては、過去に洒落怖にハマっていたらしい影響もあってか、全方面鉄壁の恐怖耐性を誇る。

笑いながらプレイする姿に、見ているリスナーからはあまり怖く感じなくなるとの声が聞かれる。時には、怖くて進めなくなった同期のサポート役として配信に飛び入り参加したこともある。

喋ると進むけど叫ぶと死ぬ「Don't SCREAM」の実況ではそのホラー耐性の高さ故に、僅かプレイ時間28分でクリアしてしまい困惑する場面も(曰く「ちゃんと怖かった」けど演出に物足りなさを見いだしている程)。仕方なく音声の感度を最大に上げると、普通の喋りで絶叫判定になりロクに進めなくなって已む無く終了させた。

某格好いい大人志望の企画にて、リアルでのホラー耐性もしっかり高いことが発覚した。


一企業の社長らしからぬ、にじさんじでも有数の高い歌唱力を誇る。

好んで歌うのはロック(ラウドロック)。

初配信で披露したオリジナルソング(ボーカル&作詞を担当)「WITHIN」の他、個人では「トレモロムーン」・「PIERCE」、31歳の誕生日を記念した新曲「22」の4曲を公開。

これらは全てデジタル配信されている。

ほかにも、公式とのコラボとして、「篝火」を提供している。


その他、緑仙夢追翔とのユニット、le_jouetや、剣持刀也不破湊甲斐田晴とのユニットROF-MAOなどにも参加。

J-pop、ラップ、アニソンからアイドル曲まで、音域も曲調もとにかく多彩に歌いこなしており、単独での歌唱とは雰囲気の違った彼の歌声を聞くことができる。


また、人にボイストレーニングを施すこともできるようで、裏で夢追翔の歌唱力を1時間弱で爆上げして配信でやれと怒られたり、社築がボイストレーニングに行った際に、加賀美から教わったことが大量に出てきて進研ゼミ状態と化したりと、いくつかエピソードが明かされている。


そして、加賀美ハヤトの歌のもう一つの魅力はライブ配信でのパフォーマンスで発揮される。


他ライバーとコラボしての歌リレーなど、初期から音響や生演奏にこだわってきたことが結実し、3Dでのお披露目配信では、黒子姿で3D化したバンドメンバー5名によるリアルタイム演奏で歌声を披露。

YouTube急上昇1位・最大同時接続人数13万人越え、にじさんじでの個人配信としては初の100万再生超という2020年当時としては驚異の記録を打ち立てた。


ゲーム配信でも垣間見える音圧による渾身の歌声と、合間に挟まれるMCはライブならでは。

配信・会場を問わず数々のライブイベントに参加しており、スーツ姿でリスナーを沸かせるその姿は一見の価値あり。


また、3D化した副産物として、長い手足による迫力あるアクションが加わった。

シンバルキックや機材への足乗せのほか、2020年に開催されたライブ「Shout tha Rainbow」での全体歌唱曲「Virtual to Live」の振り(高く脚を上げてからポーズを決めるなど)は、ジョー力一らに擦られて一時期ライバー間でミームと化していた。

上記から分かる通りに、割と足グセが悪い。


現在公開されている中で最新の3Dライブ動画(32歳の誕生日記念ライブ)


※もっと彼について詳しく知りたい場合は、こちらがおすすめ。


プロフィール

1991年12月2日生まれ(2024年1月現在32歳)のA型。順当に年をとる方のライバーである。

身長182cm、体重65kg、長身かつ足長族の1人。なお、当初は体重61kgと言い間違えており、初配信にて謝罪と訂正を行った。なにかとネタで謝罪しがちな彼の片鱗はこの時からうかがえる。

公式によるイメージカラーは#B9ADB9(灰色がかった薄紫)。本人の好きな色は赤であり、こちらは衣装などに時々使われている。

なお、答えた直後に赤色のスーパーチャットを喰らったため、すぐに好きな色はスケルトンであると訂正が入っている。


一見したところは、地位にふさわしい優秀そうな大人なのだが、その実態はメンタル・フィジカル共に激強の超人ともいえる人物

以前から自配信内でのエピソードや他ライバーからのタレコミなどでその片鱗を窺い知ることはできたが、3Dの体を得てから本格的に目にする機会が増えた。

特に、彼が所属するユニット「ROF-MAO」によるバラエティ番組(ろふまお塾)が始まってからは顕著。

現在判明しているものは

  • ゲーム・リアルを問わないホラー耐性
  • 痛覚耐性(足ツボ・わさびなど)
  • 電撃耐性(配信外で電気を浴びていた目撃例あり)
  • 精神耐性(催眠術がまったくかからない)
  • 単純な体力・腕力(そこそこ大きいサイズの石をぶん投げる・アルミ缶を握りつぶすなど)

となっている。

逆に弱点として、蝶結びは「めっっっっっちゃ下手(自己申告)」。どうしても自己流な結び方になってしまう。通称「加賀美結び」。なお、ネクタイはどうにか結べる模様。…だったのだが、2023年3月の新衣装お披露目配信にて、紐靴の実装とともに克服したことを発表した。

他の弱点としては、ねばねばした食品全般が苦手。


加賀美ハヤトが社長を務める「加賀美インダストリアル」とは、そもそも社名通りに重機などを手掛ける工業系の企業であり、彼が任されているのはそこから派生したホビー事業の部門である。

ホビーを担当するだけあって、玩具やアナログゲームを趣味としており、子どもっぽい遊びにテンションを上げる一面を配信でよく見かけることができる。少年心を忘れない大人・・・・・・と言うか、度々童心に帰り無邪気な姿を見せている。(特にロボットやドラゴンを前にすると顕著)

責任のある立場としての口調とのギャップが凄い。


特に、前述した経営する会社の来歴名字からも察せる通り、遊戯王MTGなど種類を問わないTCGプレイヤー。

紙・データを問わないパック剥き・オンライン対戦を含めた定期的な配信のほか、公式配信のゲストに招かれることもある。

なんだったら、彼の3Dお披露目の際にはボルメテウス・ホワイト・ドラゴンの3Dモデルがタカラトミーとの公式コラボとしてやってきた。超大型ゲスト。


彼以外にも、にじさんじには数多くカードゲーマーが存在しており、彼女らと裏でもプレイしているらしき様子が窺える。

特に来栖夏芽とは初対面でEDH(MTGの変則ルール戦)をしたようで、兄の影響でカードゲームを始めたことで「男の影響で始めた=彼氏の影響」と言う邪推をされがちだった来栖に、「お家でいつでもカードゲームできるって事ですか!?」と喜色満面で羨ましがった加賀美の無邪気さが、来栖の嫌な思い出を払拭した経緯があったらしい。

なお、加賀美本人はいまだこの事実を与り知らない。


内外で少年呼ばわりをされ続けた結果か、2022年・2023年・2024年のエイプリルフールには10歳位に若返った

肩書きもきちんと「次期加賀美インダストリアル代表取締役候補」に変わっている。


初期の頃は、配信でお金をもらうことに慣れていなかった様子と、本人曰く「お金には困っていない」という理由から、スパチャをもらうと困ったような反応をしていた。

それがリスナーのSっ気をくすぐったらしく、一時期は高額スパチャを投下して「お客様!!困ります!あーっ!!」状態にしては愉悦に浸るスパチャDVが流行った。

また、配信の締めとしてウィンクをするのは、初期にウィンクをしただけでスパチャが止まらなくなっことを受け、毎回することでスパチャを抑制しようとしていたことが元になったのではと考えられている。

配信を続けるうちに、「反応すると流れが加速する」ことを学んだらしく、現在はほぼ過剰な反応はしなくなった。


初配信で決められたハッシュタグ等は以下の通り。

ファンマーク🏢(ビル)
ファンネーム潜在株主
ファンアート加画美

※ライバー本人に見られたくない場合のファンアートタグは「前加画美」。


コラボ

本人の中で「自分の外見や雰囲気に威圧感があるのではないか」と危惧があるらしく頻度は少なめ、かつ1対1のコラボはほとんどない。

逆に大人数のコラボには積極的に参加しており、直近かつ大規模なものでは、にじさんじ甲子園(2021・2022年)に監督の一人として、にじさんじスプラ杯(2021年)にエクス・アルビオと共に主催も務めている。

本人の人柄もあってか、自然と胃痛役……もといまとめ役を任されることが多い。

気心の知れた相手とのコラボでは、一緒にはしゃぐ一面もある。

外部コラボでは一度デビューして間もない頃に緑仙主導ではねる組長の呼び出しを受けた事もあり、恐縮しっぱなしの地獄を味わった。


SMC組3周年

葉加瀬冬雪夜見れなとの2019年7月デビューの同期ユニット。

ユニット名の由来はそれぞれの役職「Scientist・Magician・CEO」の頭文字を取ったもので、加賀美ハヤトは「CEO」を担当。

同期ユニットの中でも特に仲の良い部類であり、散発的にコラボや、配信外でのお互いの話題が聞かれる。


  • ダブルスリーブ

ツイッター落書きログ2021

初のサシコラボの相手でもある社築とのコラボ名。大人数コラボなどでの共演はままある2人だが、サシでのコラボは案外多くはない。後述の花畑チャイカと3人でコラボをすることが多め。

会社員・同年代オタク、カードゲーマー仲間と何かと共通点が多い。コンビ名の由来も二人がMTGの熱心なプレイヤーであることから、カード保護に使う「スリーブ」が元ネタ。

デッキの組み方に直線的な指摘と指示をする社築と異なり、彼の場合口調は柔らか(でも内容はガチ)。

加賀美ハヤト初凸待ちにて、放っておくと2人で延々と喋っていることが証明されてしまった。


  • アラサーランク隊

にじさんじ男児+α

上記の社築とその同期で仲の良い花畑チャイカ、加賀美ハヤトとle_jouetでユニットを組む夢追翔の4人組を指すコラボ名。

飲酒雑談時に使用されたことで広まり、その後のARKプレイ時のメンバー『アルファスレイヤー』初期面子でもある。


現在、夢追とのコラボは音楽関連のみにとどまっている。


  • 雑キープ

ツイッター落書きログ2023 3月&4月分

同世代かつMTGプレイヤーで、何かと絡む社築花畑チャイカとのコラボ名。

以前からコラボ自体はあったものの、長らくユニット名が定まっていなかった。

しかし、2022年8月より始まった月1回の定期雑談枠(雑な雑談コラボ)4回目にしてついに名称が決定。

正式にはMTGのカード表記にならった、≪雑キープ/That's Keep.≫。本人たち曰く、英字部分"That's Keep."(ザッツキープ)は海外展開した時用らしい。

雑談枠でのパック剥きが恒例化するなど、カードゲームという共通の趣味を持つ3人であるが、他にも波長が合うようでアニメ・漫画・ホビー等のオタクトークでも話が合い、視聴者そっちのけで盛り上がることも。


ちなみに、これまでのユニット名の候補や非公式のものとしては、「シャカパチ台パン」、「雑コラボ」、「ノーマリガン」などがある。


ろふまお〜!

剣持刀也不破湊甲斐田晴と共に構成する4人ユニット。

2021年10月公開の、上記4人による無人島サバイバル動画(実写)の最後に結成が発表された。

加賀美ハヤトはグループ内最年長であり、主に司会進行役(ツッコミ役)を務めている。

媒体によっては「リーダー」とされることも。


現在、3Dモデルによる毎週木曜日22時開始のバラエティ番組『木10!ろふまお塾を配信中。


かがみもち

上記のROF-MAOのメンバーの1人でもある剣持刀也とのコラボ名。

2020年のにじさんじユニット歌謡祭で共演した際につけられた名前だが、ROF-MAO内でも使用されるなどで半公式化している。

お互いにマイペースな配信であるためか、平常時はあまり絡みがなく、ライブイベントなど公式での共演が多め。

ROF-MAO結成後は、その枠内での関わりが増した。本人たちによると、4コマ漫画の1コマ目が加賀美なら4コマ目(オチ)が剣持らしい。


  • アーリオオーリオ(クロウ)

【】【】

葛葉とのコラボ。公式名はないが、数少ないサシコラボ相手の一人である。

ゲーム配信の他に、加賀美の手を借りながら葛葉作詞のオリジナル曲を作ろうという企画をしており、紆余曲折ありながら、歌:葛葉・加賀美ハヤトによる「クロウ」として公開された。

リスナーによるコラボ名の由来は曲名と、配信中に誕生した仮歌詞から。

なお、葛葉の公開した歌唱曲のほとんどに【】【】が付くようになった元凶は加賀美ハヤトである。



関連イラスト

社長社長まとめ

お誕生日天使

祝!31!ろふまおグッズ社長


関連動画

【初配信】はじめまして、加賀美ハヤトと申します【にじさんじ】

【超大型ゲスト出演】代表取締役、本気の道楽【 #加賀美ハヤト3D 】


外部リンク


関連タグ

バーチャルYouTuber バーチャルライバー

ANYCOLOR にじさんじ SMC組 ROF-MAO

だむお

刃牙:愛読書。直近ではコラボで「刃牙らへん」の1話ネームを読ませてもらった事もある。

関連記事

親記事

SMC組 すめしぐみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72255664

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました