ピクシブ百科事典

社築

やしろきずく

社築とは、「にじさんじ」に所属するバーチャルライバーであり、「にじさんじSEEDs」1期生出身のメンバー。
目次[非表示]

概要


いちから株式会社が提供するアプリケーション『にじさんじ』の公式バーチャルライバーのグループの一つ「にじさんじSEEDs」出身のバーチャルライバー。
…なお、名前の読みは「しゃちく」ではないので悪しからず(姓が「やしろ」名が「きずく」)。

26歳男性IT企業の社員、プログラマーでそれなりに優秀。
本人は謙虚な性格、いつも疲れた喋り方。
優しく流されやすい性格。週休35時間でそれ以外は常に仕事をしている。
空いた休み時間に試しに配信をして、何かしら面白いものなど発見できたらいいなと考えてる。
(公式紹介文より抜粋)

人物

年齢26歳→27歳
性別男性
身長180cm
誕生日11月23日(勤労感謝の日)
得意な必殺技シャイニングフィンガー
好きなMSゴールドスモー


均衡の取れたガッシリとした体格に、スポーティな黒髪のショートヘアと一見逞しい印象だが、過酷な社内業務に疲弊しきったような生気のない目付きをしている。衣装は水色のワイシャツに黒灰色のスラックス、ブラウンのローファーを着用し、首から社員証を下げており、如何にもIT企業の社員といった出で立ちをしている。

一人称は「私(わたし)」。リスナーのことは「飲み友」と呼ぶ。
何かと公式設定から逸脱したキャラクターが露見しているにじさんじメンバーの中でも、紹介文に(職場環境も含めて)凡そ一致している珍しいライバー。実際、彼のTwitter(仕事の関係上か午前中が多い)には「目覚めたときに白い天井があった」ことや「外が明るくなっていた」など、現代社会の闇を感じさせるツイートが数多く確認される。オオアオ(泣)
初の配信においても、配信時間が延長に入り、所謂「残業」になったことに対し「配信でも残業かよおおおぉぉぉぉ…ッ!!」と、悲痛の叫びを上げていた。

基本的には良識的な思考の持ち主であり、司会進行やツッコミ役に定評がある。
その一方でかなりの大酒家でもあり、ひとたび酒が入ると一転して配信を引っ掻き回すギャグメーカーに変貌する。とくに親交の深い同期メンバーの前ではタガが外れて暴走することもしばしば。
加えて寝落ちの常習犯でもあり、半醒半睡の状態(もしくは寝言)で会話に参加したり、意識を失って倒れ込む音が聞こえたりと、こちらでも様々な伝説を残している。ジョー・力一を迎えたOTN組コラボではウィスキー1本空けて寝落ちするという失態をしでかす。しかも、このときのOBS操作と配信終了操作は社が担当していたため、出演者は社が起きるまでトークで場をつなぐ地獄と化した(なお、このときピンチヒッターとして同じママから生まれた後輩が召喚された)。
寝落ち伝説はここで終わると思われたが、その後輩を迎えたOTN組コラボで離席したきり音信不通になる。今回も社がOBS周りを担当していたため、配信は再び地獄と化した。(この時シスター・クレアジョー・力一が応援に駆け付けた)
その後はコラボ配信でのOBSはあまり触らず、酒も上限を決めて配信するようになった。

自らオタクを称するほどのサブカルチャー文化に精通した人物でもある。
曰く、まだ物心がつく前の幼稚園児だった頃に兄から『Gガンダム』の英才教育を受けていたとのことで、ときにはそうしたディープなサブカルネタでボケたりするものの、相手に気付かれずにスルーされることがほとんどである。

また、かなりの陰キャであることも自負しており、天性の陽キャたる名伽尾アズマの意見を対立させることも多い。また、告白スキルは攻めも受けも壊滅的と称されており、要因としてはオタク特有の台詞選びや話の長さである模様。実際、気のある女性に対してはかなり奥手であるようで、とくにシスター・クレアの前では口角が上がりっぱなしになってしまうらしい。…しかし、彼の元に集まるマシュマロには築の妻や娘を自称するものが数多く届いており、日頃の激務を労ったり、遊園地に連れてくようにせがんだりしている。

こうした陰キャ自負とは裏腹に、老若男女グループ問わず、様々なライバーとコラボを行っている。

特技は物真似。一般向け(?)のものからニッチなサブカルネタ、同期メンバーを題材にした身内ネタ…などなど、そのレパートリーは計り知れず、中には他メンバーが同様の物真似をする伝染現象が発生している。特にデスクリムゾンコックカワサキTVアニメ版)に関しては必聴の価値あり。

ゲーマーとして

ゲームはレトロゲームや音ゲーを好み、特にbeatmaniaIIDX(INFINITAS)に関しては、かなりの時間をかけてKONAMIから企業案件ではない状態での配信許可を取得した。
本人は配信目的として「自分の配信を通してbeatmaniaに新規層が参入すれば」と考えていたが、配信内で曲について喋りながらプレイ「V2」をフルコン、極めつけに「天空の夜明け」をEX-HARDでクリアなどのプレイを見せ、Vtuber界隈だけでなく弐寺界隈までもをざわつかせた。簡単に言えば上位ランカーでも数%に入るほどの実力持ちである。
その後の配信では段位挑戦で皆伝96%を叩きだし、JOMANDAのフルコンを達成している。

ハッカドールへの愛着

予てより、ネットニュース配信アプリ『ハッカドール』の大ファンであり、メディアミックス作品としてアニメやキャラソン、グッズ、最近ではVtuberとしてもメディア展開している本コンテンツを網羅しているガチ勢。同アプリの通知を受ければ配信中にもかかわらずチェックするほどである。

そのガチっぷりはいつしかハッカドール公式の目にも止まり、とある配信後にTwitter上の公式アカウントを介して1号からリプライを受けて大興奮し、作品愛を語りに語った結果ドン引きされてしまった。その後、正式に1号とのコラボ配信が決定し、配信内で無事(?)限界オタクと化した。
配信以降はハッカドール関連のリツイートや公式ツイッターとの会話も増え、公式より早い告知ツイートやRTにまたドン引きされている。

2019年3月には、ハッカドール1周年記念配信のミラー視聴配信を行った。
前回コラボした1号だけでなく、2号3号にも名前を認知されただけでなく、自身が寄贈したイラストを紹介されるなどの待遇を受け再び限界化。自身が視聴していることに気付かれた際には、3号から「社畜じゃないじゃん!」とツッコまれるという一幕もあった。

関連リンク


関連タグ

にじさんじ にじさんじSEEDs
会社員 社畜 オタク 陰キャ

OTN組花畑チャイカ名伽尾アズマ
ド葛本社ドーラ葛葉本間ひまわり

関連記事

親記事

にじさんじSEEDs にじさんじしーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「社築」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 875862

コメント