ピクシブ百科事典

ベルモンド・バンデラス

べるもんどばんでらす

ベルモンド・バンデラスとは、「にじさんじプロジェクト」に所属するバーチャルライバーであり、「にじさんじSEEDs」2期生出身のメンバー。
目次[非表示]

概要

にじさんじに所属するバーチャルライバー
2018年9月25日、にじさんじSEEDs二期生第3弾メンバーとしてデビュー。2019年からはグループ統合によりにじさんじプロジェクト所属となる。

公式紹介文

フランクな性格だが時々意地悪になる。
本人曰く、生き物が夢を見るようになった時から存在しているという。
現在は夢を見る物なら誰でも来られる店のマスターをしており、気まぐれで様々な種族の客を招いている。
戸籍がないため、現実の世界で身分証明ができないのが悩み。

人物

プロフィール

名前ベルモンド・バンデラス/Belmond Banderas
年齢不明(46億歳以上138億年未満・ビッグバン以降)
誕生日11月3日
身長191cm
デザインソウスケ


ダンディな外見に、声優の大塚明夫を彷彿させる渋いボイスが魅力のイケおじバーチャルライバー。夢の世界においてバー(酒場)を経営し、リスナーたちはその夢の中に招かれた客人という独特のシチュエーションで配信をおこなっている。

そうしたミステリアスな世界観に反し、性格は気さくで意外とお茶目。サブカルチャーにも造詣が深く、洋画(とくにMARVEL原作の作品)を好んで観ている他、配信ではアニメやゲームの話題もよくあがる。とくに上述の声質から『メタルギアシリーズ』のソリッド・スネークはじめ、大塚氏が過去に演じたキャラクターの声真似を披露することもしばしば。

ゲーム配信もよく行っており、様々なゲームに挑戦している。にじさんじでは恒例のプニキといった苦行ゲーにも手を伸ばしており、決して諦めない不屈の精神力で長時間プレイを敢行したこともあった(結局、PCがブルスクを発動しクリアには至らなかったが)。

ゲームや企画を通して他ライバーたちと交流する機会も多く、SEEDsの同僚たちが考案した珍妙な内容の企画にもよく参加している。『MINECRAFT』では同僚の海夜叉神黒井しば、外部Vtuberのあっくん大魔王姉崎ユキミなどと遊んでいる。他ライバーの名前を出す際には基本的に「○○の嬢ちゃん/坊や」「○○の姉さん/兄さん」「○○の旦那」といった形で、名前の後に年齢別の通称・敬称を付けて呼んでいる(おそらく外見年齢から名付けているようだが基準は少し不明瞭)。…ただし、にじさんじゲーマーズ出身の笹木咲に限り、とある経緯で「笹木」と呼び捨てにするようになった。(後述)

名前の由来はお酒の「ベルモット」からとのことだが、同じママ(ソウスケ氏)つながりで吸血鬼がいることなどからどこぞのヴァンパイアハンター一族を連想するリスナーも多からず存在する。
(ただしアチラは基本的に苗字である。)

配信会場である『Bar Deras(バー・デラス)』にはオーナーという名の猫が居り、度々配信中に乱入している。かわいい。

エピソード

笹木咲との因縁(?)

2019年1月、昨年にバーチャル活動を卒業した笹木咲(元にじさんじゲーマーズ)の復帰が決定し、にじさんじ内のメンバーチャットで公式・および本人から報告が入った。ベルモンド自身は笹木とこれまで接点は全くなかったが、この発表に復活を歓迎するコメントを寄せた。その後、笹木本人から感謝と共に、自身の動画でこのエピソードに触れてもよいかを尋ねられ、快く了承した。

…が、問題はその後日。
ベルモンドのYoutubeチャンネルの登録者が異様な増加傾向をみせ、配信ではリスナーから何かと「誰やねん」とコメントされることが多くなる。どういうことだと思ったベルモンドは、コメント内の「笹木の動画から」という言葉を頼りに、彼女の投稿した『笹木咲は嫌われている。命に嫌われている。の替え歌動画)』を視聴。その中で「復活を発表したのに他のメンバーがメッセージを返してこない(※)中、一人だけ返事をくれたのが知らないオッサン(ベルモンド)だった」…といった内容で、自身の名前が「ベルモンド・バンデラス誰やねん♪」と歌詞に盛り込まれていた事実を知る。

経緯こそアレだが、結果的には自身に大きな注目を集められたことは事実だとして、後日ベルモンドはTwitter上にて彼女に感謝(?)のツイートを送るが、笹木からは「いや、誰やねん」と返信での追加攻撃を受けてしまう。これにはベルモンドも彼女への怒りを爆発させ(配信中にこのツイートに気付いた際の迫真の怒声は必聴である)、「いつか絶対復讐してやる!」と執念を燃やすようになる。

…とはいえ、両者の確執は実際のところプロレス的なやりとりに近く、Twitterでは頻繁に笹木の配信・動画のPRをおこなったり、自身と笹木関連のイラストにも「いいね!」を送るなどしている。最近は笹木と椎名唯華による(某海賊漫画でみたような)決闘動画に対して作中の大悪党のようなコメントを投稿するなど、割とノリノリである。

※ 復活発表と同時に歌動画に関する結構重要な発表が行われ、メンバーほぼ全員がそちらに気をとられたらしい。

名前いじり

笹木との一件以来、先輩・森中花咲の「ベルモンド・バンギラス」を皮切りに、リスナー、同僚、果てはCOOによるベルモンドの名前いじりが加速していくことになる。

2019年2月3日、公式が緊急特別番組として「にじさんじの日」記念配信がおこなわれる。
その中の企画のひとつとして、にじさんじライバーをモチーフに最近よくあるゴシップ動画風のサムネイルを作る大喜利が募集された際、MCの夢追翔が(マッチポンプで)投稿した「ベルモンド・バンデラス、苗字を『田中』に改名」というネタを受けて一日だけ本当にツイッターの名義を『田中(ベルモンド・バンデラス)』に変更、その夜のマイクラ配信でも開始から一時間「ベルモンドの知り合いの田中」で通したことがある。同時刻に同じサーバーにいた勇気ちひろからも「誰だよ!」とツッコミを受け、本間ひまわりに至ってはアカウント乗っ取りを本気で心配されていた

余談だが、この企画にベルモンド自身もネタを投稿していたのだが、「こんなネタ考えるのはジョー・力一位だろう」と全く無関係の方面に流れ弾を放ってしまった。

その他

  • 基本的には何事においても寛容な心を持ち合わせ、大概のこと(上述の名前いじり含む)を許容できる度量の広い人物であるが、数少ない嫌いなものとして「不法侵入(主にマイクラで)」と「百合に挟まろうとする男」の2つを挙げている。
  • ドーラが開設した『MINECRAFT』にじさんじサーバーに2019年1月から参加。配信では雑談しながらの採掘作業を主に活動しているが、ダイヤモンドなどのレア鉱物の発見頻度が妙に高い。くわえて、発見時には異様にハイテンションになり、自らをダイヤモンド・バンデラスと名乗ったりなどコミカルな姿を見せている。いつしか「ダイヤモンド・バンデラス教」なるものが立ち上がり、リスナーとして集ったマイクラプレイヤー(外部含む)に入信を勧め、「石の声を聞け」「挨拶は大事」といった様々な薫陶(?)を授けるなど、若干アブナイ方向へ傾倒し始めている。歌衣メイカは、この言に従ってみた結果本当にダイヤモンドを掘り当て続け、狂信者と化した。


外部リンク

ベルモンド・バンデラス(YouTube)
ベルモンド・バンデラス(Twitter)

ソウスケ(キャラクターデザイン担当)

にじさんじ 公式サイト

関連項目

にじさんじ にじさんじSEEDs バーチャルYoutuber
おじさん ダンディ

笹木咲:ゲーマーズ出身。最大の加害者。
舞元啓介:SEEDs出身の同僚。ゲーマーズ被害者繋がり。二つ返事の承諾は良くない。
黒井しば:SEEDs出身の同僚。以前からMINECRAFTを共に遊んでいたりしたが、にじさんじサーバーでのプレイ時に拠点にしている穴倉の乱雑にアイテムが詰め込まれたチェストをこっそりしばが整頓していったのが息子の部屋を片付けるおかんに例えられたのがきっかけで母さんと扱うようになった。
宇志海いちご:無印二期生出身。MINECRAFTにじさんじサーバーでのプレイ中いちごちゃんに憑りつかれて以来懐かれ、『おじさんと孫』に例えられる尊いムーブを醸し出している。 コンビ時の通称は『ストロベル』が主流。

ストロベル(カウベル)

pixivに投稿された作品 pixivで「ベルモンド・バンデラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 187092

コメント