ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

滋賀県栗東市できる予定だったJR東海東海道新幹線
東京駅を起点として約450kmほどの位置、米原駅京都駅の中間地点(どちらかといえば京都寄り)にできる予定だった。

この駅が計画された米原駅京都駅間の距離は68kmあり、駅間の平均距離が30 km程度の東海道新幹線の中で駅間距離が一番長く、また、北海道新幹線の開業までは新幹線の駅間としても最長の区間であった。

2012年度中の開業を目指して2006年に建設着工したが、当時は田中康夫の脱ダム宣言や新東名高速道路への猪瀬ポール設置などインフラ建設懐疑論が全盛期を迎えていた時代であり、建設反対派の嘉田由紀子滋賀県知事に就任。工事が中断され、計画が凍結された。

駅構造

上り線(米原名古屋東京方面)は単式ホーム1面1線、下り線(京都新大阪岡山方面)は島式ホーム1面2線、計2面3線ののりばを持つ地上駅となる予定だった。
中央に通過線2線を設ける予定だった。

ダイヤパターン

米原駅岐阜羽島駅と同様に、こだまひかりが1時間に片道各1本ずつ停車することを見込んでいた。

関連記事

新幹線停車駅一覧
JR東海/東海道新幹線
滋賀県内の駅一覧
栗東市
嘉田由紀子

関連記事

親記事

新幹線停車駅一覧 しんかんせんていしゃえきいちらん

兄弟記事

コメント