ピクシブ百科事典

厚藤四郎(刀剣乱舞)

あつしとうしろう

国宝指定されている短刀・「厚藤四郎」を基にした、『刀剣乱舞』のキャラクター。
目次[非表示]

刀について詳しくは→厚藤四郎

プロフィール

厚藤四郎
刀帳33番
種類短刀
刀派粟田口
刀工粟田口吉光
一人称
身長154cm
汲田
山下大輝


「よっ……と。オレは、厚藤四郎。兄弟の中だと鎧通しに分類されるんだ」
「おう、どうしたよ大将!」
「組み付いちまえば、オレのもんだ!」

概要

刀剣乱舞に登場するユニットのうち一人。元になったのは国宝である短刀「厚藤四郎」。
名前通り刃が分厚く、まっすぐで、「鎧通し」に分類される造りであり、本人もその事についてゲーム内で言及する。

※2015年8月13日、公式Twitterから名前の読み方が『あつとうしろう』から『あつしとうしろう』に、変更される事が発表された。
ゲーム内での対応は8月25日のメンテナンスで行われ、刀帳で流れる紹介ボイスも変更された。
読みに関しては諸説色々あるが「オレはオレだ。気にすんなって」とのこと。

性能

短刀男士のなかではステータスが少し高めの設定。全体的に数値が安定して高く、各ステータス分野の特化型には劣るがそれに次ぐものを持つ安定型。
鍛刀可能な刀剣の中では平野藤四郎と並ぶレア短刀。他の藤四郎兄弟(短刀作りの名人である吉光作の短刀たち)とそこまで大きな性能差はないが、ドロップ戦場がかなり限られており、また、鍛刀でも出現率が低めなようである。国宝だからか?(他は重要文化財か皇室御物)手に入れたら大事にしよう。

容姿

厚くん
イケショタ+半ズボン=可能性は∞


粟田口揃いの軍服に武装をした少年姿の刀剣男士

他の藤四郎兄弟とくらべてやや筋肉がついた身体をしており、真剣必殺状態で確認可能。

刀剣乱舞絢爛図録には外見について、『黙っていればキリッとしてクールな印象。兄弟の中でもガタイが良い』など書かれている。三白眼とのこと。筋肉がついた身体付きはこちらでも確認できる。
表情については『表情はそれなりに変化するが、どことなく余裕や冷静さを残していることが多いイメージ』『基本的に毅然としているため大人びている様子もあるが、見た目相応のやんちゃさもある』との記述もある。

キャラクター像

イラストをぱっと見ただけではクールキャラかとおもいきや、明るく快活で、審神者に忠実な子犬のよう。
その刃のように真っ直ぐで、気持ちのいい性格をしており、審神者を「大将」と呼んで慕っている。

他の藤四郎の短刀たちよりお兄ちゃんな立場らしく、五虎退と同じ部隊で出陣すると見れる回想イベントにおいて「兄さん」と呼ばれている。
万屋に連れて行くと「何を買うのか決まってるのか、大将?」と審神者の無駄遣いを気にかけてくれたりもする。審神者の面倒を見てくる気さくな台詞が多く、頼られることを良しとしている。
正月限定ボイスでも、「正月だからって、だらけすぎはダメだぞー?」と審神者を窘めてきて、持ち前の面倒見の良さを発揮していた。

刀帳では「自慢じゃないけど、歴代の主は名将が多くて、なかなかの有名人ばかりだぜ。」と語っていたが、刀剣乱舞絢爛図録によると「歴代の主に名将が多いことは、ちょっと自慢」とのこと。かわいい。

刀剣の来歴としては
はじめ足利将軍家に伝来。緑髪将軍と渾名される足利義尚が江州出陣の際の差料とされる。→その後堺の商人を介して本阿弥光徳が百貫で購入し、一柳直末に譲る。→その後短期間の内に黒田如水、時の関白豊臣秀次へと主が変わる。→秀次の死後は太閤豊臣秀吉の手に渡るが、程なくして毛利秀元に下賜される。→毛利家所有となるも、最終的に江戸時代に入って秀元の孫が、四代将軍徳川家綱へ献上し、黄金千枚が下賜されたという。→近代以降は一橋家所有。昭和初期に帝室博物館(現東京国立博物館)が購入し、現在も同館が所蔵。
本人が言う通り、名将を渡り歩いた名刀となっている。

2016年5月17日のアップデートにて、さらなる性能をあげる為の新システム・「」への実装が決定した。
修行可能レベルは60。詳しくは、厚藤四郎極へ・・・・。

関連イラスト

厚くん
厚


厚藤四郎
厚藤四郎くん



関連タグ

刀剣乱舞 刀剣男士 短刀男士

コンビ・トリオ・グループタグ

大将コンビ 大将トリオ 大将組
藤四郎兄弟 粟田口
トーハク組 黒田組

pixivに投稿された作品 pixivで「厚藤四郎(刀剣乱舞)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 492220

コメント