ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

刀について詳しくは→小夜左文字


プロフィール

小夜左文字
刀帳83番
種類短刀
刀派左文字
刀工左文字源慶
一人称
身長118cm
村瀬歩
演者(舞台)納谷健
鈴木次郎

「僕は小夜左文字。あなたは……誰かに復讐を望むのか……?」

「あなたには、復讐したい相手はいる?」

「あぁ、行こう、復讐の黒き道を。」

「胸の奥に焼付いた、この黒い澱みは……いつになったら……っ!」


概要

原作・キャラクターデザインをニトロプラスが手掛けている、DMM.comサービスで配信中のブラウザゲーム『刀剣乱舞』に登場するキャラクター。

左文字派の短刀である刀剣男士復讐に生を見出している。

左文字派の三兄弟は「左文字三兄弟は過去に不幸な目に合い、それぞれ違ったベクトルで屈折している。」というコンセプトでキャラクターデザインされており、公式で不幸三兄弟と呼称されている。


2015年1月発売の月刊Gファンタジーでは『復讐に生を見出すしかなかった、哀れな短刀。』と紹介されている。(Gファンタジー紙面


公式による事前紹介

筑前の刀工、左文字の短刀。

不幸三兄弟、三男の小夜左文字は「復讐」に生を見出した。

身なりはあまり良くないが、これはかつて山賊のものだったからである。

(刀剣乱舞絢爛図録より引用)


左文字三兄弟は過去に不幸な目に合い、それぞれ違ったベクトルで屈折している。

三男の小夜左文字は「復讐」に取りつかれ、人を疑ってかかる性格故に主も信用していない。

公式Twitterの紹介文


容姿

小夜左文字くん刀剣詰4


三白眼の瞳であり、青い髪を不揃いな結び方の赤い紐で結い、身丈に合わない大きなと、青い袈裟に身を包んだ、幼い少年の見目をした刀剣男士

袈裟を纏っている理由は、「小夜」という名が西行法師の歌からとられたためと思われる。

それに倣うようにか、同刀派である左文字兄弟は皆、袈裟を羽織っている。

また、大きな笠はよく見ると市女笠のような形をしている。

やや粗末な身なりは、逸話において山賊の刀であったことから来ている。

刀紋は左向き半月に、同刀派共通の雲に見立てた『左』の文字。


ちなみに身長は刀剣男士最小の118cm。


内番では青色の着物を尻はしょりにし、襷掛けをしている。また、身体の細さが目立つ。

小夜ちゃん


真剣必殺での鬼気迫る表情の恐ろしさは随一とプレイヤーから評判。

センシティブな作品


キャラクター像

公式ツイッターでは『左文字三兄弟は過去に不幸な目に合い、それぞれ違ったベクトルで屈折している。

三男の小夜左文字は「復讐」に取りつかれ、人を疑ってかかる性格故に主も信用していない』と紹介されている。

それもあってか審神者と一緒に万屋に行くと「僕を連れていくなんて、お金に困ったの?」と言い出す。

これは、細川忠利の代に起きた大規模な飢饉で領民を救うため、資金繰りに大名物の茶器『有明の茶入』と名物刀『小夜左文字』が売却されたことが元だと思われる。

畑当番をさせた際にも「飢饉は、避けたいよね……」と言っている。


本丸で放置した際も、他のキャラは審神者が離席することや休んでいることに反応するのが大半なのだが、小夜左文字は復讐が果たされても復讐を求めてしまう己の業に独り苦悶しだす。とってもヘヴィー。さらに、身に纏う雰囲気から馬には怯えられる様子もあったり。


先述の復讐に関する逸話から、復讐で敵を殺すことでしか生を見出すことが出来ず、そのことを自身でも疎んでいる所も見受けられる。

現在は消去されてゲーム内では聞けないが、サービス開始当初にあった負傷時の本丸ボイスには「夢に見るんだ……。僕が敵討ちを為すまでの間、僕に殺された人々の、恨みの声を」といったものもあった。

この情念から解放された彼の晴れやかな声が聞けるのはゲーム内のとある瞬間となる。

これでもう


また、内番時の服装では懐にが入っている様子が見られる。この柿は、歴代主の一人である細川幽斎の「伏見城での柿泥棒」の逸話が由来と考えられている。

pixivや某動画サイト等では柿と一緒に書かれたり柿が好物という二次創作設定が付けられたりもする。

あげる


縁がある刀剣男士は兄二人の他、細川家で一緒だった歌仙兼定がいる。2016年5月17日の大型アップデートで追加された第7ステージ「延享の記憶」にて回想が追加され、歌仙は「お小夜」と呼んでいること、小夜左文字は「歌仙」と呼び、丁寧語で話していることが判明した。他にも内番の「畑」で一緒にさせると特殊会話が発生。

ちなみに「お小夜」は回想以前に、メディアミックスのひとつである「舞台『刀剣乱舞』」において江雪左文字が呼んでおり、また仲間に対しては基本的に丁寧語で相対する事が判明している。


太鼓鐘貞宗の実装に伴い追加された回想では、伊達家の刀剣男士とのほっこりするやりとりが発生。また歌仙の保護者のような立ち位置で回想が進められていく。

ちなみに燭台切光忠のことは「燭台切さん」もしくは「燭台切光忠さん」と呼んでいる。


2016年1月1日実装の正月ボイスでは、お年玉を貰って戸惑っている反応を見せていた。

ゲーム内で小夜の心温まる姿が見れる日がまさか来ようとは……と涙がホロリとしたプレイヤーも少なくない。


リリース1周年記念ボイスでは、黒い感情にとらわれていると年月がわからなくなるため1周年には言われるまで気付かなかったと語っており、周囲はお祝いムードなのに相変わらずヘヴィー。

だがそう語る声音は柔らかく、感慨深そうである。この1年の歳月は彼に何か良い影響を与えることは出来たのだろうか。

審神者就任1周年ボイスでも柔らかな声音で審神者に語りかけている。


性能

短刀で初期ステータスの合計値が圧倒的にトップ。

打たれ弱い短刀にあって、生存(HP)の高さは他の追随を許さない程高い。

また、必殺(真剣必殺の発動率)は刀全体で見ても上位に入るほどの高さとなっている。

キャラが立っていることもあり、短刀では採用率が高いようだ。

反面機動は低く、後藤藤四郎と同値となっている。


2016年9月14日、メンテナンス後にが実装された。

レベル60以降、四日間の修行を経ることで極の姿になることが出来る。



小夜左文字の様子がいつもと違うようだ。


「……頼みたいことがあるんだ」


小夜左文字が修行に旅立ちたいようです。

修行に行かせますか?


はい(小夜左文字極の頁に飛びます)

 いいえ


小夜左文字の由来

ゲーム内で彼が「僕は小夜左文字。西行法師の歌から名付けられたんだ。……でも、僕が見いだされる事になった原因はそんな綺麗なものじゃない。血と怨念にまみれた、復讐劇だよ……」と語るように、小夜左文字には復讐劇のエピソードがある。


室町時代の終わり頃の話。

遠州(現在の静岡県)にある浪人が家族と共に暮らしていたが、息子が12歳になった頃、にわかに病を得て亡くなった。やがて生活に窮した後家は、夫の形見である左文字の短刀を売ろうと、中山峠(小夜の中山)を越えて掛川へと出向く。

しかし後家は何者かに襲われて殺され、短刀は奪われてしまう。残された息子は掛川の叔母に育てられ、母を殺した仇はいつか必ず短刀を研ぎに出すだろうと考え、砥師に弟子入りした。

ある時一人の男が店を訪れ、左文字を研ぎに出してきた。何処で手に入れたかを尋ねる息子に「これは何年も前に中山で女から奪ったもので、後腐れの無いように女も殺した」と自慢話をしたため、刀を検分するふりをして油断した所を刺し殺し、見事に仇を討ったという。


ゲームでの小夜左文字のログインボイス「盲亀の浮木、優曇華の花待ちたること久し……」の元ネタは、このエピソードの中で息子が仇討ちの際に発した以下のセリフである。

刀剣ろぐ小夜左文字

「今宵の立会……盲亀の浮木、優曇華の花待ちたること久し、此処で逢うたが百年目!親の仇だ!いざ、尋常に、勝負、勝負!」

(訳:ずいぶんと長く待ったが、ついにこの時がやってきた!さあ勝負だ親の仇、殺してやる!)



その話を耳にした当時掛川城主の山内一豊が、その仇討ちをしたという研師を召し抱えるとともに、この左文字も上納させ秘蔵する。


その後、細川幽斎に懇願されたために譲り、幽斎は仇討話の発端となった小夜の中山と西行法師の和歌をかけ『年たけてまた越ゆべしと思ひきや命なりけり小夜の中山』からこの左文字に「小夜」と名づけ、以後「小夜左文字」と呼び愛蔵したという。

幽斎存命中、嫡男の細川忠興を経て、細川忠利に継承された。


関連イラスト

小夜左文字小夜くん

優曇華の花待ちたること久し小夜

関連タグ

刀剣乱舞 刀剣男士 短刀男士

三白眼 復讐 絆創膏 僧職系男子

江雪左文字(刀剣乱舞) 宗三左文字(刀剣乱舞):兄達

太閤左文字(刀剣乱舞):同派刀だが兄弟順番は不明


グループタグ

左文字三兄弟 / 左文字兄弟 細川組 (黒田組)

関連記事

親記事

短刀男士 たんとうだんし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3986086

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました