ピクシブ百科事典

妖蛆の秘密

ようしゅのひみつ

クトゥルフ神話に登場する魔道書の一つ
目次[非表示]

概要

クトゥルフ神話に登場する架空の魔道書。考案者はロバート・ブロック。

英題は『Mysteries of the Worm』、原題のラテン語題は『De Vermiis Mysteries』『デ・ウェルミス・ミステリイス』。
邦題は『妖蛆の秘密』で、『ようしゅのひみつ』『ようそのひみつ』と読む。

16世紀の半ばに、ベルギー錬金術師であるルードウィヒ・プリンにより執筆された。
彼は自称第九次十字軍の生存者で、中東魔術を学んだという。
異端審問で処刑される前に獄中で執筆したのがラテン語原本である。
教会に発禁処分を受けたが、あんのじょう逃れた本が闇で出回ることになる。

シリアやエジプトなど中東方面の異端信仰や魔術について書かれており、「サラセン人の儀式」という章には古代エジプトの秘術が記されている。

主な記述

エジプト神話の神様 オシリス、セト、アヌビス、セベク、ブバスティス、ニャルラトホテプ
暗黒のファラオネフレン=カ
蛇の神様 イグ、ハン、バイアティス
「星の精」の召喚方法(後述)

エピソード

初出はロバート・ブロックの『星から訪れたもの』。
(これは、別の邦題としてズバリ『妖蛆の秘密』と翻訳されているものもある)
ブロックを思わせる若手作家とラヴクラフトを思わせる老作家が『妖蛆の秘密』の初版本を入手し、翻訳しようとしたが誤って魔物(星の精)を召喚してしまい老作家が死ぬ。
ブロック「先輩を作中で殺しちゃっていいですかー?」
ラヴクラフト「いいよー。後でおれもやり返すから」→『闇をさまようもの』執筆

この魔物は不可視透明だが、吸血によってシルエットが赤く浮かび上がる。

関連タグ

クトゥルフ神話 ニャルラトホテプ 魔道書

pixivに投稿された作品 pixivで「妖蛆の秘密」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1236

コメント