ピクシブ百科事典

帰ってきたV3

かえってきたぶいすりー

石ノ森章太郎があたためていた企画の一つ。平成に入ってテレビ以外の媒体で実現。

「さあ...この俺は...誰なんだろうな」

概要

帰ってきたV3とは、石ノ森章太郎が生前あたためていた企画で、パワーアップした仮面ライダーV3のラフ画が1枚描かれていた。
石ノ森氏が健在だった時には漫画、テレビなどの媒体では実現しなかったが、S.I.C.及び、漫画『新仮面ライダーSPIRITS』で再現されることとなった。

S.I.C.では、仮面ライダーV3に付与されているパーツを交換すればいい。顔の真ん中にあるライン及び胸のコンバーターラングがクリアーになっていて、そこから内部メカニズムが覗ける。
早瀬マサト氏による小説、『KIKAIDER 00』では、一つの並行世界において、「デストロン崩壊後も、台頭し続ける悪の組織から人類を守るため、脳を除く全身改造を行ったV3」という設定で登場している。しかし皮肉なことに、国家間の核戦争で人類を含むほぼ全ての生命が死に絶え、全てが砂漠と化した地球でV3は人類最後の生き残りとして、死ぬこともできず生き続けることになった。
そこに異世界から現れた零・キカイダー00と遭遇、亡き友ライダーマンのアタッチメントアームを改造した銃を手に、死に場所を作るべく戦いを挑む。その生きざまは00に戦士としての矜持を教え込むこととなる。

『SPIRITS』では、四国での戦いの最中、サザングロスに負わされたダブルタイフーンへの大ダメージと、その状態で大首領JUDOに「V3火柱キック」を放った影響により長らく変身不可能となっていた風見志郎が、東京でのジェットコンドルとの戦いの最中、ダブルライダーのエナジーコンバーターと破損したダブルタイフーンをダイレクトに接続し、そのエネルギーによってこの姿になった。
S.I.C.版同様頭部のラインとコンバーターラングがクリアーになっている他、レッドボーンもクリアーになり、内部メカニズムが覗いている。
風見曰く「大首領JUDOのように怒りと力が制御できない状態」で、風見でもV3でもない状態とのこと。自らも制御できない獣のような戦い方と圧倒的な力でジェットコンドルを粉砕するも、なおも凶暴性を抑えきれない状態にあったが、村雨良仮面ライダーZXのアシストで風見の姿に戻ることを得た。

pixivに投稿された作品 pixivで「帰ってきたV3」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3202

コメント